2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー「秋田県北「錦本店」」の24件の記事

2014年2月25日 (火)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「ネギ醤油」(大盛)

久し振りに行って参りました。メニューはこちら。特に変わりはないようです。
1005

「醤油」or「塩」にする時はここしばらく「こってり」(背脂)を加えていたのですが、
今回は大盛にネギのみトッピングです。
鶏ガラベースのスープは美味しいのですが、
このスープに対しての今の私の好みとしては、やっぱり少しこってり感が欲しいかな。
脂っ気のないラーメンも好きなのですが、
ことここのスープの私の好みはこってりめのようです。
美味しいラーメンをいただきました。

「錦本店/ネギ醤油(大盛)」  750円   ○
1006

2013年12月17日 (火)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「極旨トロ肉豚骨らーめん」(大)+味玉

12月13日(金)~12月15日(日)の3日間、大館の「錦本店」さんで、
東京ラーメンショー2013出品メニューの凱旋お披露目販売が行われました。
宮城の「らーめん本竃」さんとコラボした「極旨トロ肉豚骨らーめん」です。
第一幕11月15日~19日、第二幕11月20日~24日の日程で行われた東京ラーメンショー2013。
錦さんは、第一幕に登場。
伝説の行列と売上杯数を誇り、ダントツの第一位となったようです。
888

秋田のブランド豚である十和田湖高原ポーク「桃豚」を
じっくり炊き上げて作られた魚介豚骨スープに、
錦さん自慢の北海道産小麦「春よ恋」を使った自家製のストレート細麺。
トッピングには、大館産のネギや宮城県産「三元豚」のバラ軟骨を使用した
トロ肉チャーシューが合わせられています。
かなりクリーミーな仕上がりで、濃厚ながらこってり感は控え目。
細麺ですが、スープが絡んでもくどさはなしです。
薄くスライスされた長ネギがお口直しとなり、
さらにレモンでさっぱり感が醸しだされ、食べやすかったです。
クリーミーな豚骨が好みではなく、さらに最近はこってり豚骨系を敬遠しがちな私でも、
とても美味しくいただくことができました。

「錦本店/極旨トロ肉豚骨らーめん(大)+味玉」
900円(750円+大盛50円+味玉100円)   ◎
889

2013年11月13日 (水)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「味噌ラーメン」

11月12日(火)、秋田県内は雪が降り、
大館もこの時期には珍しいほどのそれなりの積雪となりました。
こんな日はラーメンが、中でも味噌ラーメンが食べたくなります。
ということで「錦本店」さんに行って参りました。
829

今年は「東京ラーメンショー2013」の前に「大つけ麺博 日本一決定戦2」にも参戦とのこと。
先日発表となった結果では、上位3組には選ばれず残念。
ちなみに一位は「八年目の豚骨魚介」を引っ提げた「中華蕎麦 とみ田」(千葉県松戸市)で、
2年連続で栄冠に輝いたとのことです。
お疲れ様でした。イベントが続き大変だと思いますが
「東京ラーメンショー」も頑張っていただきたいと思います。
830

話を本題に戻します。もちろん、当初目的通り「味噌ラーメン」をオーダーです。
若干焦がした風味の濃い味噌と表面を覆う脂多めのスープが、体を温めてくれます。
ストレートの太麺(他のラーメン屋さんの中太麺程度)は、
細麺同様食感と喉ごしもいいですね。
最近は好んで中華そば系を食べていますが、
たまにこってり濃いめの味噌ラーメンが食べたくなります。
この時の気分にぴったりの美味しいラーメンをいただくことができました。

「錦本店/味噌ラーメン」  650円   ○
832

2013年10月 6日 (日)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「こってりネギ醤油」(大盛)

久し振りにこちらのお店へ。
お昼時だったこともありますが相変わらず混んでいて、
私たちはタイミング良く座ることができましたが、その後は数組待っていました。

「あきたしらかみにんにく」をどっさり使った、
一日15食限定の「旨辛ネギ味噌」にかなり心惹かれましたが、
人と会う約束があったのでその気持ちを抑え、
醤油ラーメン+ネギ+こってり(背脂)さらに大盛でオーダーです。
779

鶏ガラベースのスープは、背脂入りでコクが増していながらあっさりめの仕上がり。
さらに自家製のストレート細麺は、今の自分の好きなタイプで、
歯ごたえ・喉ごしが良くスープとの相性もバッチリ。
安定感のある確実な美味しさでした。

「錦本店/こってりネギ醤油(大盛)」  800円   ◎
780

2013年2月 5日 (火)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「ど煮干し」

煮干し中華の超有名&人気店として
青森を代表する「長尾中華そば」さんと「錦本店」さんのコラボラーメン「ど煮干し」。
1月11日(金)発売開始からずっーと気になっていたのですが、先日行って参りました。
420

ポスターには『ひらこ・かた口・いりこ煮干しをたっぷり使用し、
じっくりと焚きだした極上の煮干し出汁に 、
青森常磐養鶏の鶏ガラのみ使用した清湯スープを合わせて、
深みと旨味を熟成させた長尾中華魂のスープに、
錦のかえし・北海道産小麦の自家製麺を合わせて、
両店の長所を最大限に発揮し、熱く取り組んだ珠玉の1杯が完成! 』 とあります。
いやが上にも期待は高まります。

少し遅い時間の入店でしたので、杯数限定のため売切れを覚悟しましたが、
まだ残っているとのことで一安心。
注文の際、麺の太さを聞かれました。
細麺 or 太麺を選べるらしく、自分の好きな細麺でのオーダーです。

421

こちらのお店では初めて見る、おしゃれな丼が運ばれて来ました。
まずはスープを。鶏清湯スープのせいか動物系のコクは抑え目ですっきり、
その代わり煮干し出汁はダイレクトに感じます。
えぐみもそのまましっかりの存在感。
4~5年前の私だったら拒絶してしまうほどの「ど煮干し」ですが、今はこれがとても美味しい!
かえしの旨みも、スープに負けず十分に伝わります。
麺は、専用ではないのかな?いつもの細麺だと思うのですが、この麺好きですよ。
スープがからみ過ぎず、ちょうど良い塩梅でスープを一緒に口に運んでくれます。
次機会があったら、手揉みしているという太麺もいってみたいな。
422

随所にこだわりが感じられ、だけどそれぞれが主張し過ぎず渾然一体となっています。
コラボした両店の良さが十分に感じられる、お得感いっぱいの一杯です。
美味しかったです。ご馳走様でした。

「錦本店/ど煮干し」  700円   ○
423

現在のメニューです。
419

2012年12月 3日 (月)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「どんぶり in 秋田2012 ザ・ファイナル」

11月30日(金)~12月2日(日)の3日間、大館の「錦本店」さんで、
東京ラーメンショー2012に出品の
「どんぶり in 秋田2012 ザ・ファイナル」のお披露目販売が行われました。
昨年は所用により泣く泣く食すのを断念したので、今年こそはと意気込んで行って来ました。

約30分前に到着したのですが、既に30人を超す行列。
まあ想定の範囲内です。
ニット帽にダウンジャケット、手袋と万全の態勢で並んだのですが、それでも寒かった…。
並んでいる最中に整理券が配られました。
期間中、先着50名に「錦」さんの「お土産ラーメン(2食入り)」が配られるとのこと、
こちらも無事ゲットできました。
05

ほどなくして店内へ。300食限定ですが、売り切れるまではこちらのラーメンのみの販売。
並んでいる最中に注文を取っていただいていたので、
それほど待たずに期待のラーメンが運ばれて来ました。

「錦本店/どんぶり in 秋田2012 ザ・ファイナル(大盛)+味玉」
900円(並750円+大盛50円+味玉100円)   ○
06

見た目は、2年前よりスープの色が濃い感じ。
岩海苔が無く、米粉のバケット”麩けっと”ではなくお麩になっていました。
(去年すでに変わっていたみたい…)
で、スープは・・・。うん、美味い。
秋田比内地鶏の「鶏白湯スープ」が濃厚ながらこってり感は控え目、
クリーミーにならず醤油味もしっかりで私的には良い塩梅。
魚ダシも強過ぎず、非常に洗練されたバランスと味わいになっています。
純北海道産新麦「ハルキラリ」を100%使った自家製麺は、
ストレートの細麺で固めの茹で上がり。コシのある食感と小麦の風味、
のどごしが相変わらずいいですね。
個人的には”麩けっと”の方がカリカリの食感があって好きでしたけど、
お麩もはずせないですね。
スープを吸ったお麩が、これまた美味い。
ネギも美味しいんですよね。
大館市二井田の小畑農園産とのこと、みずみずしく甘みと辛みが絶妙の美味しさです。
チャーシューは、秋田高原桃豚バラ軟骨の「トロ肉チャーシュー」。
ゼラチン質たっぷりでトロトロなのですが、
これだけは、これだけは、普段使われている方が私は好きです。

07

味玉は、中は半熟なのかな~と思っていたら固ゆででした。本当はどうなのでしょう?
もしかしてはずれなのかな?これはこれで、味はしっかりついていて美味しかったですよ。

お店の方々には大変申し訳ないのですが、
普段は塩分&脂分等を考えてスープはあまり飲まないようにしています。
ですが、こちらのラーメンはスープまで完食です。
この「どんぶり in 秋田」バージョンが今回で封印ということもあって、
最後まで余すところなく味わいたいという気にさせてくれました。
それほどの美味しさでした。ごちそう様です!

2012年10月 7日 (日)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「特製もりそば」

10月6日(土)から8日(月、体育の日)までの3日間、大館の「錦本店」さんで、
「東池袋大勝軒」さんとのコラボつけ麺「特製もりそば」を販売しています。
9月15日(土)から17日(月、敬老の日)の3日間、
潟上市の天王グリーンランドで開催された『AKITA大ラーメン博』で実現した、
スペシャルコラボのつけ麺とのこと。
この3日間、別の用事があったとはいえ終わってからこのイベントを知った私としては、
今回の限定販売を逃すわけにはいきません。さっそく行って来ました。
01

一日限定100食ということで「どんぶり in 秋田」販売時の大行列を想像した私は、
11時前に到着。ところがほとんど並んでいる人が無く、ちょっと拍子抜けしました。
当然、開店とともに着席することができました。
厨房には遠藤社長がいらっしゃって指示を与え、ピリッとひきしまった雰囲気がありましたね。

程なくして運ばれてきた「特製もりそば」です。
02_2

つけダレは、比内地鶏の鶏白湯スープ(多分…)と魚節スープを合わせた感じで、
濃厚でピリ辛の仕上がり。
とんこつほどの濃厚さ、くどさはあまりなく食べやすいです。
ただ、濃厚さと魚節で、基本の味がちょっと分かり辛いかなという印象。
「大勝軒」さんで感じた酸っぱさは無かったですね。
麺は、北海道産小麦の全粒粉を使用した太麺。もちもちした食感と喉ごしがよく、
麺自体の風味も感じることができます。美味しくいただくことができました。
それと写真では見えませんが、
つけダレの中に厚めで味付けしっかりのチャーシューが1枚入っていますよ。
ところで、「大勝軒」さんの味わいはどの部分?と思いながら食べてました。
つけダレに使われる醤油ダレかな?
秋田市の「大勝軒」さんで「つけめん」をいただいてから5年経っていますので
当時の記憶もおぼろげですが、
「大勝軒」さんの特徴を見つけられないまま食べ終わってしまったのが、少し残念。
大盛にすればよかったかな。
明日、また行こうかな?行けるといいのですが…。

こちらの「特製もりそば」は、10月12日(金)~14日(日)の3日間、
秋田市外旭川の「錦秋田本店」さんで販売されるということです。

「錦本店/特製もりそば」  700円   ○
03

04

2012年7月22日 (日)

「錦本店」

お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「こってり醤油(大盛)」

以前食べた「極上煮干し出汁 肉中華そば」をもう一度食べてみたいな、
ということでこちらのお店へ。
ですが、残念ながら期間限定商品でしたので、やっぱりメニューにはありませんでした。
代わりにあったのがこちらの商品。
245

「冷し煮干し中華」です。一日30杯限りとのことですが、まだ残っていました。
少しだけ食べたのですが、酸味のある煮干ダシのスープに、
麺は中華の冷麺に使われるタイプの細麺を想像していただければ、
近いものになると思います。
246

私は、背脂を投入してこってりめに仕上がった「こってり醤油」を大盛でいただきました。
鶏ガラをベースとしたダシのスープは、あっさりながら背脂によってコクが増しています。
さらに自家製のストレート細麺は、歯ごたえ・喉ごしが良くてスープとの相性バッチリ。
美味しかったです。ごちそう様でした。

「錦本店/こってり醤油(大盛)」  650円   ◎
247

お店の入り口に貼ってありましたが、
秋田市土崎にグループの新店舗が「ラーメン錦 土崎分店」として誕生します。
「肉に徹底的にこだわった、魚節系スープのお店」とのこと。
機会があれば、是非行ってみたいものです。
248

2012年4月 2日 (月)

「錦本店」

平成24年4月1日(日)
お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「極上煮干し出汁 肉中華そば」

昨日は、4月だというのに午後から大雪。
そんな中ストレートの細麺が食べたくなり、今年初の「錦本店」へ。
するとお店の入口にこんなポスターがあるではありませんか。
24040101_2

これを見たら、いただかないわけには参りません。
「一日20杯限り」を気にしつつ注文をすると、大丈夫とのことでほっとしました。

スープは、鶏ガラと煮干しのダブルスープ。
「片口煮干しを山のように使った」というわりには煮干しガツンという感じではなく、
両方の旨みがわかるバランスに仕上がっています。
煮干しのえぐみ(苦み?正直、違いがいまいちわかっていません)も感じますが、
私的にはそれが苦にならない程度でgood。鶏の脂分もほどよいです。
ストレートの細麺は、固めの茹であがりでその食感と喉ごしが相変わらずいいですね。
好きだなぁ、この麺。
「専用のバラチャーシューは5枚標準装備」とのことですが、
ちょっと多めに入っていて得した気分。
それぞれの具材の旨みがわかる、非常に洗練されたラーメンになっていると思います。
美味しかったぁ。

お値段は他のメニューに比べて高めの設定ですが、
それもうなずくことができる一杯でした。

「錦本店/極上煮干し出汁 肉中華そば」  780円   ◎
24040102

2011年11月26日 (土)

「錦本店」

平成23年11月26日(土)
お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「こってり塩」(大盛)

秋田市の「らーめん錦 秋田分店」では、
昨日25日(金)から明日27日(日)まで「どんぶりin秋田2011」の凱旋お披露目が行われています。
「錦本店」さんで行われた事前・凱旋お披露目のいずれも所用により食べ損ねた私は、
だからというわけではないのですが、本日こちらのお店に行って来ました。

12時過ぎに行ったのですが、昨年の東京ラーメンショーで披露された
チャーシューを使った醤油味限定の「トロ肉チャーシュー」(750円)は、すでに売り切れ。
ということで、今回も私個人の定番「こってり塩」(大盛)をいただきました。
いつもと同じように美味しく、満足の一杯でした。

「錦本店/こってり塩(大盛)」  650円   ◎
23112601

さらに今回、「東京ラーメンショー2011」で披露されました、
期間限定「比内地鶏餃子」(5個入り)もいただきました。
味の違いについては、スミマセン、よくわからなかったのですが、
下味しっかりで美味しく、わりと弾力のある餡になっていました。
お値段は、いつものが250円ですが、こちらは300円となっています。

「錦本店/比内地鶏餃子」(1個食べかけで失礼します)
23112602

より以前の記事一覧