2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー「秋田県以外(北海道を除く)」の50件の記事

2019年5月15日 (水)

「花鳥風月」酒田本店

お店:「花鳥風月」酒田本店(山形県酒田市東町一丁目)
食したラーメン:「花鳥風月ラーメン」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。酒田にも行って来ました。
4048

お品書きです。
4049

オーダーは、やはり何といっても一番人気、
全部入りの「花鳥風月ラーメン」です。
本店限定の「ゆず塩」系もオーダーしたかったのですが、
残念ながら売り切れでした。
4050

いわゆる昔ながらの支那そば、という仕上がり。
煮干が薫るあっさりスープに、中太縮れ麺が合せられています。
特筆すべきはワンタン。
4片の薄皮のワンタンは、2片が挽き肉、
もう2片には1尾丸々のぷりぷり海老が包まれています。
この食感がなんともいいですね。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「花鳥風月/花鳥風月ラーメン」 930円  ○
4051

2019年5月11日 (土)

「大笑家」

お店:「大笑家」(福島県会津若松市山鹿町)
食したラーメン:「ワンタン麺」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。
福島へ行って来ました。鶴ヶ城の近くにあるお店です。
4042

朝7時から朝ラーを楽しむことのできるお店。
券売機で食券を購入しての注文となります。
4043

基本は支那そばとつけ麺のみ。
あとはトッピングで自分好みに仕上げます。
オーダーは「ワンタン麺」です。
4044

スープは、あっさりながら濃厚な節系ガッツリの仕上がり。
これが旨い!醤油と節系のバランスが絶妙です。
麺はこんな感じ。平打ちの極太縮れ麺が合せられています。
4047

平打ち、しかも極太麺は本来苦手なのですが、
スープとの相性がバッチリで全く苦にならず。
喜多方ラーメン系はこんな感じなのかなあ?
人気なのがわかる気がします。
肉・えび入りのワンタンは中のあんに味付けがされていて
しかも皮がスープをしっかりまとっています。
洗練された、思わず唸ってしまうハイレベルな仕上がり。
とても、とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「大笑家/ワンタン麺」  900円  ◎◎
4046

「大笑家/肉そば」 850円
4045

このGW、秋田市のエリアなかいちでは
「あきたラーメンフェスタ」が行われていましたが、
すごい混み様だったようで、行く気になれず。
私は、屋台ではなくお店でのラーメンを楽しみました。

2019年5月 6日 (月)

「函館麺厨房 あじさい」青森ELM店

お店:「函館麺厨房 あじさい」青森ELM店
    (青森県五所川原市ELM エルムの街SC 2F/津軽ラーメン街道内)
食したラーメン:「味彩塩拉麺」(麺大盛)

ご覧いただき、ありがとうございます。

この日は、5年ぶりに青森は五所川原のELMへ買い物。
昼食は「津軽ラーメン街道」にて。
以前は5~6店のラーメン店がひしめき合う
それこそ街道のような造りでしたが
現在はフードコートになっていました。
ラーメン店は「函館麺厨房 あじさい」「麺処 白樺山荘」
「ラーメン こがね家」「支那そば ちばき家」の4店。
他にはステーキ屋さん、うどん屋さんなど5店舗。
その中の今回のチョイスはこちらでした。
4030

お品書きはこちら。
4031

オーダーはもちろん、
一番人気の「味彩塩拉麺」を麺大盛で。
4032

北海道千歳空港のお店でしか食べたことがないのですが、
スープはかなり近い仕上がり(15年以上前の記憶)。
ですが、塩味のきりっと締まった感じが少し薄いかな。
麺も「固めに茹でる」とあったのですが、少しのび気味。
大盛なので、後半はかなり柔らかくなってしまいました。
仕上がり的にはちょっと残念でしたが、
もともとのレベルは高いので美味しくいただくことができました。

「函館麺厨房 あじさい/味彩塩拉麺」 950円  ○
4033

2019年3月16日 (土)

「舎鈴」アトレ上野

お店:「舎鈴」(アトレ上野)
    (東京都台東区上野7丁目 アトレ上野1F)
食したラーメン:「味玉中華そば」(大盛)

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。東京へ行って来ました。
3989

つけめんで全国的に有名な「六厘舎」さんの系列店のようです。
こちらのお店が目指しているのは「毎日食べられる美味しいつけ麺」。
この辺が「六厘舎」さんとの違いなのでしょうか。
お品書きです。
3990

当然つけ麺がオススメなのでしょうが、
私のオーダーは、あえて「味玉中華そば」を大盛で。
スープのあるラーメンが食べたかったんです。
3991

鶏ガラメインのスープに魚出汁が合せられ、
ストレート太麺との組み合わせ。
つけ麺の麺よりかは若干細めなのかな?
思った以上にライトなのですが、
しっかりした旨味が感じられる王道の仕上がり。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「舎鈴/味玉中華そば(大盛)」  790円   ○
3992

2018年11月29日 (木)

「らあめん花月嵐」イオンモール盛岡南店

お店:「らあめん花月嵐」イオンモール盛岡南店
    (盛岡市本宮 イオンモール盛岡南店3Fフードコート)
食したラーメン:「富山ブラック」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。
期間限定やコラボメニューも多い、全国チェーンのお店ですね。
3902

秋田県内も含め、こちらのチェーン店に初入店です。
オリジナルメニューもあるのですが、目を惹いたのがこちら。
3903

かつて「東京ラーメンショー」で大行列ができ、
複数年連続で売り上げNo.1を記録した
「麺屋 いろは」さんとのコラボラーメン「富山ブラック」。
一度は食べてみたいと思っていたので、今回はこちらをチョイスです。
3904

辛味ニラを少しのせています。
麺はこんな感じ。
3906

麺にスープが染み、少し黒くなってしまうほどの黒さ。
魚介と焦がしたような濃い口の醤油の風味が、
混然一体となって食欲をそそる珠玉の仕上がりです。

大盛ができないので、ラーメンをたくさん味わいたい人にとっては
ボリューム的には少し物足りないですが、旨さは申し分なし。
自分の大好きな、とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「らあめん花月嵐/富山ブラック」  720円   ◎
3905

2018年1月27日 (土)

「東京駅 斑鳩」

お店:「東京駅 斑鳩」
    (東京都千代田区丸の内
     東京駅一番街地下南通り 東京ラーメンストリート内)
食したラーメン:「魚介豚骨 東京駅らー麺」

ご覧いただき、ありがとうございます。

翌日は、昨年の9月に引き続き、
東京駅八重洲口の地下街にある「東京ラーメンストリート」へ。
3610

昨年は「東京の中華そば ちよがみ」に入りましたが、
今回はそのお店の元祖「東京駅 斑鳩」へ入店です。
3611

東京の九段下から本店が移り、
「九段 斑鳩 市ヶ谷本店」となった有名店のもう1店舗です。
券売機で食券を購入しての注文となります。
3612

3613

やっぱり目に付きますので、
「豚骨魚介 東京駅らー麺」をオーダーです。
3614

濃厚ながら、こってりになり過ぎない豚骨醤油のスープに、
中太のストレート麺が合せられています。
通常の「らー麺」よりトッピングが多く、食べ応えがありますね。
期待していたのですが、大きな特徴は感じられなかったのが残念。
美味しいラーメンをいただくことができました。

「東京駅 斑鳩/豚骨魚介 東京駅らー麺」  1,000円  ○
3615

2018年1月26日 (金)

「神田 とりそば なな蓮」

お店:「神田 とりそば なな蓮」(東京都千代田区鍛冶町1丁目)
食したラーメン:「醤油出汁つけそば」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、所用があり東京へ。
初めて、夜にこちらのお店に行って来ました。
3605

夜は、お酒も提供するお店ですので
カウンターには日本酒を楽しんでいるサラリーマンも。
厨房では焼き鳥を焼く煙が上がっていました。

お品書きに、変わりはないようです。
3606

「塩出汁つけそば」をオーダーしたところ、「醤油」味もできますよのこと。
それではと「醤油出汁つけそば」にオーダー変更です。
3607

つけダレにシイタケが入ってるのが珍しい。
コクがあり鶏の旨味満載で、酸味があるさっぱり感がちょうどいい感じ。
麺の風味も良く、つけダレの主張に負けないしっかりとした味わいです。
ちなみに、麺は通常250g、大盛は400gだそうです。
自分の好きな、とても美味しいつけ麺をいただくことができました。

「神田 とりそば なな蓮/醤油出汁つけそば」  850円  ◎
3608

3609

2017年9月28日 (木)

「羽田大勝軒」

お店:「羽田大勝軒」
    (東京都大田区羽田空港3丁目 第1旅客ターミナル2F)
食したラーメン:「もりそば」

ご覧いただき、ありがとうございます。

羽田空港では、こちらのお店へ。
スカイマークのカウンターの向かい側にあります。
偶然見つけました。いつできたんだろう、知りませんでした。
3436

言わずと知れた「東池袋 大勝軒」の暖簾分けのお店と思われます。
お品書きはこちら。
3437

券売機で食券を購入しての注文となります。
「もりそば」にしました。
並で860円は、やはり羽田空港価格か。
3438

一口食べて、ある失敗に気付きました。
麺を「あつもり」にしてもらうのを忘れていました。
私的には、麺が冷たいと、
温かいつけダレの美味しさが目減りする気がするのです。
実際、思ったよりあっさりしている気がしました。
でも、りんご酢の酸味のある甘辛いこのつけダレは好きだなあ。
自分の好きな、美味しいつけ麺をいただくことができました。

「羽田大勝軒/もりそば」  860円   ◎
3439

2017年9月27日 (水)

「東京の中華そば ちよがみ」

お店:「東京の中華そば ちよがみ」
    (東京都千代田区丸の内
     東京駅一番街地下南通り 東京ラーメンストリート内)
食したラーメン:「東京駅 醤油 中華そば」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日は、用事があり東京へ。
その際、東京駅八重洲口の地下街にある「東京ラーメンストリート」へ。
3429

お昼時をだいぶ過ぎていたのですが、どこも長蛇の列。
お腹もすいていたので、少し行列が短めだったこちらのお店へ。
3430

同じ東京ラーメンストリートに出店している
「九段 斑鳩」さんのネクストブランドとのこと。
「斑鳩」さんは、食べたことはないけど名前は知ってました。
やはり、行列長かったなあ。

基本のラーメンの説明書きです。
3431

券売機で食券を購入してから、並んで待ちます。
慌しかったので、あまり吟味をせず
一番左上の「東京駅 醤油 中華そば」にしました。
980円、東京駅価格と言ったところでしょうか。
3433

後で知ったのですが、
「醤油 中華そば」(770円)に「東京駅」(+210円)がついたことで
玉子とチャーシュー1枚が多くトッピングされるらしい。
しまった、よく見ればよかった。

スープは、鰹節が強めに効き、わずかに鶏ガラを感じる仕上がり。
中細のストレート麺が合せられています。
厚めのチャーシューは、ほろほろと崩れる柔らかさです。
全体的に鰹が強くて、麺や醤油の旨味がいまいち伝わらない感じがします。
期待が大きかった分、少し物足りなさが残りましたが、
美味しいラーメンをいただくことができました。

「ちよがみ/東京駅 醤油 中華そば」  980円   ○
3434

2016年10月11日 (火)

「麺や そめいよしの」

お店:「麺や そめいよしの」(東京都千代田区神田1丁目)
食したラーメン:「味玉しょうゆらーめん」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日の東京出張の際、半年ぶりにこちらのお店へ。
2825

2826

多分東京出張が最後になるので、
いろいろ悩んだ挙句、こちらの店を選びました。
券売機で、食券を購入しての注文となります。
2827

最後はやはり「しょうゆらーめん」を、
本日の日替わりご飯「青椒肉絲丼」もオーダーです。
2828

鶏ガラと魚介系の風味豊かなスープは、
すっきりでありながらコクのあるしっかりした味わい。
中細のストレート麺は、麺の風味がわかり、自分の好きなタイプ。
完成度高いです。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。
2829

店主さんが、お知り合いのお客様とお話しているのが聞こえました。
お店によく来ていたお客様とラーメンの話をするようになり、
『「六厘舎」さんのように行列のできるラーメン屋にしたい。』と言ったところ
そのお客様が「六厘舎」の社長さんだったとのこと。
さらに、この社長さんが選んだラーメン店を紹介する
テレビ番組の取材が来たとのこと。
11月の深夜、テレビ朝日「タモリ倶楽部」後の時間帯に放送するらしいです。
秋田でも見ることができるかな?

「そめいよしの/しょうゆらーめん」  750円   ◎
2830

より以前の記事一覧