2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー「秋田市内(た行)」の53件の記事

2017年1月28日 (土)

「麺屋 朋」

お店:「麺屋 朋」(秋田市中通6丁目)
食したラーメン:「生姜醤油」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日は、秋田市民市場の向かいにあるこちらのお店へ。
3000

除雪で体力を使い、冷えた体を温めたくて
生姜のラーメンがあるこちらのお店に。
オーダーは、もちろん「生姜醤油」です。
3001

一番最初に食べた時のインパクトこそなかったものの、
生姜の風味強めのスープは、効果てきめん。
別皿の生姜と辛味を少しずつ混ぜていくたびに、
味の変化と体がどんどん温まっていくのを実感します。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「麺屋 朋/生姜醤油」  800円   ○
3002

2016年12月 1日 (木)

「弾岩ラーメン」

お店:「弾岩ラーメン」(秋田市泉北1丁目)
食したラーメン:「元祖ぶしとん」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。
当初土崎にあったと思ったら飯島に移転し、
さらに泉地区の以前「麺屋いけだ」さんがあったところに
今年2月再移転です。
いずれのお店を通じても、初訪問となります。
2912

お品書きはこちら。
2913

日替わりの煮干しラーメンもあるようで、この日はこちらでした。
2914

「サンマ節出汁らぁめん」も気になりましたが、
お品書きの写真も大きく、看板メニューと思われる
「元祖ぶしとん」をオーダーです。
2915

この「元祖ぶしとん」は、醤油味のみ。
濃厚だけどこってりし過ぎない節系とんこつのスープに、
軽い縮れの太麺が合せられています。
2916

これぞ「ぶしとん」という、その名の通りの味わい。
大きな特徴はないですが、しっかりした仕上がりの「ぶしとん」です。
美味しいラーメンをいただくことができました。

「弾岩ラーメン/元祖ぶしとん」
2917

2016年11月30日 (水)

「ラーメン タンポポ」

お店:「ラーメン タンポポ」(秋田市茨島1丁目)

このところ何回か夜に通った時、
明かりがついていなかった気がしたので寄ってみました。
そしたら、入り口にこんな張り紙が。
どうしたのかな?

2920

2016年10月24日 (月)

「麺屋 朋」

お店:「麺屋 朋」(秋田市中通6丁目)
食したラーメン:「生姜醤油」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日は、秋田市民市場の向かいにあるこちらのお店へ。
2852

基本のメニューはこちらです。
2853

こちらもあります。
2854

この日は、前回から気になっていた「生姜醤油」をオーダーです。
2855

まずはスープを。
おー、生姜の風味が先に来て、次にダシの旨み、
その後から醤油の味わいが来る感じ。
最初は薄めに感じた醤油が、
食べ進むごとに生姜との相乗効果で美味しさが増してきます。
これは旨い!
さらに、別皿の生姜+ごま油と辛味を少しずつ加えると
また違った味わいに。
2856

もう、生姜が食欲をそそります。
喉ごしの良いわずかにウェーブのかかった中細麺に、
箸が止まりません。
このラーメン、好きです。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「麺屋 朋/生姜醤油」  800円   ◎
2857_4

2016年8月15日 (月)

「ラーメンショップ チャイナタウン」

お店:「ラーメンショップ チャイナタウン」(秋田市卸町2丁目)
食したラーメン:「しょうゆチャンポン」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日は、久し振りにこちらのお店へ。
2693

お店のおすすめは「味噌チャンポン」のようですが、
自分の好きな「しょうゆチャンポン」をオーダーです。
2694

豚骨・鶏ガラなどをベースに
イカや豚バラ、野菜たっぷりの具だくさんあんかけスープは、
丼一杯に注がれ、表面張力がすごいことになっています。
このあんに合わせられてるのが極太麺。
2695

いろいろな旨味がバランスよく混ざり合ったスープとあんが、
麺に十分絡み、一緒に口に運ばれます。
あつあつだけど、しっかり美味しさが伝わります。
後半には酢を投入し、少し味を変えて食べました。
美味しいラーメンをいただくことができました。

「チャイナタウン/しょうゆチャンポン」  830円  ○
2696

2016年7月21日 (木)

「ラーメン タンポポ」

お店:「ラーメン タンポポ」(秋田市茨島1丁目)
食したラーメン:「タンポポつけ麺」(中)

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、約1年ぶりにこちらの店へ。
(閉店間際に行ったので、食べ終わってお店を出た後の写真です。)
2624

お品書きは、こちら。
2625

お品書きの裏面です。
2626

「少し辛い物が食べたい+つけ麺が食べたい」という気持ちだったので、
チョイスはもちろん「タンポポつけ麺」、(中)でオーダーです。
2627

2628

切刃の異なる三種類の太さの麺とのことですが、違いが分かるでしょうか。
トンコツ・鶏ガラ・煮干しベースのつけダレは、
野菜や果物の甘みと辛さのバランスが私的にちょうどよく、
旨味が凝縮されたコクのある深い味わいです。
2629

十分に煮込まれた野菜と果物のペーストとともに、
つけダレが麺によく絡みます。
チャーシューのかたまりが、柔らかくて旨い!
自分の大好きな、とても美味しいつけ麺をいただくことができました。

「ラーメン タンポポ/タンポポつけ麺」  900円  ◎
2630

2016年4月 4日 (月)

「東京まんぷくラーメン」有楽町店

お店:「東京まんぷくラーメン」有楽町店(秋田市南通亀の町)
食したラーメン:「正油味ギョーザラーメン」

ご覧いただきありがとうございます。

先日は、約1年振りにこちらの店へ。
2194

お品書きはこちら。
2196

2195_2

急にちょっと変わり種にいってみたくなり、「正油餃子入り」をチョイス。
壁のお品書きの表記は「正油味ギョーザラーメン」となっているので、
このブログでは後の方を採用してます。
2197

ベースは、支那そばじゃない、昔ながらのオーソドックスな「ザ・正油ラーメン」。
しょうゆも「醤油」じゃなく「正油」。自分の中の勝手な印象だけど、そんな感じ。
トッピングとして、あんたっぷりの大ぶりな餃子が3個入ってます。
正油味のスープが、皮にもあんにも染みてなかなかの仕上がり。
美味しいラーメンをいただくことができました。

「東京まんぷくラーメン/正油味ギョーザラーメン」  850円  ○
2198

2016年3月25日 (金)

「竹本商店 煮干センター あじと」

お店:「竹本商店 煮干センター あじと」(秋田市新屋朝日町)
食したラーメン:「おいしい煮干そば(醤)」

先日は、昨年10月にオープンしたこちらのお店へ。
言わずと知れた「竹本商店」さんのお店です。
2157

券売機で食券を購入しての注文となります。
2158

初訪問ですので、オススメの「おいしい煮干そば(醤)」をいただくことにしました。
麺は太麺と細麺をチョイスできるので、細麺で。
2159

券売機にも貼ってありますが「丸鶏煮干+煮干背脂」のスープとのこと。
結構煮干しがドンと来るので、鶏と背脂の感じはよくわからず。
小さめの煮干しがそのまま入っていたりします。
どうやら辛味が少し入っていたのですが(真ん中の赤いの)、
これが量のわりに意外に辛かった。
最初入っているのを意識していなかったので、余計に辛く感じちゃいました。
麺は、固めに茹で上げられたストレート細麺。
細麺は好きだけど、スープとの絡み具合はもう少しというところでしょうか。
2160

チャーシューは食べ応え十分、皮厚のワンタンみたいなものも入っています。
輪切りと粗くみじん切りされたネギが、結構な量でした。
煮干のボリュームといい、総じて私の好みとはちょっと違う感じでしたね。
最後は、煮干し酢を投入し味を変えていただきました。
2161

「煮干しセンター あじと/おいしい煮干そば(醤)」  740円  △
2162

2016年3月10日 (木)

「麺屋 朋」

お店:「麺屋 朋」(秋田市中通6丁目)
食したラーメン:「炙り醤油」

秋田市民市場の向かいにあるこちらのお店、
先日、久し振りに行って来ました。
2089_2

お品書きはこちら。
2090_2

トッピング
2091

ご飯もの
2092

2093

今回「醤油」から変更になった「炙り醤油」をオーダーです。
2095

それとチャーシュー丼も。(ブレてしまった・・・)
2097

以前の「醤油」は、失礼ながら醤油の味が薄すぎたのですが、
炙ることで(それだけではないと思いますが)香ばしさが加わり、
醤油の味がはっきり引き立つようになりましたね。
いわゆる「あっさりながらコクがある」感じに美味しくなりました。

麺はこんな感じ。わずかにウェーブのかかった中細麺は、好きなタイプ。
食べかけ失礼します。
2096

こちらもお好みでどうぞ。
2094

自分の好きな感じに変わっていて、何故かほっとしました。
美味しいラーメンをいただくことができました。
「生姜醤油ラーメン」も気になります。

「麺屋 朋/炙り醤油」  700円   ○
2098

2016年2月24日 (水)

「滝の頭」

「お酒を頼まないとラーメンが食べられないお店」

私、お酒を飲む場は嫌いではありませんが、
お酒自体はあまり好きではありませんし、量も飲めません。
なので、家で晩酌をすることもありません。
これを前提として…

出張帰りに夕飯にラーメンを食べようと、秋田駅前にある「滝の頭」さんに行きました。
基本居酒屋さんですが、「しょっつるラーメン」などのラーメンメニューもあります。
お店に入ると「何飲みますか?」とのこと。
「お酒は今日はいいので、ラーメンを…」
「あー、今スープに水足したばがりだぁ。後15分ぐらいかがるなぁ。」
ちなみに、お客さんは1人。
午後9時半くらいのことでした。私は、店を出ました。

こういうふうに言われたのは、実は初めてではありません。
つい何週間か前に午後8時半ころ行った時も、
お酒を断りラーメンを注文したところ、
「あー、まだスープでぎでねなぁ。30分ぐらいかがるどもー。」
お客さんは一人。そして、ラーメンを食べた形跡あり。
もちろん、この時もお店を出ました。

「居酒屋なのだから、とりあえずお酒を頼むのが礼儀でしょ。」
という意見もあるかもしれませんが、
ラーメンだけ食べに行っちゃだめなのかなぁ。
お酒飲めない人は、このお店のラーメン食べれないのかなぁ。
お酒頼まないと、ラーメン食べさせてもらえないなんて。
残念な気持ちでいっぱい。
たまたまだと思いたいのですが、私の印象は最初の文章となってしまいました。
よっぽどなことがない限り、
(会社とかの飲み会を、ここでするとか)
自らの意志で、こちらのお店に来ることはもうあるまい。
2062_2

より以前の記事一覧