2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

「Riddim~Sake & Noodle」

お店:「Riddim~Sake & Noodle」(秋田市南通築地 ファースト築地2F)
食したラーメン:「魚ダシ塩ソバ」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日はこちらのお店へ。
2644

実は、本日をもってこちらのお店は閉店となってしまいました。
2645

私の好みに合ったラーメンでしたので、閉店はとても残念。
閉店前に、最後の一杯をいただきに行って参りました。
お品書きはこちら。
2646

おっ、限定が!
もちろん、限定の「魚ダシ塩ソバ」をオーダーです。
今日のコップはこちら。
2647

配膳された「魚ダシ塩ソバ」です。
見た目にも、とても美味しそう!
2648

まずはスープを…。うん、これは旨いわ。
「中華そば」と同じように(多分)動物系未使用のスープからは、
しっかりとした魚ダシと塩の旨味が伝わってきます。
塩味がぼやけていないのがすごいいいですね。
麺も旨い!好きだなあ、この麺。
自分の大好きな、とても美味しいラーメンをいただくことができました。

返す返すも閉店が残念。
今後のことはまだ決まっていないとのことですが、
是非とも復活を期待しています!

「Riddim/魚ダシ塩ソバ」  700円   ◎
2649

2016年7月26日 (火)

「秀ちゃんラーメン」

お店:「秀ちゃんラーメン」(福岡市中央区警固2丁目)
食したラーメン:「ラーメン」

ご覧いただき、ありがとうございます。

博多での2麺目。
仕事でご一緒した地元の方に
「絶対食べたほうがいい!」と連れてきてもらいました。
博多を代表するラーメン店「博多だるま」さんの姉妹店、
セカンドブランドのお店とのことです。
2619

2620

お品書きはこちら。
2621

トッピングの違いだけで、基本は一味、ラーメンのみ。
ある程度飲んで食べた後でしたので、「ラーメン」をいただきました。
麺のかたさは「カタ」で。
2622

海外のミシュランガイドにも掲載されたというそのお味は…。
旨い!!
濃厚だけどこってりし過ぎない、だけどインパクトバッチリのスープは
通常のとんこつとは一味違う癖になる味わい。
これは旨い!!
ストレートの細麺も、濃厚なスープが絡み過ぎず、
麺の風味とともにちょうど良い塩梅でスープを運んでくれます。
初めて味わう、とてもとても美味しいラーメンをいただくことができました。

「秀ちゃんラーメン/ラーメン」   700円  ◎
2623

2016年7月25日 (月)

「博多一風堂」博多駅店

お店:「博多一風堂」博多駅店
    (福岡市博多区博多駅中央街 JR博多シティくうてん10F)
食したラーメン:「白丸元味(玉子入り)」

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、仕事で福岡県は博多市へ。初九州であります。
午後からの用事の時間が迫る中、まずは腹ごしらえ。
勝手がわからないので、
空港から地下鉄で二駅の博多駅ビルにあるこちらのお店へ。
言わずと知れた超有名店ですね。
2613

お品書きはこちら。
2614

夏季限定、つけ麺もありました。
2615

ここは、間違いのないこちらのお店での原点の一杯を。
「白丸元味」を玉子入りでオーダーです。
2616

麺はこんな感じ。
2617

とんこつの凝縮された旨味しっかりのスープに、
いかにも博多らしいストレート細麺がバッチリの相性。
濃厚ながら意外にあっさりの仕上がりが、ホント期待通りの旨さ。
とても美味しいラーメンをいただくことができました。

「博多一風堂/白丸元味(玉子入り)」   820円  ○
2618

2016年7月21日 (木)

「ラーメン タンポポ」

お店:「ラーメン タンポポ」(秋田市茨島1丁目)
食したラーメン:「タンポポつけ麺」(中)

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、約1年ぶりにこちらの店へ。
(閉店間際に行ったので、食べ終わってお店を出た後の写真です。)
2624

お品書きは、こちら。
2625

お品書きの裏面です。
2626

「少し辛い物が食べたい+つけ麺が食べたい」という気持ちだったので、
チョイスはもちろん「タンポポつけ麺」、(中)でオーダーです。
2627

2628

切刃の異なる三種類の太さの麺とのことですが、違いが分かるでしょうか。
トンコツ・鶏ガラ・煮干しベースのつけダレは、
野菜や果物の甘みと辛さのバランスが私的にちょうどよく、
旨味が凝縮されたコクのある深い味わいです。
2629

十分に煮込まれた野菜と果物のペーストとともに、
つけダレが麺によく絡みます。
チャーシューのかたまりが、柔らかくて旨い!
自分の大好きな、とても美味しいつけ麺をいただくことができました。

「ラーメン タンポポ/タンポポつけ麺」  900円  ◎
2630

2016年7月17日 (日)

「拉麺 桜木屋」

お店:「拉麺 桜木屋」(秋田市仁井田本町5丁目)
食したラーメン:「肉そば」(大盛)

ご覧いただきありがとうございます。

先日は、5か月振りにこちらのお店へ。
2601

お品書きはこちら。
2602

ん?50円値上がりした?
ま、今までが少し低めの価格でしたし
(並ぶだけの来店客があるからこその価格設定?)
いろいろ材料費が高騰してますから、やむを得まい。
タイミングを同じくして、「肉そば」がリニューアルしたようです。
そして、夏限定メニューも登場。「冷やし担々麺」。
2603

リニューアルしたとなれば、一度食べてみなければ。
ということで、「肉そば」を大盛でオーダーです。
2604

ちなみに、以前の「肉そば」がこちら。
1085

玉子とネギとチャーシューが変わって、新たにタマネギと海苔が加わりました。
メンマが無くなったようです。
チャーシューではなく豚バラ肉を載せるのが、最近の流行なのかな?

スープや麺に変わりはないようです。
濃口醤油の鶏ガラベースのスープ、麺も相変わらず旨い!
美味しいけど、前の方が相対的な味わいと見かけにインパクトがあって好きかなあ。
自分の好きな美味しいラーメンをいただくことができました。

「拉麺 桜木屋/肉そば(大盛)」  780円  ◎
2605

2016年7月12日 (火)

「佐々木家」秋田本店

お店:「佐々木家」秋田本店(秋田市川元むつみ町)
食したラーメン:「はっするらーめん」(正油)

ご覧いただきありがとうございます。

先日は、こちらのお店へ。
2564

お品書きに変わりはありませんでした。
オーダーは、なんだかんだ言って、やっぱりこれ。
「はっするらーめん」を正油で。
Aセットの温玉チャーシュー丼もいただきました。
2565

今回気づきましたが、
同じ「はっするらーめん」で値段も同じですが、
刻みタマネギが正油味には入っていないんですね。
鶏ガラベースで濃口醤油を使ったスープ、ストレート細麺が私好み。
自分の好きな、美味しいラーメンをいただくことができました。

「佐々木家/はっするらーめん(正油)」  702円  ◎
2566

2016年7月 7日 (木)

「らーめん錦」秋田分店

お店:「らーめん錦」秋田分店(秋田市川尻若葉町)
食したラーメン:「えび辛油そば」(並盛)

先日は、半年ぶりにこちらのお店へ。
2575

この日は、何故か無性に油そばが食べたくて、
「えび辛油そば」をオーダー。
2576

かき混ぜた時に味が薄くならないように、
温玉は別皿でお願いしました。
2577

まずは油ダレと絡められた麺を、
もやしやタマネギ、かつお節などと混ぜていきます。
2578

そして、食べ進みながら辛味と少しずつ混ぜ合わせていきます。
太麺は食べ応え十分。
辛味が食欲をあおり、どんどん箸が進みます。
後半には酢を投入。そして最後に温玉を。
味を変え、最後まで飽きずに旨さを楽しみました。
美味しい油そばをいただくことができました。

「錦 秋田分店/えび辛油そば」  850円  ○
2579

2016年7月 6日 (水)

閉店相次ぐ

今年3月に、秋田市山王の「泉州ラーメン 石橋屋」さんが閉店しました。

そして5月には、同じく山王の「えびや」さんも閉店。

さらに「幸楽苑」旭北錦店も6月に閉店。
暗くてちょっとわかりづらいですが、すでに店舗は取り壊されています。
2580

山王十字路周辺のラーメン店が3店、相次いで閉店しています。
閉店の理由はいろいろあると思いますが、
老舗の自分の好きだったラーメン屋さんが無くなってしまうのは、
特に残念です。

2016年7月 1日 (金)

「神田 とりそば なな蓮」

お店:「神田 とりそば なな蓮」(東京都千代田区鍛冶町1丁目)
食したラーメン:「鶏そば 醤油」(大盛)

ご覧いただき、ありがとうございます。

東京出張の際、3か月連続で新しいお店へ。
毎回出張先は同じなのですが、
駅から四方に5分歩くだけで、まだまだたくさんのラーメン店があります。
2557

こちらの店は、3年ほど前に日本橋にオープンした
「日本橋 製麺庵 なな蓮」さんの2号店。
今年2月に開店したそうです。
お店の前にある説明書き。
2558

2559

秋田の手作り純正醤油「百寿」が使われているらしい。
秋田県湯沢市の「石孫本店」さんで製造されている
丸大豆天然醸造の醤油が『百寿』だそうです。
出汁には比内地鶏、さらに秋田の醤油が使われているということで、
急に親近感わきました。
お品書きはこちら。ご飯にも秋田こまちが使われていますね。
2560

「鶏そば 塩」にもかなり惹かれましたが、
やはり秋田の醤油が使われている「鶏そば 醤油」をオーダー。
大盛で。大盛が+50円なのも嬉しいですね。
2561

比内地鶏と数種の朝〆鶏を使い魚介と合わせたスープは、
それぞれの風味のバランスが良く、旨味たっぷり。
出汁もしっかり感じながら、醤油ダレの味わいもしっかり。
だんだん、口に運ぶにつれて旨さが深く、強くなっていきます。
4種の国産小麦粉を使った自家製麺は、中太の手もみ縮れ麺。
弾力がありモチモチの食感は、風味も歯ごたえも良くいい感じです。
チャーシューは、豚、鶏、鴨を使った種類の違う3枚。すべてレベル高い!
個人的には、豚バラのチャーシューが一番好きですね。
スープとの相性がいいせいか、ネギがとても美味しかった。
うーん、クオリティ高い。
自分のかなり好きな、とてもとても美味しいラーメンをいただくことができました。
次行くことができたら、絶対「塩」食べよう。

「神田 とりそば なな蓮/鶏そば 醤油(大盛)」  850円  ◎
2562

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »