2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

「幸楽苑」仁井田店

お店:「幸楽苑」仁井田店(秋田市仁井田栄町)
食したラーメン:「つけめん」(大盛)

前日に「つけ麺」を食べそびれたので、
リベンジとばかりに確実につけ麺のあるお店へ。
期間限定の様々な「冷し麺」が用意されています。
624_2

CMでもやっているとおり「和風盛り中華」が大盛無料でしたが、
酸っぱい&辛いタレで食べたくて「つけめん」を大盛でオーダーです。

冷たい麺に温かいつけダレの組み合わせです。
中太の平打ち麺は、のびることもなくツルツルの喉ごし。
大きなサプライズはありませんが、
自分としては「中華そば」同様、安心して食べることができる味なのでした。

「幸楽苑 仁井田店/つけめん(大盛)」  ○  514円
625

「幸楽苑 仁井田店/冷し坦坦麺」  619円
626_2

「幸楽苑 仁井田店/らーめん(お子様セット用)」
627_2
  

2013年6月25日 (火)

「麺や初代 竹本商店」

お店:「麺や初代 竹本商店」(秋田市山王2丁目)
食したラーメン:「中華そば」

秋田市山王方面での用事を済ませた後、
「つけ麺が食べたい」とのことで「つけ麺 北辰堂」へ。
前の「竹本商店」さんの時は行ったことがあるのですが、
名前が変わってからは初めてなので期待していたのですが…。
お店の前に行ったら…あれっ?また「竹本商店」になってる?
618

それでも「きっとつけ麺はあるだろう」と思い、お店へin。
メニューを見るも、つけ麺は見当たらず…。
619

620

後で調べてみたら、
看板メニュー「濃厚 蟹つけ麺」に使用される良質タラバガニの入手が難しくなり
「つけ麺」をお休みするとのことでした。
なので、お店の名前も「つけ麺」が復活するまで元に戻したのかな?

この日の私たちはそんなこととはつゆ知らず、
期待のつけ麺がないことに一同テンションは下がりましたが、
最近好みの「中華そば」があったので、こちらをオーダーです。

スープは、魚ダシはすれども動物系が強めな感じ。
シンプルでオーソドックスな印象です。
麺は、極細ストレート麺。
多く食べたい方には、麺がのびないように大盛ではなく「替玉」方式となっていました。
麺は好みの方なんだけど、スープがちょっと違うかな。
「夜の中華そば」の方が魚ダシメインらしいので、今の私好みなのかもしれません。

写真の上の方に写っているのが「トロ肉丼」です。甘めの味付けでした。
同じ値段「チャーシュー丼」もありましたよ。

「麺や初代 竹本商店/中華そば」  550円   ○
621

2013年6月19日 (水)

「そば処 大文字」

お店:「そば処 大文字」(大館市片町 ホテルクラウンパレス秋北内)
食したラーメン:「醤油ラーメン」

バスターミナルの乗り場側から、
反対方向に抜ける通路を行くとこちらのお店があります。
その名の通り「そば・うどん」の種類が多く、
丼物・定食もあって、いわゆる食堂といった雰囲気。
613

数少ないラーメンメニューの中から「醤油ラーメン」を注文しました。
鶏ガラベースの煮干し風味のスープに、中細の縮れ麺です。
非常にオーソドックスな、食堂のラーメンでした。

「そば処 大文字/醤油ラーメン」  △   500円
614

2013年6月16日 (日)

「福士そばや」

お店:「福士そばや」(北秋田市花園町)
食したラーメン:「中華そば(大盛)チャーシュー」

お昼時に旧鷹巣町方面に車を走らせると、
自然と「福士さんに行こっか。」と言う声が出るほど、こ
ちらの「中華そば」は我が家みんなが好きです。
能代方面に向かったこの日も、当然の様に行って参りました。

あっさりしていながら深い味わい、
いつもの美味しい「中華そば」をいただくことができました。旨いっ!
605

「福士そばや/中華そば(大盛)チャーシュー」 800円  ◎
606

2013年6月14日 (金)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

お店:「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」(大館市片山町1丁目)
食したラーメン:「らーめん みそ」「勝浦風塩タンタンメン」

先日、またまた行くことができました。
この日、食券機に新たなメニューを発見。
599

「勝浦風塩タンタンメン」…。
実はこの日、ラーメン店のはしごをもくろんでいた私は、一杯だけいただく予定でした。
気にはなりましたが、まずは当初予定通り「らーめん みそ」(並)のみオーダー。
いつも通りの仕上がりで、自分の最も好きな絶品のラーメンを十分に堪能しました。
美味しかった…。
堪能しつつ、「次、いつ来ることができるかわからない。」
「来ても、2杯食べることができるかわからない。」
「これから行こうとしているお店のラーメンは、まだ食べる機会が作れる。」
「この機会を逃してはならない。」
「新メニューを早く味わってみたい。」と思考回路が働き、
食べ終わった後の体は自然と食券機へ。
2杯目「勝浦風塩タンタンメン」をオーダーです。

「勝浦風」って何だろう、塩タンタンメンってどんな風だろう、
と考えているうちに運ばれてきた丼は、表面が真っ赤っか。
かなり辛そうな雰囲気を醸し出しています。
まずはスープを…。それほど辛くはないです。
鶏ガラのダシで、ピリ辛の後からほのかに塩の味がわかります。
麺は、いつもの自家製中細ストレート麺。と思いきや、実は違うらしい。
でも、辛いせいか表面の脂分で熱いせいか、私の舌では違いが良くわかりませんでした。
そしてトッピングは、炒めた挽肉と玉ねぎ、そして白髪ネギ。
これがどうやら「勝浦風」の所以みたい。
千葉県勝浦市のB級グルメに『勝浦(式)タンタンメン』というのがあるようです。
601

見た目ほど辛くはなく美味しいのですが、
私の舌には塩とダシの味わいが分かりづらく、少し物足りない感じが残りました。
辛さには「醤油」か「味噌」の方が対抗できる気がしますが、
「塩」というところに拘りを感じます。
果たして、皆さんの反応やいかに…。

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ」  750円   ☆
600

「佐藤中華そば楼/勝浦風塩タンタンメン」  800円  ○
602

2013年6月11日 (火)

「つけ麺屋 焚節」

お店:「つけ麺屋 焚節(のぶ)」(大館市立花字屋敷前)
食したラーメン:「極上煮干し出汁 肉煮干しそば」

こちらのお店のつけ麺が食べたいとのことで、またまた行って参りました。
590

家族のオーダーはつけ麺でしたが、
私は、以前「錦本店」さんでいただいた
「極上煮干し出汁 肉中華そば」(今はメニューにないはず)が美味しかったので、
若干ネーミングは違いますが多分同じものであろう
「極上煮干し出汁 肉煮干しそば」を注文です。

スープは、瀬戸内産「片口煮干しを山のように使った」という
煮干しと鶏ガラのダブルスープ。
煮干しのえぐみも感じますが、
両方の旨みがわかるちょうどよいバランスに仕上がっています。
ストレートの細麺は、
錦さんグループのお店ではお馴染みの、食感も喉ごしも良い自分の好きなタイプ。
591

トッピングにホウレン草がないこと、麩があること、
長ネギの切り方がささがきであること、海苔が大きいことなど、
「錦本店」さんのものとは少し違いますが、ベースは同じようですね。
再びいただくことのできたお味は、自分好みで美味しかったです。

「つけ麺屋 焚節/極上煮干し出汁 肉煮干しそば」 780円 ◎
592

2013年6月 9日 (日)

「孝百」

お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「元祖醤油」(並)+「ミニチャーシュー丼」

最近は5杯に1杯のペースでこちらのお店のラーメンをいただていて、
我が家の訪問頻度は高くなる一方です。
この日も、我が子の一言で行くことが決定しました。

今回は「元祖醤油」(並)に「ミニチャーシュー丼」をセット。
ミニチャーシュー丼が外せなくなってきました。
お決まりのチョイスですが、何度いただいても美味いです。

「孝百/元祖醤油(並)」  570円   ◎
587

2013年6月 6日 (木)

「蘭華亭」駅前本店

お店:「蘭華亭」駅前本店(弘前市駅前町)
食したラーメン:「揚げねぎらぁめん」

弘前へ出張だったこの日。
電車で行くため、駅前でラーメンを食べようと事前にリサーチし、
目星をつけたそのお店のHPでは定休日が「祭日」、
食べログでは「日曜日」となっていることを確認したつもりでした。
ですが、いざ行ってみたらお昼時なのに『支度中』の看板が…。
「つぶれた?」とさえ思ってしまいました。
帰ってきて調べ直したら、どうやらホントの定休日は「木曜日」らしいです…。
せめて、自分のお店のHPくらいは正しい情報をお知らせいただけないものですかねぇ。

文句はさておき、
傷心の私が向かったのは、万が一の時のために一応押さえておいたこちらのお店。
583

店内はこじんまりとしていて薄暗く、熱がこもっていて暑い!
メニューは、こちらです。
584

585_3

この中から、揚げたネギの香ばしさに期待し、
醤油味の「揚げねぎらぁめん」をいただくことにしました。
スープは、豚骨・鶏ガラと煮干などの魚介系が合わせられていて、
揚げねぎの風味でさらにコクが増しているように感じます。
特別な感じはないですが、うまくまとめられています。
麺は中細の縮れ麺で、スープとの相性もいいですね。
ただ揚げねぎがですね…、風味はいいのですが、
揚げてあるせいか噛み切れず、結構な量を口に入れるといつまでも口に残るんですね。
普通の「ねぎらぁめん」にすれば良かったと、ちょっとだけ後悔したのでした。
ですが、基本的にはきちんと仕上げられていて、美味しくいただくことができました。

ライスが55円とリーズナブルなお値段で、大変ありがたかったです。

「蘭華亭 駅前本店/揚げねぎらぁめん」  685円  ○
586

2013年6月 2日 (日)

「いわき食堂」

お店:「いわき食堂」(弘前市岩木町一町田)
食したラーメン:「中華そば」

弘前市で行われたあるイベントの帰り、
知人より教えていただいたこちらのお店に寄りました。
以前は岩木山神社前にあったとのことです。
563

メニューはこちら。
564

いわゆるラーメンは「中華そば」か「みそ」しかないので、「中華そば」を。
限定10食の細麺は残念ながら売切れでした。
そして「チャーマヨ丼」(写真なし)もオーダーです。

スープは、煮干メインにほのかに鶏ガラが感じられるなんとも優しい味わい。
少ししょっぱめな醤油の味も私好みで、非常に美味い!
麺は中細の縮れ麺。「手打ち中華」は、この麺が手打ちの縮れ太麺になるようです。
味がしっかりしみたロースのチャーシューに、メンマと麩そして多めのネギ。
トッピングもシンプルながらベストの取り合わせですね。
正統派の津軽ラーメンと言ったところでしょうか。
定番でありながら、クセになりそうな深い味わいです。
大満足のとても美味しいラーメンをいただくことができました。

私たちの前後も、次々と来店客が入れ替わり立ち替わり。
注文はだいたいがラーメン系でしたが、うどんやそば、丼物もある大人気の食堂です。

「いわき食堂/中華そば」  550円   ◎
565

「いわき食堂/手打ち中華(大盛)」  680円
566

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »