2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「つけ麺屋 焚節」 | トップページ | 「福士そばや」 »

2013年6月14日 (金)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

お店:「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」(大館市片山町1丁目)
食したラーメン:「らーめん みそ」「勝浦風塩タンタンメン」

先日、またまた行くことができました。
この日、食券機に新たなメニューを発見。
599

「勝浦風塩タンタンメン」…。
実はこの日、ラーメン店のはしごをもくろんでいた私は、一杯だけいただく予定でした。
気にはなりましたが、まずは当初予定通り「らーめん みそ」(並)のみオーダー。
いつも通りの仕上がりで、自分の最も好きな絶品のラーメンを十分に堪能しました。
美味しかった…。
堪能しつつ、「次、いつ来ることができるかわからない。」
「来ても、2杯食べることができるかわからない。」
「これから行こうとしているお店のラーメンは、まだ食べる機会が作れる。」
「この機会を逃してはならない。」
「新メニューを早く味わってみたい。」と思考回路が働き、
食べ終わった後の体は自然と食券機へ。
2杯目「勝浦風塩タンタンメン」をオーダーです。

「勝浦風」って何だろう、塩タンタンメンってどんな風だろう、
と考えているうちに運ばれてきた丼は、表面が真っ赤っか。
かなり辛そうな雰囲気を醸し出しています。
まずはスープを…。それほど辛くはないです。
鶏ガラのダシで、ピリ辛の後からほのかに塩の味がわかります。
麺は、いつもの自家製中細ストレート麺。と思いきや、実は違うらしい。
でも、辛いせいか表面の脂分で熱いせいか、私の舌では違いが良くわかりませんでした。
そしてトッピングは、炒めた挽肉と玉ねぎ、そして白髪ネギ。
これがどうやら「勝浦風」の所以みたい。
千葉県勝浦市のB級グルメに『勝浦(式)タンタンメン』というのがあるようです。
601

見た目ほど辛くはなく美味しいのですが、
私の舌には塩とダシの味わいが分かりづらく、少し物足りない感じが残りました。
辛さには「醤油」か「味噌」の方が対抗できる気がしますが、
「塩」というところに拘りを感じます。
果たして、皆さんの反応やいかに…。

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ」  750円   ☆
600

「佐藤中華そば楼/勝浦風塩タンタンメン」  800円  ○
602

« 「つけ麺屋 焚節」 | トップページ | 「福士そばや」 »

秋田県北「佐藤中華そば楼bvねぎぼうず」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003966/52003300

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」:

« 「つけ麺屋 焚節」 | トップページ | 「福士そばや」 »