2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

「そば処 七味」

平成24年4月28日(土)
お店:「そば処 七味」
食したラーメン:「比内鶏ラーメン(醤油味)」

先日の土曜日、青森から帰ってきて夕飯は外食。
ラーメンを食べるべくセーブ気味にして、帰りにこちらのお店に寄りました。
24042801

麺類から定食などメニューは豊富で、
その中から「比内鶏ラーメン(醤油味)」をいただくことにしました。
24042802

24042803

鶏ガラメインのスープには、コクを出すためにトンコツも合わせられた感じ。
私個人の好みとしては、甘め薄めの仕上がりでした。麺は中細の縮れ麺です。
チャーシューの代わりにぶつ切りの比内地鶏(たぶん)がのせられています。
この鶏肉使用以外は、期待以上にオーソドックスなラーメンでした。
でもこれが、地元に愛され長く続けていく秘訣なのでしょう。
奇をてらった物は、その時は勢いがありますがそのうち廃れていくものが多いわけで。
「長く太く」は究極の理想ですが、大きな変更をせずともリピーターをしっかり掴み、
「細く長く」続けていくことができればそれにこしたことはありません。
その代表のようなお店だと思うのでした。

「そば処 七味/比内鶏ラーメン(醤油味)」  700円   △
24042804

2012年4月29日 (日)

「菜麺亭」

平成24年4月29日(日)
お店:「菜麺亭」(能代市落合字上前田)
食したラーメン:「ねぎら~めん(合わせみそ)」

今日は、急遽用事ができて能代市へ。ついでに、こちらのお店に初訪問です。
24042901

駐車場は広いものの止めてあった車も多くて待つことを覚悟したのですが、
それなりに混んではいたものの店内も広く、すぐ座ることが出来ました。
広かったのですが、店内は少し薄暗かったですね。

お店おすすめの「さいめんら~めん」は、野菜たっぷりとのことで甘め&水っぽさを懸念、
味もいつもであれば醤油系にいくのですが、今日はなんとなく味噌系の気分でしたので
「ねぎら~めん(合わせみそ)」をいただくことにしました。
24042902

スープは鶏ガラ&とんこつメイン、赤味噌と白味噌の「合わせみそ」です。
とんこつがクリーミーになり過ぎず、そのかわり白味噌のまろやかさが強めに出ています。
そのため濃厚さはあまりなく、白髪ネギがシャキシャキした食感とさっぱり感を出していますね。
よりはっきりした味噌味を味わいたい方は、
赤味噌のみを使用した「みそ」の選択が良いかもしれません。
麺は中太のストレート麺。麺はつるつるして喉ごしが良く、私の割と好きなタイプです。
無難な感じではありますが、トータルではまとまった仕上がりで美味しくいただいてきました。

席:カウンター12席、4人掛けテーブル3台
  小上がりテーブル6人掛け×2卓、4人掛け×2卓
駐車場:30台くらい

「菜麺亭/ねぎら~めん(合わせみそ)」 700円  ○
24042903

「菜麺亭/ピリ辛タンタンめん」  690円
24042904

2012年4月28日 (土)

「レストラン ここる」

平成24年4月28日(土)
お店:「レストラン ここる」(青森市浅虫 浅虫水族館内)
食したラーメン:「ここるラーメン」

ゴールデンウィーク前半の連休の初日です。
お天気も良く、青森の浅虫水族館に行って来ました。
目当ては「ラッコのお食事タイム」と「イルカショー」です。
午前中のうちに到着したので、お昼は管内のレストランでいただくことにしました。

ラーメンに飢えていた私は、当然ラーメンメニューを選択。
シーフードたっぷりの塩味「アクアラーメン」と迷った挙句、
醤油味の「ここるラーメン」に決定です。
24042801_2

「煮干風味で仕上げた津軽のラーメン」とのこと。
『津軽のラーメン』ってことで勝手に濃厚な煮干しラーメンを想像していたのですが、
配膳されたラーメンのスープは意外に色が薄かった…。
そこで気付きました。「煮干風味」、風味なんです。
ということで、軽い煮干しの風味と薄めの醤油味で、
なんとも味のはっきりしないラーメンをいただいてきました。
大変申し訳ないのですが、水族館のレストランですのでやむを得ないのかも知れません。
でも、メンチカツは美味しかったんですよねぇ…。

「レストラン ここる/ここるラーメン」  600円   -
24042802_2

2012年4月27日 (金)

カテゴリー変更

「拉麺 桜木屋」さんの記事が多くなってきましたので、
新たに単独のカテゴリーを設けることにしました。
『秋田県北「拉麺 桜木屋」』となっております。

ま、大した変更ではないのですが、今日現在21件の記事がありますので、
たまには「だーっ」とまとめてご覧いただくのも面白いと思います。
引き続き、当ブログをよろしくお願いします。

悲しいことに、この2週間くらいお店でラーメンをいただく機会がありません。
飲みに行っても、「○も(まるも)」なき今、
大町界隈でどこに行けば美味しいラーメンが食べられるか分からない状態。
あぁ、ラーメン食べたし…

2012年4月15日 (日)

「福士そばや」

平成24年4月14日(土)
お店:「福士そばや」(北秋田市花園町)
食したラーメン:「中華そば(大盛)チャーシュー」

この日は、以前祝日に行ってしまい
休みのため食べることのできなかったこちらのお店へ、リベンジの訪問。
土曜日ですので、当然開いていましたよ。
久し振りの味を存分に味わうため、「中華そば(大盛)チャーシュー」をオーダーです。

煮干しと昆布からとった和風のダシで仕上げられたスープは、
脂のないあっさりでありながら旨みを感じることのできる優しく深い味わい。
自家製の細縮れ麺と非常に良く合い、ホントに美味しいです。
普段テーブルの上には置いていないのですが、
酢好きな我が子が聞いてみたところ、快く「す」を出していただきました。
酢を加えてもスープの味わいに変化こそあれ、旨みは負けません。
昔ながらの変わらぬ美味しさを十分堪能させていただきました。
24041402

そうそう、基本蕎麦屋さんのためか「蓮華」がありませんので、
その点だけはご注意ください。

「福士そばや/中華そば(大盛)チャーシュー」 800円  ◎
24041401

2012年4月13日 (金)

「孝百」

平成24年4月13日(金)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「煮干そば」(大)

今日は仕事が早めに終わり家に帰ったところ、子供が「行きたい」と言うのでこちらのお店へ。
「魚だし」はまだお休みなので、約2年振りに「煮干そば」(大)をいただくことにしました。
24041303

配膳された丼の中のスープは、「いかにも」と言うべく濁っています。
煮干しのスープと豚骨スープが組み合わされ、
魚粉というか欠片というか砕かれた煮干しがふんだんに入っています。
なので、結構煮干しのえぐみ?苦み?が感じられますね。
「元祖醤油」に使われているスープは、頭とわたを取った煮干しから作られているようですが、
これはその部分も使われているのでしょうね。
煮干しのインパクト大です。
24041302

麺はストレートの太麺で「元祖醤油」を同じものかと思いきや、少しコシがある感じ。
いつも「固め」で注文しているのですが、それでも「元祖醤油」の時は柔らかく感じるので、
その食感とは違いました。もしかして、今ある4種類のメニューすべての麺が違うのかな?
だとすれば物凄い拘りようですね。

もともとのスープが美味しいので全く問題はないのですが、
ここまでの強い煮干しは、私的には好みから外れてしまいます。
でも美味しいんです。ごちそう様でした。

「孝百/煮干しそば(大)」  790円   ○
24041301

先日ご指摘いただきましたが、これまで「元祖醤油」のことを
何を見て何を勘違いしたのか「元祖拉麺」と表記してきました。
今回、きちんと「元祖醤油」であることを確認して参りましたので、
過去の記事に遡って修正しております。
ご指摘に感謝いたしますとともに、関係者の方々含め深くお詫び申し上げます。

2012年4月 8日 (日)

「拉麺 桜木屋」

平成24年4月8日(日)
お店:「拉麺 桜木屋」(大館市山館)
食したラーメン:「にらそば」(大盛)

「孝百」さんと並ぶ我が家の定番のラーメン屋さん、「拉麺 桜木屋」さん。
このところ「中華そば」ばかり食べていましたので、
今日は久し振りに「にらそば」(大盛)をオーダーです。
程よい辛さと素材すべての旨みが凝縮された逸品、
いつもと変わらない美味しい一杯を今日もいただくことができました。
ごちそう様です。

「拉麺 桜木屋/にらそば(大盛)」  700円   ◎
240408

2012年4月 2日 (月)

「錦本店」

平成24年4月1日(日)
お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「極上煮干し出汁 肉中華そば」

昨日は、4月だというのに午後から大雪。
そんな中ストレートの細麺が食べたくなり、今年初の「錦本店」へ。
するとお店の入口にこんなポスターがあるではありませんか。
24040101_2

これを見たら、いただかないわけには参りません。
「一日20杯限り」を気にしつつ注文をすると、大丈夫とのことでほっとしました。

スープは、鶏ガラと煮干しのダブルスープ。
「片口煮干しを山のように使った」というわりには煮干しガツンという感じではなく、
両方の旨みがわかるバランスに仕上がっています。
煮干しのえぐみ(苦み?正直、違いがいまいちわかっていません)も感じますが、
私的にはそれが苦にならない程度でgood。鶏の脂分もほどよいです。
ストレートの細麺は、固めの茹であがりでその食感と喉ごしが相変わらずいいですね。
好きだなぁ、この麺。
「専用のバラチャーシューは5枚標準装備」とのことですが、
ちょっと多めに入っていて得した気分。
それぞれの具材の旨みがわかる、非常に洗練されたラーメンになっていると思います。
美味しかったぁ。

お値段は他のメニューに比べて高めの設定ですが、
それもうなずくことができる一杯でした。

「錦本店/極上煮干し出汁 肉中華そば」  780円   ◎
24040102

2012年4月 1日 (日)

「らぁめん 麺一徹」川口店

平成24年3月30日(金)
お店:「らぁめん 麺一徹」川口店(大館市川口)
食したラーメン:「一徹しょうゆらぁめん」(大盛)

先日も記事にしましたが、以前「拉麺工房」さんだった場所が、
3月8日より元氣屋グループ「らぁめん 麺一徹」の新店舗に替わっています。
「元氣屋」さんのHPによると「大館店」ではなく「川口店」という位置づけだそうです。
ということで、早速行って参りました。
24033001

中は、以前真ん中にあった小上がりがなくなり、広々とした感じになっていました。
メニューには、昨年二ツ井のお店で見たものの他に
「海鮮ちげらぁめん」「あおり野菜のみそorしょうゆらぁめん」なども。
「元氣屋」で食べた「魚(うおー)キング麺」もありました。
24033002

いつもそうなのですが、新しいお店ではすぐ「醤油」に目が行きます。
鉄鍋を使った「一徹みそらぁめん」もありましたが、
あまり深く考えず「一徹しょうゆらぁめん」を大盛で注文です。
配膳されて気付きました。以前二ツ井のお店で食べていたことを…。
スープは濃厚な醤油トンコツで、背脂が浮き、それなりにこコッテリ。
玉ねぎのみじん切りが入っています。
そしてトッピングのキャベツが、このコッテリ感を少し和らげてくれていますね。
麺は、黄色の軽く縮れた中太麺でした。

こちらのお店では、私の好みはトンコツ系でも魚介系でもなく
「函館しおらぁめん」などの塩味かも…。
食べ終わってから「海老しおらぁめん」がとても気になったのでした。

席:カウンター12席、小上がり6人掛けテーブル4卓
駐車場:20台以上

「麺一徹 川口店/一徹しょうゆらぁめん(大盛)」  750円   ○
24033003

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »