2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

「孝百」

平成24年3月23日(金)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「元祖醤油」(特大)

前回2/24のレポをしてからも数回お邪魔しておりますが、記事にはしていませんでした。
今回、ある確信を持ち久し振りにこちらのお店をレポしたいと思います。

前から少し気になっていたことがあって、この日も「元祖醤油」を特大・麺固めでオーダーです。
写真で見ても分かるかも知れませんが、
最近スープのふちに魚粉の小さな塊がつくようになりました。
以前はほとんど見られなかった脂分が少し浮いていて、
これが魚粉をまとって塊を作っているようです。
スープを飲んでも、以前のあっさりすっきりより少し脂分のコクを感じますし、
それに薄めな感じだったのが、卓上の醤油ダレを入れなくても
私の口に合うくらいのしょっぱさです。
少しずつ改良しより美味しいものを探求しているかもしれませんね。
僅かとはいえ味を変えることによって固定客を逃すリスクも少からずあると思いますが、
これまでもメニューも含めこうして少しずつ変えていっているようですし、
これが「孝百」さんの良さなのかもしれません。
今回、3回目にしてこの変化に確信を持ったのでした。
私的には全く問題なく、いつものように美味しくいただくことが出来ました。

「孝百/元祖醤油(特大)」  820円   ◎
240323

2012年3月21日 (水)

「食べ処 谷地」

平成24年3月17日(土)
お店:「食べ処 谷地」(大館市中道1丁目)
食したラーメン:「坦々麺」

記事の日付は前後しますが、先週の土曜日はこちらのお店に初訪問してきました。
24031701

「食べ処」なので、定食や丼物、カレー、うどんなどメニューの量はかなり豊富です。
ラーメンは「醤油」「塩」「味噌」のほか「広東麺」「もやしあんかけ」などがあり、
その中からラーメンラリーのマップに記載され気になっていた「坦々麺」をチョイスしました。

比内地鶏のスープに味噌とネリゴマが合わせられ(マップより参照)、
非常にまろやかながら味はしっかり。
ピリ辛をもう少し抑えた辛さ加減です。
麺は中太の縮れ麺で、この麺は普通の感じ。
トータルでは、スープの味噌が利いていてまろやかながらクリーミーではなく、
私の好きな仕上がりの「坦々麺」になっています。
好きな人は、結構病み付きになるかも。美味しかったです。

「醤油ラーメン」には縮れ細麺が使われていて、
この辺りには気遣いというか拘りが感じられるのですが、
味は極めて普通のあっさり中華そばでした。

「食べ処 谷地/坦々麺」  750円   ◎
24031702

「食べ処 谷地/醤油ラーメン」  500円
24031703

2012年3月20日 (火)

「一代目 麺屋 与六」

平成24年3月20日(日、春分の日)
お店:「一代目 麺屋 与六」(北秋田市材木町)
食したラーメン:「みそ」(大)

久し振りに「福士そばや」さんの「中華そば」を食べに行こう、ということで北秋田市へ。
確か定休日は日曜日だけで、祝日も営業していたよなぁと思って向ったのですが、
お店の前には「日曜日」の隣に手書きで「祭日」と書かれた新しい貼り紙のついた札で、
定休日のお知らせが…。
ということで、一昨日行って家族内で評判の良かった
「一代目 麺屋 与六」へ行くことにしました。

今回は、「みそ」(大)をチョイスです。
配膳されてすぐ目についたのは、ネギの切り方が「与六中華」「しお」と違うこと。
輪切りではなく白髪ネギであったことです。
スープはピリ辛になっていて、これが美味い!
たぶん、基本はほかのメニューと同じで
煮干しや昆布などのダシにシジミを加えたスープなのでしょうが、
味噌の味も強いのでシジミの風味はほとんどしません。
でもこれが、ありがちになってしまいがちな味噌の味に変化を持たせ、
なんというかこう……落ち着いた仕上がりになっています。
わかりづらくてスミマセン。
飛びぬけて変わってはいないのですが、今までに食べたことのない味噌味でした
麺は他のメニューと同じ軽い縮れの細麺で、固めの茹であがり。
細めなのですがスープが絡み過ぎず、しっかり麺を味わうことが出来ます。
白髪ネギがさっぱり感を醸し出して活かされていますし、
チャーシューも柔らかく味しっかりで旨い。
またまた美味しいラーメンをいただくことが出来ました。御馳走様です。

「一代目 麺屋 与六/みそ(大)」  800円   ◎
240320

2012年3月19日 (月)

「らぁめん 麺一徹」

昨日北秋田市方面に車を走らせたところ、
以前「拉麺工房」さん(大館市川口)だった所が、
元氣屋グループの「らぁめん 麺一徹」に代わっていました。
2週間前にお店の前を通った時に改装業者が入っていましたが、
それより前から「拉麺工房」さんが閉店することも、
新たに別のラーメン屋さんが入ることも知っていました。
でも名前はわからなかったんですよねぇ。
二ツ井町の国道7号線沿い、道の駅から少し大館方面寄りに
「らぁめん 麺一徹」がありますが、
そちらが「二ツ井店」こちらが「大館店」ということになるんでしょうか。
機会がありましたら、寄ってみてリサーチしてみようと思います。

2012年3月18日 (日)

「一代目 麺屋 与六」

平成24年3月18日(日)
お店:「一代目 麺屋 与六」(北秋田市材木町)
食したラーメン:「与六中華」(大)

先週は、外食をしたもののラーメンを食べる機会がなく、久々のレポとなります。
本日、よく行く所とは違うお店であっさり系のラーメンを食べようということで、
北秋田市のこちらのお店へ。
お品書きが新しくなっていて、さらに期間限定メニューだった「みそ」が通常メニューとなり、
「しお」もメニューに加わっていました。
24031801

前回は「チャーシューめん(中)」をいただきましたが、
(中)は麺の量が普通ということだったらしく量的に少し物足りなかったので、
今回は(大)をオーダーです。
煮干しや昆布などのダシにシジミ(青森県産とのこと)を加えたスープは、
シジミの風味がふんわりする、クセが少なくあっさりすっきりで上品な味わい。
麺は軽い縮れの細麺で、固めの茹であがりといい私好みの出来上がり。
麺との相性も良く細めだからといってスープが絡み過ぎず、程よい感じがgoodです。
あっさりしていますが、奥深い味わいの美味しいラーメンをいただくことができました。
満足の一杯です。

「しお」も少し食べてみましたが、こちらには鶏ガラが合わせられているのかな?
表面に脂が浮き、いかにも「塩」という感じではない微妙な塩加減のスープが
なかなか美味しかったですよ。

「一代目 麺屋 与六/与六中華(大)」  700円   ◎
24031802

「一代目 麺屋 与六/しお(中)」  650円
24031803

2012年3月 5日 (月)

「蕎麦ギャラリー SAY」

平成24年3月4日(日)
お店:「蕎麦ギャラリー SAY」(秋田市茨島2丁目)
食したラーメン:「蕎麦屋のラーメン」

前夜にかなり食べ過ぎ、お腹は空いたけどあまり負担をかけたくない…
と思っていた時に思いついたのがこちらのお店。
手打ちの蕎麦屋さんながらラーメンがあることも知っていましたので、
行ってみることにしました。
240304say01

ラーメンのメニューはただ一つ「蕎麦屋のラーメン」のみです。
「番外めにゅー」となっていました。
240304say02

程なく配膳されたラーメンは、見た目からしてあっさりしているのが分かりとてもシンプル。
「おろしそば」に使われているという、大根のしぼり汁とかえしを使ったスープは、
鰹ダシで表面に脂分は全くなく、もちろんあっさり優しい仕上がりです。
黒胡椒が少しかけられているので、
「そば」に使われてるスープながら「中華そば」の雰囲気を醸し出しています。
かしわ(鶏肉)のチャーシューも、脂分が少なく柔らかでした。
中太のストレート麺で、しょうがないのかも知れませんが
特徴のない既製品っぽい感じだったのがちょっと残念。
スープが美味しいだけに、麺にもう一工夫ほしい気がします。
(本当は蕎麦屋さんなのに、文句言ってスミマセン)

普段なら量も少なめに感じたかもしれませんが、この日はちょうどよく、
お腹に優しい美味しいラーメンをいただくことが出来ました。

「蕎麦ギャラリー SAY/蕎麦屋のラーメン」  600円   ○
240304say03

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »