2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

「錦本店」

平成23年11月26日(土)
お店:「錦本店」(大館市釈迦内)
食したラーメン:「こってり塩」(大盛)

秋田市の「らーめん錦 秋田分店」では、
昨日25日(金)から明日27日(日)まで「どんぶりin秋田2011」の凱旋お披露目が行われています。
「錦本店」さんで行われた事前・凱旋お披露目のいずれも所用により食べ損ねた私は、
だからというわけではないのですが、本日こちらのお店に行って来ました。

12時過ぎに行ったのですが、昨年の東京ラーメンショーで披露された
チャーシューを使った醤油味限定の「トロ肉チャーシュー」(750円)は、すでに売り切れ。
ということで、今回も私個人の定番「こってり塩」(大盛)をいただきました。
いつもと同じように美味しく、満足の一杯でした。

「錦本店/こってり塩(大盛)」  650円   ◎
23112601

さらに今回、「東京ラーメンショー2011」で披露されました、
期間限定「比内地鶏餃子」(5個入り)もいただきました。
味の違いについては、スミマセン、よくわからなかったのですが、
下味しっかりで美味しく、わりと弾力のある餡になっていました。
お値段は、いつものが250円ですが、こちらは300円となっています。

「錦本店/比内地鶏餃子」(1個食べかけで失礼します)
23112602

2011年11月24日 (木)

カップ麺「味噌納豆らー麺」その2

発売から3週間余り、サークルKサンクスに行ったところ1コーナーを占めて置かれた、
秋田成ト会さん監修のこのカップ麺「味噌納豆らー麺」。
別のものを買いに寄ったのですが、
目にすると「やっぱり食べなければならない!」という変な義務感に駆られ、買ってきました。
そしていただきました。
1461

実在のお店のラーメンを再現する形で造られたものではないので、カップ麺としての感想です。
スープは鶏ガラベースで、少し脂多め、思ったよりピリ辛の仕上がり。
納豆入りなので少しとろみがあります。
「錦」さんの味噌ラーメンのスープを彷彿とさせ、焦がした感じのない味わいという印象です。
スープの味はいい感じなのですが、もう少し辛さ抑えめの方が私は好きです。
納豆は嫌いではないので、特に問題なしでした。
麺は、「氷結乾燥ノンフライ麺」の太めの平打ち麺。最初はコシがあったのですが、
食べているうちにどんどんそのコシがなくなってしまいました。
スープの絡み具合も今一つかなぁ。
カップ麺なのでしょうがないのですが、具は少ないのでやっぱり寂しい感じがします。
納豆・ネギ・もやし、そしてキャベツが入っていました。

カップ麺として「これはありかな」と思いますが、
基本的に私は200円以上するカップ麺は食べないので、
298円という値段を考えるとちょっと「?」です。
地域限定商品なので、その費用対効果からすればやむを得ないかもしれませんが、
もう一工夫するか、あるいは納豆を入れずに
「ネギ味噌」という形でも良かったのではないかな、と思うのでした。

「秋田成ト会監修/味噌納豆らー麺」   298円
147_21

2011年11月22日 (火)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

平成23年11月22日(火)
お店:「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」(大館市片山町1丁目)
食したラーメン:「らーめん 塩」「らーめん みそ」

待望の一日です。9月以来、2か月振りに行って来ました。
まずは「らーめん 塩」を。鶏ガラのスープは優しい味わいで、程よい塩梅の塩加減。
一番麺の美味しさを感じることができますし、ネギの美味しさも引き立ちます。
「中華そば」には入っていないゴマの風味も良いですね。美味しい~~。

「佐藤中華そば楼/らーめん 塩」  650円   ◎
23112201_2

続いて2杯目は、もちろん「らーめん みそ」。
鶏ガラで生姜のきいた爽やかな酸味のスープは、いつも通り秀逸の仕上がり。
そして、このスープにはやはりこの麺ですよね。
スープに負けない風味豊かな麺は、
味わい・歯ごたえ・喉ごしも含めて麺の旨さを伝えてくれます。
肉と脂の旨みがわかる柔らかチャーシューもいいですねぇ。
揺るぎない私のNo.1のラーメン、美味しかったぁ。今日も大満足です。
ごちそうさまでした。

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ」  750円   ☆
23112202

午後0時半前でしたが、ぞくぞくお客さんが来ていました。
席はすべて埋まり、待っている人もいました。
この時間帯にあまり来たことがなかったのですが、
初めての光景でビックリしつつ嬉しくもありました。
二ツ井にお店があった時、土日は開店前から外に10人以上の人が並び、
ピーク時は30人余りの行列(私が見た中の最長)ができていたことが懐かしいです。

帰る時に、気になっていたことを奥さんに聞いてみました。
「秋田成ト会」さんへの加入のことを。
「これからのことを考えて…」というお答えでした。
自分の方から、加入を申し出られたそうです。
忙しそうでしたので、これ以上聞くことはできませんでした。
これまで雑誌等への露出をほとんどしていなかったので、
加入自体も大きな驚きでしたが、さらに意外な答えでした。
「これからのこと」がものすごく気になるのですが、
前向きなものと捉えて今後の展開に期待したいと思います。

2011年11月21日 (月)

「宝介」大館清水店

今から約2年半前に開店した「宝介 大館清水店」。
一週間ほど前に気づいたのですが、
いつの間にか「お箸で切れる柔らかトンカツ」のお店『かつ虎』に変わっていました。
お店の看板メニュー「ニラ南蛮らーめん」が、以前能代や秋田市で食べた味と違っていて、
薄いというか深みのないというか物足りない印象が残ってしまい、
2度ほどしか行ったことがありませんでした。
カツ屋さんもいいのですが、私個人としてはラーメン屋さんに代わって欲しかった…。
1441

大館の街中にはしばらく前にも「宝介」があって、そのお店が「元氣屋」に代わり、
これとは別に大館清水店が再度開店、そして閉店するという経緯にあります。
大館市曲田には、ずーっと前から「宝介 大館店」がありますよね。
市街地から離れたところにありますが、長い間続いているところを見ると、
本当の「宝介」の味を維持しているんでしょう。
まだ大館に来てから入ったことはありませんが、なんか無性に行きたくなりました。
以前食べた美味しい「ニラ南蛮らーめん」「味噌とんこつ」、また食べてみたいです。
「とんから」トッピングでね。

(開店当初の「宝介 大館清水店」)
1451

2011年11月20日 (日)

「孝百」

平成23年11月20日(日)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「豚こつ」(大)

前回の記事以降何回か行っていましたが、
「元祖醤油」ばかり食べていたのでしばらく見送っていました。
今日は久し振りに別のものを食べたい衝動に駆られ、
「豚こつ」を大盛でいただくことにしました。
「麺固め」で注文するのは、忘れちゃいましたが…。

スープはもちろん煮干しメインですが、
とんこつで白濁のスープは少しとろみがかっていて、
濃厚ですがそれほどコッテリした感じはなし。
クリーミーさよりも醤油と煮干の味わいが強く、
とんこつとしては私好みのバランスになっていました。
薄切りのレモンが一枚トッピングされていて、
さっぱり感を醸し出しその酸味も私はいいと思います。
麺は「元祖醤油」より細い、中太ストレート麺です。
スープが麺によく絡みますが、ギトギトした感じはなく食べやすかったですね。
トッピングはメンマ・ネギではなく、
海苔とかいわれ大根、チャーシューは「元祖醤油」と同じ豚バラ肉のものが5枚です。
このチャーシュー、好きです。

以前(といっても1年半以上前ですが)食べた時は、
けっこうコッテリした感じがあってそれ以降なんとなく遠ざかっていましたが、
今回はとても美味しくいただくことができました。
レモンが加えられていたり、チャーシューが豚バラ肉に変わっていたり、
私の好きな感じに変わっていたのが嬉しかったです。
また、是非いただきたいと思います。

「孝百/豚こつ(大)」  790円   ◎
231120

2011年11月19日 (土)

ラーメンWalker秋田

今日コンビニに行ったところ
「ラーメンWalker秋田2012」が売っていましたので、思わず買ってしまいました。
ラーメン店84店のほか、2011年の新店や焼き肉屋さん・居酒屋さん11店、
チャンポンの有名なお店4店、道の駅のラーメン7店、
そして必食絶対の五麺者(ゴメンジャー)として5店など、
様々な特集が組まれて紹介されています。クーポンも58軒分付いていますよ。
去年発売の「ラーメンWalker秋田2011」も買っていました。

人口の構成上、どうしても秋田市内のお店が多く約4割を占めていて、
横手市10店以外、地方の店は4~7店しか載っていないため、
採り上げられるお店にあまり変化はないです。
がしかし、少しでも変わっていると気になって買ってしまうんですよねぇ。
実は、「絶品・至福の全県284店掲載」の
「MenColle(2011秋田麺コレクション)」も買ってしまっています。

なかなかラーメンのためだけに遠出するわけにも行かず、
雑誌で大館近辺以外のラーメン店を目で楽しませていただいています。

「ラーメンWalker秋田」2012&2011
1431

2011年11月16日 (水)

「どんぶりin秋田2011」その2

『東京ラーメンショー2011』に出品された「どんぶりin秋田2011」の
凱旋お披露目スケジュールが決定したようです。
11月23日(水) 大館市「錦本店」&秋田市「ラーメンタンポポ」
11月23日(水)~11月27日(日) 横手市「らーめん丈屋本店」
11月25日(金)~11月27日(日) 秋田市「らーめん錦秋田分店」
12月1日(木)~2月4日(日) 湯沢市「らーめん鈴弥」
以上のようになっています。

「大館で食べることが出来る!」と喜んだのも束の間、思い出しました。
……23日は用事があって、大館に朝からいないんです…。
わざわざ横手や湯沢には行けないし、ラーメンだけのために秋田市までも行けない…。
あぁ、今回は残念ながら食べることができないようです。
がっかり……、つくづく残念です。

2011年11月13日 (日)

「らぁめん元氣屋」大館店

平成23年11月12日(土)
「らぁめん元氣屋」大館店(大館市清水2丁目)
食したラーメン:「魚キング麺」

この日は、夜もラーメンをいただきました(*^^)v
お店の壁には気になるメニューが…。
さっそく、この「魚キング麺」をいただくことにしました。
一杯につき50円を東日本大震災の被災地へ寄付してくれるそうです。
23111201

スープは、鶏ガラ+魚ダシなのかな。
「魚だししょうゆ味」というわりに、
魚ダシがあまり感じられなかったのは気のせいなのでしょうか。
なんか特徴のない、漠然とした味に感じてしまいました。
麺は、若干平打ちの軽く縮れた中太麺。喉ごしも良く、麺に違和感はありません。
いかんせん、スープが私的に物足りない感じでしたので、
全体的にも物足りない印象が残ってしまいました。

被災地への寄付、よろしくお願いします。

「らぁめん元氣屋/魚キング麺」  680円   △
23111202

2011年11月12日 (土)

「麺屋 もと」

平成23年11月12日(土)
お店:「麺屋 もと」(能代市高塙)
食したラーメン:「塩(大)」+味付卵

能代の超有名店「十八番」インスパイアー系として、
言わずと知れた人気店「麺屋 もと」さんに久し振りに行って来ました。
23111201_2

これまで「醤油」と「味噌」をいただきましたので、
今日は「塩」に初挑戦。以前(中)で量的に物足りなかった記憶から(大)を注文、
味付卵(80円)をトッピングしました。

スープは、比内地鶏を使った鶏ガラと、
イワシ・トビウオ・サバなど10種類以上を合わせた魚介ダシのダブルスープ。
結構魚介ダシが強く、ダシの後から塩味が来る感じです。
最初は気になりましたが、食べてるうちに慣れてくるとこれがクセになるかも。
机の上にある「柚子胡椒」を入れると、塩味がさらに引き立って美味しくなりました。
麺は自家製の縮れ細麺で、スープが良く絡み相性はバッチリ。
県内産「桃豚」を使ったチャーシューは、柔らかく味もしっかり。
トッピングの味付卵は、黄身は固ゆでで白身のみに味が付いていました。

私は、途中からレモンを箸でつぶし少し酸味を感じながら食べるのが好きです。
さっぱり感もありますが、さらに違った味わいになっていいと思うんですよね。
さすが人気店、今日も美味しくいただくことが出来ました。

「麺屋 もと/塩(大)+味付卵」  780円   ○
23111202_2

2011年11月 8日 (火)

東京ラーメンショー2011 結果

富山県のテレビ局、北日本放送(KNB)のウェブサイトからの情報です。
「東京ラーメンショー2011」にて「富山ブラック」の「麺家いろは」さんが
3年連続の売上杯数1位を達成したとのことでした。
販売数14,585杯と大会最多記録を更新し、
2位に5,000杯以上の差をつけての3連覇だそうです。

う~ん、何とも残念な情報です。
『どんぶりin秋田2011』を引っさげて乗り込んだ秋田成ト会さんのブースが、
「初日に行列1位になった」ということで今年はいけるんじゃないかと思っていました。
しかしやはり「2年連続売上1位」という冠は大きくて、
「そのラーメンを1度は食べてみたい」という期待から
お客さんが流れたのではないかと思われます。
来年はまた「3年連続1位」という期待から、この傾向はさらに強くなるような気がします。
どこがこの流れを断ち切ることが出来るか、
それが秋田発のラーメンであることを期待したいと思います。
それにしても、去年も今年も行列1位(毎日ではないと思いますが…)なのに、
何故売上杯数は伸びないんでしょう?回転が悪いのかなあ…。
毎年1位は発表されるようですが、2位以下のランキングはわからないんですよね。
『どんぶりin秋田2011』は、果たして何杯売れて何位だったのでしょう?

それはそうと、「錦本店」さんでの再度のお披露目、期待しています。

2011年11月 5日 (土)

「れすとらん 比内どり」

平成23年10月30日(日)
お店:「れすとらん 比内どり」(大館市比内町扇田)
    道の駅「ひない」構内
食したラーメン:「比内地鶏ラーメン」

昨日も書きましたが、
本当は「錦本店」さんで「どんぶりin秋田2011」を食べたかったのですが…。
客人を30分以上行列に並ばせるわけにもいかず、
何か変わったお土産物がないかと比内方面に来たついでに、こちらのお店に寄りました。
23103001

メニューは、地元の比内地鶏を使ったものやきりたんぽなどの郷土料理が主です。
やはり「比内地鶏親子丼」が一番人気のようですが、私は当然「比内地鶏ラーメン」です。
値段は950円とちょっと」お高めですが…。

ほどなく配膳されたラーメンは、思った以上に表面の脂が少なめでした。
スープは、いわゆる本場きりたんぽ鍋の鶏脂ギトギトという感じでは全くなく、
鶏ダシが香る上品な味わい。
醤油味で、若干甘めの仕上がりになっています。
麺は縮れの細麺で、しつこくない脂とともにスープが良くからみます。
鶏のチャーシューにそれ程の感動はなかったのですが、
鶏のいいところが出ている美味しいラーメンでした。

普通の「ラーメン」(600円)もあるのですが、基本的なスープと麺に違いはなさそうです。
「ラーメン」にはワカメがのっているので、少し海鮮風のにおいがすること、
「比内地鶏ラーメン」には(たぶん比内地鶏の)ゆで卵半分と比内地鶏のチャーシューが
トッピングされていることが大きな違いでしょうか。
このスープにワカメは?でしたので、
やはりラーメンなら「比内地鶏ラーメン」を食べるべきと思います。

席:4~6人掛けテーブル10台くらい、小上がりテーブル2卓
駐車場:店舗前に20台くらい、他にもあり

「れすとらん比内どり/比内地鶏ラーメン」  950円   ○
23103002

2011年11月 4日 (金)

「どんぶりin秋田2011」

ただ今、東京の駒沢オリンピック公園では『東京ラーメンショー2011』の真っ只中です。
このイベントに、昨年に引き続き「らーめん錦」さんが副会長を務める「秋田成ト会」さんが、
会長の「ラーメン丈屋」さんとのコラボラーメンで乗り込んでいます。
初日は、行列1位だったようですね。
その出品ラーメン「どんぶりin秋田2011」のお披露目が、
先週10/29(土)30(日)の2日間、「錦本店」さん限定で行われました。
午前11時から、1日限定200食でした。

が、残念ながら私、来客があったため2日間ともスケジュールが自由にならず、
食べることができませんでした…。
本当に残念。
昨年は『ラーメンショー』の後にお披露目されたので、
今年もイベントの後にもう一度お披露目してくれることを願ってやみません。
どうか、お願いします。

1171

2011年11月 3日 (木)

「一代目 麺屋 与六」

平成23年11月3日(木、文化の日)
お店:「一代目 麺屋 与六」(北秋田市材木町)
食したラーメン:「チャーシューめん」(中)

パソコンの接続の不具合は、なんとか直しました。
意外に早く復旧することが出来て、安堵しています。

こちらのお店は、鷹巣駅からまっすぐのびた商店アーケード街の一角にあります。
今年初めに開店とのこと、「しじみ」を使った魚介スープが売りとのことで、
満を持しての訪問です。
23110301

メニューが豊富で、「中華」や「つけめん」の他にギョーザや丼物、
お酒&おつまみの提供もしてくれます。
お酒は一人一杯、時間制限ありのようです。
今回は「チャーシューめん」の「中」を注文しました。
23110302

まずはスープから。
あっさりすっきりの醤油味魚介スープで、シジミの風味がほんわかします。
後から来る感じですね。
麺は縮れ細麺を使用、気持ち固め好きの私にはちょうど良い茹であがりで、
スープが良くからみます。
「中」なのですが、ボリューム的には少なめかな。
普段「大盛」を食べている人には、物足りないかもしれません。
チャーシューは、柔らかく味しっかりで美味しいです。
「チャーシューめん」にして正解でしたね。
「しじみ」の風味が、もしかしたら好き嫌いを分けるかもしれませんが、私は好きです。
美味しくいただくことが出来ました。

スープは、+50円で「こってり」や「濃い目」にすることが出来ます。
「大」を頼むと替え玉をサービスしてくれますが、これを何人かで分けることは不可のようです。
また、学割サービスがあったり、小上がり利用は3人以上で子供連れが優先、
食べ終わったら5分で席をお立ちいただきたいとのことです。
(店舗の壁に貼り紙がしてありました)

席:カウンター10席、小上がりテーブル4人掛け×3卓
駐車場:15台(店舗裏)

「麺屋 与六/チャーシューめん(中)」  700円   ◎
23110303

2011年11月 2日 (水)

PC障害中

先週から、パソコンの調子が悪くて、接続できない状態が続いています。
ある日突然、つながらなくなりました…
今は、携帯電話からの書き込みです。
原因もわからず、なかなか復旧作業にも入れないため、
しばし更新が滞ると思われますので、とりあえずお知らせします。

しばらくお待ちくださいね。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »