2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月24日 (月)

「らーめん錦 秋田分店」

平成23年10月23日(日)
お店:「らーめん錦 秋田分店」(秋田市川尻若葉町)
食したラーメン:「トロ玉醤油らーめん」(大盛)

23102101

いつか行きたいと思っていたのですが、
なかなか行くことが出来なかったこちらのお店にやっと行って来ました。
大館の「錦本店」さん系列でありながら、
独自の「濃熟鶏白湯スープ」を使う「らーめん錦 秋田分店」です。

23102102

「錦本店」さんで最近の私の好みは「こってり塩」なのですが、
ここはやっぱり「トロ玉醤油らーめん」なのでしょう。
大盛でいただくことにしました。

鶏白湯スープとは、鶏ガラを高温で長時間煮込んで炊き出したスープなので、
いわゆる(白濁の)とんこつスープの鶏ガラ版みたいなもの。
そのためスープは白濁していて、とんこつよりもこってり感の少ないクリーミーな仕上がりです。
焦がしたネギも入っているので、香ばしさもあり。
「濃熟」というだけあってかなりなクリーミー加減でしたので、
私的にはもっと醤油の味がしっかりした方が好きかな。
麺は、お馴染みの北海道産小麦「春よ恋」を使った自家製ストレート細麺。
好きな麺ですし、スープも鶏の旨みがしっかり出ているので美味しかったです。
流石!という旨さでした。

席:カウンター13~14席、テーブル4人掛け×3卓
駐車場:15台くらい

「らーめん錦 秋田分店/トロ玉醤油らーめん(大盛)」  800円   ○
23102103

2011年10月23日 (日)

「らぁめん 麺一徹」

平成23年10月22日(土)
お店:「らぁめん 麺一徹」(能代市二ツ井町小繁)
食したラーメン:「函館塩らぁめん」

秋田市へ向かう途中、以前いただいた時に美味しかった「函館塩らぁめん」が食べたくなり、
こちらのお店に寄りました。

スープを一口飲んで…「?」。なんか、前と違う感じ…。
以前食べた時は、
こちらのお店がまだ「んだばっ亭」だった頃の「だししょうゆらぁめん」のスープに似た、
比内地鶏の鶏ガラをベースに魚介の風味が加えられたスープのように感じたのですが、
今回は違った気がします。
見た目も白く透き通っていたのが少し黄色っぽく感じましたし、
魚介の風味がほとんどなくて甘みも増しているような…。
麺も以前はほとんどストレートに近くて、
わりと歯ごたえのある白い細麺だったと思うのですが、
普通の少し黄色い軽い縮れ麺のようです。
以前が私好みの仕上がりだったの対して、
美味しいのですが好みとはちょっと違った感じで、少し残念。
味が変わったのか、私の舌が変わったのか、それとも好みが変わってきているのか…。

一緒にいただいた「ミニねぎチャーシューめし」は、
ミニなのに柔らかチャーシューもご飯も結構ボリュームがあって、
ピリ辛の仕上がり。美味しかったですよ。

「らぁめん 麺一徹/函館塩らぁめん」  600円   ○
23102101_2

「ミニねぎチャーシューめし」  200円
23102102_2

2011年10月21日 (金)

カップ麺「味噌納豆らー麺」

先日お知らせしました、秋田成ト会さん監修のカップ麺「味噌納豆らー麺」。
今日、サークルKサンクスに行ったら、チラシが置いてありました。
11月1日(火)発売で、価格は298円。
チラシの裏面が「ご予約承り書」になっています。
これまでの例からして『予約しなければ食べることが出来ない』ということは
ないと思いますがね。

味噌と納豆は、どちらも大豆を発酵させた食品という点で共通しているので、
相性は悪くないと思います。
実際、美味しい納豆ラーメンも食べたことがありますし・・・。
前にも書きましたが、果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか。
1161

2011年10月15日 (土)

「らーめん 江戸○」

平成23年10月15日(土)
お店:「江戸○(えどまる)」(大館市片町 ホテルクラウンパレス秋北内)
食したラーメン:「特盛」

大館市役所向かい、ホテルクラウンパレス秋北(旧秋北ホテル)1階のバスターミナル側に、
こちらのお店はあります。
麺メニューは1種類のみで、「ラーメン」とか「中華そば」という表示も特になく、
ボリュームの違いの「特盛」(麺2玉)、「中」(麺1.3玉)、
「小」(麺0.8か0.9玉)の3つとなっています。
あとは炒飯だけ。半炒飯付きの「らーめんセット」もありました。
そして入口と店内に『一つのラーメンで、三種の味わい、昔ながらの醤油ダシに、
秘伝の辛み、特製酢の味わい、』と書かれた看板が掲げられています。
23101501

子供と一緒だったので、子供に「小」は多過ぎると思い「特盛」をオーダー。
1.5玉分を自分、0.5玉分を子供、という具合に一杯を分けて食べることにしました。
店名に「江戸」とつくので、
秋田市にある「( )江戸」などの辛味ののった中華そばを想像していたのですが、
配膳されたラーメンには辛味はのってなかった。
テーブルにあるニラの入っていない辛味で、自分で調整しながら食べるとのことです。
「三種の味わい」とあるので、スープは豚骨・鶏ガラ・魚介系からのものなのかな?
どれも特に大きく主張せず、醤油ダレも江戸系に比べるとそれほど濃くなくて、
全体的に無難な仕上がり。
昔ながらのオーソドックスな中華そばですね。定番の美味しさです。
子供に分ける関係上辛味を入れることはできませんでしたが、途中から酢を投入。
味が締まって醤油の旨みも感じられて、一層美味しくなります。
きっと辛味を入れると、味に変化があってもっといい具合になるんでしょうね。

定休日は日曜日で、11:00~14:00のお昼のみの営業となっております。

席:カウンター8席くらい、テーブル席4人掛け3卓
駐車場:ホテル駐車場利用可 台数不明
            有料駐車場利用の際は、1時間無料券がもらえます

「らーめん 江戸○/特盛」  750円   ○
23101502

2011年10月10日 (月)

「孝百」

平成23年10月10日(月)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「元祖醤油」(大盛、麺固め)

今日もまた、こちらのお店に行って来ました。
あの、豚バラ肉の脂身の旨い柔らかチャーシューが食べたくて、
「元祖醤油」の大盛をいつも通り麺固めで注文です。
醤油ダレを投入し自分の好みに味を調え、途中から酢を加えるという
これまたといつもと同じパターンで、美味しくいただいてきました。

「孝百/元祖醤油(大盛、麺固め)」  670円   ◎
231010

今日は、ちょっとした特集をしてみたいと思います。
ビジュアルの違いが分かりやすいよう、これまでの写真を並べてみました。

先週いただいた「孝百/手打ち中華(大盛、麺固め)」
231001

「孝百/とんこつ醤油(大)」  
148_2

「孝百/煮干しそば(大)」 
149

「孝百/つけ麺(大)」
23061101

ただいまお休み中「孝百/魚だし醤油(麺固め)」
150

今はメニューにない「孝百/濃厚魚だし(大)」 
151

先週「手打ち中華」に変わった「孝百/中華そば(大)」 
152

写真はだいぶ前のものもあるため、
現在の見た目と違うことがあるかもしれませんので、その点につきましてご了承ください。

2011年10月 8日 (土)

「拉麺 桜木屋」

平成23年10月8日(土)
お店:「拉麺 桜木屋」(大館市山館)
食したラーメン:「中華そば」(大盛)

ここ2回「にらそば」「ネギ味噌拉麺」を食べていましたので、
今日はまたまた「中華そば」を大盛でいただいてきました。
すべてのメニューが間違いなく美味しいのですが、
やっぱり私はこの「中華そば」が一番好きです。
いつも極上のラーメンをありがとうございます。ごちそう様でした。

「拉麺 桜木屋/中華そば(大盛)」  550円   ◎◎
231008

2011年10月 6日 (木)

東京ラーメンショー2011

11月2日(水)~6日(日)までの5日間、今年も『東京ラーメンショー2011』が開催されます。
場所は、東京の駒沢オリンピック公園中央広場です。
もうすでに出店情報が発表されていて、全28ブース、
そのうち23ブースからコラボラーメンが提供されるようです。
もともとお店で提供しているラーメンの食べ比べというよりは、
このイベントのために「いかに美味しくてうけるラーメンを提供するか」という趣旨なのかな?
2009年、2010年と2年連続東京ラーメンショー提供杯数1位のお店
「富山ブラック 麺家いろは」も、もろん出店します。こちらは単独店での出店。
さすが、自信ありってとこでしょうか。

秋田県からは昨年同様「秋田成ト会」さんが出店し、
成ト会会長の「ラーメン丈屋」さんと
成ト会副会長の「らーめん錦」さんのコラボラーメンで参戦するようです。
果たしてどのようなラーメンで参戦するのか、
そしてそのラーメンをいつ食べることができるのか、今から楽しみなのでした。

東京ラーメンショーHP
http://www.ramenshow.com/index.html

それともう一つ。「秋田成ト会」さんのHPで発表されていましたが、
秋田成ト会さん監修のカップ麺「味噌納豆らー麺」がサークルKサンクスから発売されます。
11月1日(火)から発売開始で、一個298円。
これまでも秋田県内のお店では、
「錦」さん、「八屋」さん、「末廣ラーメン本舗」さんのカップ麺が発売されて来ましたが、
こちらはどんな仕上がりになるのでしょうね。

秋田成ト会HP
http://naruto.akitalink.com/index.html

2011年10月 1日 (土)

「孝百」

平成23年10月1日(土)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「手打ち中華」(大盛、麺固め)

昨日の新聞に載っていましたが、今日から「中華そば」が「手打ち中華」となり、
一日限定15食で提供されるとのこと。
だからというわけではないのですが、本日行って参りました。

行ったからには、新しいものを食べてみたくなります。
ということで「手打ち中華」を大盛、麺固めで注文しました。
煮干しベースのスープは「元祖醤油」より煮干しが強く、
「魚だし醤油」との中間くらいの感じ。豚骨の脂分が少し加わり、
以前食べた「中華そば」にあった酸味のようなものがないような気がします。
あっさりした中に程よいコクがさらにプラスされて、
お互いに良さを消さないバランスの良い仕上がり。美味しいです。
麺も、他とは違って縮れている太麺で手打ち感あり、もちもち感ももちろんあり。
メンマも柔らかくて、味しっかり。チャーシューは「とんこつ醤油」と同じモモ肉のようです。
チャーシューだけは、
「元祖醤油」に使われているジューシーで柔らかいバラ肉の方が好きだなぁ。
でも十分美味しくて、私の好きな仕上がりになっています。
途中でいつものように段階的に酢を投入し、少し味を変えて楽しみました。
ごちそう様です。

「魚だし醤油」は、まだお休みでした。

「孝百/手打ち中華(大盛、麺固め)」  750円   ◎
231001_2

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »