2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

「安好る」

閉店したのは知っていましたが、
自分の目で確認したかったのとその後が気になり、お店の前に行ってみました。
やはり(当たり前ですが)閉まっていましたね…。
昨年12月26日をもって閉店と相成ったようです。
230327

当ブログでも、2度ほどレポさせていただいています。
http://gamma-men.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-87df.html
http://gamma-men.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-87df.html
(以前の画像より)
154

今更ではありますが、長い間本当にお疲れ様でした。
そして、美味しいラーメンをありがとうございました。

2011年3月27日 (日)

「孝百」

平成23年3月27日(日)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「魚だし醤油」(麺固め)

このところ「元祖醤油」が続いていましたので、
今日は久し振りに「魚だし醤油」をいただいてみました。
煮干しの苦みも十分感じますが、このくらいなら許容範囲。
「元祖醤油」では必ず投入する醤油ダレも、
こちらには入れる必要のない味加減です。
いつもと変わりなく、美味しくいただくことが出来ました。

変わったのはお値段。
「元祖醤油」(並)が550円→570円に、
「魚だし醤油」の大盛が以前は700円でしたので
並は600円だったと思われるのですが、
これが→670円に値上げされていました。
そう言えば、地震直後にお店の前を通った時に
「器具の故障」とのことで営業していなかったので、
修理or入替えのため値上げになったのかな?
それとも小麦も高騰してきているようですし、
震災の影響もあって材料の調達が難しくなっているのかな?
いずれにせよ値上げは残念なのですが、麺や素材を変えて味が落ちるよりは、
少し高くなっても今までの味を変わらず楽しみたいと個人的には思います。

「孝百/魚だし醤油(麺固め)」  670円   ◎
230327_2

2011年3月21日 (月)

「麺屋 うるとら」

平成23年3月21日(月、春分の日)
お店:「麺屋 うるとら」(北秋田市綴子)
食したラーメン:「ネギ醤油ラーメン」(こってり、大盛)

ガソリンがもったいなくてあまり車で出かけたくないのですが、
旧鷹巣方面に用事があり、その帰りこちらのお店に寄ってきました。

お品書き
23032103

以前にいただいた「醤油ラーメン」が美味しかったので、
今回は「ネギ醤油ラーメン」の大盛を、
背脂を加えた「こってり」でいただくことにしました。
トンコツ+鶏ガラにさらに魚介や野菜を加えて煮出したというスープは、
濃厚ながらクセがなく、背脂を加えてもギトギトした感じはありません。
醤油ダレとスープのバランスも良く、醤油の味がしっかり出ています。
今日気になったのは、麺。
北海道産小麦「春よ恋」を使った自家製のストレート細麺は、
私好みのはずなのですが、今日はゆで過ぎなのか柔らかくて、
コシがなくモチモチし過ぎていました。
スープが美味しかっただけに、ちょっと残念でしたね。

いつもながら、大盛+50円はありがたいです。
つけ麺も美味しそうでしたので、次回いただいてみようかな。

席:カウンター10席くらい、小上がり6人掛けテーブル3卓
駐車場:20台くらい

「麺屋 うるとら/ネギ醤油ラーメン(こってり、大盛)」  750円   ○
23032101

23032102

2011年3月20日 (日)

「中国料理 雪梅」

平成23年3月20日(日)
お店:中国料理「雪梅(しゅうめい)」(秋田市外旭川)
食したラーメン:「蝦仁雲呑麺」(海老とワンタン入りラーメン)

我が家族の中では、中華料理といえばこちらのお店なんです。
約2年半ぶりに行って来ました。

お品書き
23032002

炒飯がとても美味しいのですが、やはり麺が食べたくて
「蝦仁雲呑麺(海老とワンタン入りラーメン)」を食べることにしました。
スープは、中国のラーメンでは定番といえる鶏ガラの上湯スープで、味はもちろん塩味。
野菜たっぷりで少しとろみのあるスープの下には、中細の縮れ麺が隠れています。
いつも思うのですが、麺だけは既製品ぽくて今一つなんですよね。
スープも海老もとても美味しかったのですが、今回のヒットはなんといってもワンタン。
自家製と思われるワンタンに包まれたひき肉のあんが、
塩加減がそれこそとてもいい「塩梅」で、肉の旨みをたっぷり味わうことが出来ます。
スープとの相性もバッチリだったので、余計に麺の残念さが惜しまれるところなのでした。

席:4人掛けテーブル2台、小上がり結構広め
駐車場:8台くらい

「雪梅/蝦仁雲呑麺」  800円   ○
23032001

2011年3月19日 (土)

「まごころ「愛」居食庵 秋田美人」

平成23年3月19日(土)
お店:「まごころ「愛」居食庵 秋田美人」
    (秋田市東通仲町 秋田駅東口『ALVE』2階)
食したラーメン:「ごま正油らーめん」(温、大盛)

この3連休はお彼岸でもあり、このたびの大震災でガソリンが貴重ということもあって、
お墓参りのため大館から電車で秋田市入り。
お昼頃到着したので、秋田駅隣接の『ALVE』2階にありますこちらのお店に寄りました。
つけ麺も美味しそうで迷いましたが、まずは基本のラーメンから。
ラーメンには「温」と「冷」があり、
さらに温かいらーめんは「ごま正油」「ごまみそ」「ごま塩」から選ぶことができます。
23031903

ということは、「冷やしらーめん」の場合は味が決まっているのかな?
それとも味は3種類あるけど、「ごま」が入っていないのかな?
細かいけど、ちょっと気になるところです。

で、私は温かい「ごま正油らーめん」を大盛でいただくことにしました。
鶏ガラベースのスープは、
あっさりながら鶏脂のコクとすりごまの香ばしさが程よくマッチし、
2重の旨みが食欲をかき立てます。添えられた挽き肉のあんを少しずつ混ぜると、
これがピリ辛の味付けで、さらに食欲に勢いをつけてくれます。
麺は中細の縮れ麺で、これは普通。
箸で持つと崩れてしまうほど柔らかいチャーシューは、
味付けもしっかりで美味しいですね。
麺にもう一工夫あればなおいいのですが、
スープが私好みの絶妙な旨さで、とても美味しくいただくことができました。

席:カウンター5~6席、4人掛けテーブル6~7台
     座敷あり 6人掛けテーブル2卓、子供用椅子あり
駐車場:公共駐車場利用(ALVE駐車場利用で割引券あり)

「秋田美人/ごま正油らーめん(温、大盛)」  780円   ◎
23031901

「秋田美人/ごまみそねぎらーめん(温)」  840円
23031902 

先日起こった「東北地方太平洋沖地震」による『東北関東大震災』。
目を覆うばかりの惨状と被害の大きさ、
まだまだ増加する被害者やその家族のことを思うと、言葉がありません。
いろいろ思うことはありますが、
このブログではこのことについてコメントするのは差し控えたいと思いますので、
ご容赦願います。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »