2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

「拉麺 桜木屋」

平成23年1月22日(土)
お店:「拉麺 桜木屋」(大館市山館)
食したラーメン:「中華そば チャーシュー増し」

今年初の訪問です。
かなり寒くて雪も舞っていましたが、やはり外まで並んで待っていました。

今日のオーダーも、私が今はまっている「中華そば」をチャーシュー増しで。
餃子と自作チャーシュー丼用のライスも注文したので、ボリュームは普通にしました。
いつもながら美味しかったですね~。
常時食べることができるラーメンとしては、
スープ・麺・トッピングすべてにおいてそれぞれをきちんと美味しく味わうことのできる、
今一番私好みのラーメンです。
言うことありません、ごちそうさまでした。

「拉麺 桜木屋/中華そば チャーシュー増し」  700円   ◎
23012201

23012202

今日行ったら、お品書きが変わっていました。
以前は「にらそば」だけ別になっていたのですが、
新しいのには「にらそば」も一緒になっていましたね。
そして、姉妹店の「拉麺にしき 花輪店」も、
「RAMEN桜野」と店名も新たにリニューアルしたようです。
こちらはまだ行ったことがないので、雪が無くなったあたりに行ってみようかな。
でも、「桜木屋」さんとメニューが同じだったら、わざわざ行かなくてもいいのかな?
情報収集して、検討してみます。

お品書き
23012203

お品書き裏面
23012204

2011年1月18日 (火)

「札幌らーめん 三楽(しゃらく)」

平成23年1月18日(火)
お店:「札幌らーめん 三楽(しゃらく)」(秋田駅ビル トピコ3F)
食したラーメン:「正油ラーメン」

今日は秋田市へ出張。
午後からの業務でしたが、昨日と今朝の雪の積もり具合を見て早めに出発。
8時過ぎ大館発の快速電車(接続電車の遅れで5分くらい遅れて発車)に乗りましたが、
意外に順調に進んでしまい、10分弱遅れた程度で10時前には秋田駅に着いてしまいました。
冬の電車は、ホントに時間が読めない…

秋田駅周辺で時間をつぶし、’ではお昼にラーメンを’ということでこちらのお店に入りました。
ランチセットの「ラーメン+(半?)チャーハン」が680円でしたので、
ラーメンを「正油ラーメン」にしてランチをオーダー。
通常はラーメンのみでも700円ですので、とってもリーズナブルです。
23011802

「札幌ラーメンと言えば」という感じの、
野菜(もやし+玉ねぎ)をラードで軽く炒めた後に
一緒に少し煮込んだ(炒めた?)熱々のスープは、
豚骨と野菜がベースと思われ香ばしくて正油のコクが引き立っています。
正油の味自体は、もう少し濃い方が好きかな。
麺は中細の縮れ麺で、見た目・食感ともいかにも札幌ラーメンの定番という感じ。
西山製麺かな?スープとの相性もgoodです。
チャーシューは小さめながら肉厚で柔らかく、刻みネギも脂っぽさを和らげていていいですね。
久々に正統派の札幌ラーメンを食べた気がして、嬉しかったですねぇ。
札幌のすすきのなどにお店を構える「福来軒」を思い出しました。
スープにはニンニクがそれなりに入っていますので、食後人に合う場合は要注意かも…。

こちらのお店、トピコの同じ階にある「どん扇屋」と、
秋田駅前の以前中国料理「雲龍」があったところの「札幌ラーメン 扇屋」とは
姉妹店なんだそうです。

席:カウンター7~8席、4人掛けテーブル4台
駐車場:なし

「札幌らーめん 三楽/正油ラーメン」   700円(通常)  ○
23011801

2011年1月16日 (日)

「弁慶」

平成23年1月16日(日)
お店:「弁慶」(大館市大町 ハチ公小径内)
食したラーメン:「弁慶mixラーメン」

こちらは大館氏早口の国道7号線沿いに店舗を構え、朝6時から営業をしているお店です。
以前は三種町(旧琴丘町)鹿渡の7号線から少し入ったところにお店があり、
私も何度か看板を見かけたことがありました。
いつの間にか無くなったと思っていたら、旧田代町早口に移転してたんですね。
同じ名前だなぁと思っていたのですが、やはり同じ方がやっているお店でした。

ハチ公小径中町側より
23011604

昨年12月17日にグランドオープンした『ハチ公小径』(旧正札竹村旧館跡地)に
「一日店長のお店」というコーナーがあるのですが、
そこに「ワンディシェフのお店」の方々の依頼により出店をしているとのこと。
こちらにいる時は、早口のお店は休みなんだそうです。
早口の方は何となく入りづらかったのですが、今日はこちらで営業していましたので、
以前からとても気になっていたこともあって入ってみました。

23011602

オススメは「ホルモン味噌ラーメン」とのこと。
「弁慶mixラーメン」は何か聞いたところ、
「ホルモン味噌ラーメン」にチャーシューが3枚入っているということなので、
奮発して「弁慶mixラーメン」を注文しました。
麺を茹でるお湯は1回毎に取り換えて必ず新しいものを使い、
その水はアルカリイオン水を使っているそうです。
麺も材料の分量を指定し、
それを実現してくれた県南の業者さんに特注で造ってもらっているとのことでした。
拘っています。
ラーメンが出来上がるまで、
ホルモンを少しいただいたり64歳になるという店主さんといろいろ話をさせてもらい、
弥がうえにも期待は高まりました。

まずはスープ。
豚骨ベースのスープは少しピリ辛の仕上がりで、
味噌の粒が残って味噌の味もしっかり(よくスープを混ぜなければいけませんが)。
麺は特注の軽い縮れの平太麺ですが、
極端に平べったくはなく、少し角があってスープがよくからみます。
ホルモンは臭みがなく柔らかくて、ラーメンを食べるのに全く邪魔にならない仕上がり。
指を切らないように(店主談)と厚切りにしているチャーシューは、
それなりの歯ごたえはあるけど苦にならない柔らかさで味付けもいいですねぇ。
しっかり茹でられた味付け卵にもこだわりを感じます。
青海苔が少し磯の香りを醸し出していました。
他では類を見ない味噌ラーメンですね。
なかなか面白いラーメンで、美味しくいただくことができました。

「弁慶/弁慶mixラーメン」  ◎   900円
23011601

麺は3種類を使い分けているとのこと。
味噌味は平太麺で、正油は縮れ細麺、夏場提供の「やまかけラーメン(?)」には、
卵の入らない縮れ細麺を使うそうです。
使っている胡麻油を少しなめさせてもらいましたが、
風味はしっかりあるのに油っぽくなく食べやすかったですね。

この風味がスープの旨さを引き立ている気がします。次はやっぱり正油をいってみようかな。
ちなみに、この「一日店長のお店」での営業は、今月は今日で最後の予定とのことでした。

2011年1月15日 (土)

「孝百」

平成23年1月15日(土)
お店:「孝百」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「元祖醤油」(大、麺固め)

これまで何度も登場した「孝百」さんの「元祖醤油」。
改めて語ることは特にないので、今回は写真だけの掲載とさせていただきます。
スープ濃いめが好きな私は、テーブルの醤油ダレを加え、
いつも通り途中から酢を投入して食べました。
今日も美味しいラーメンをいただくことができました。
ごちそうさまです。

「孝百/元祖醤油(大、麺固め)」  650円   ◎
230115

2011年1月11日 (火)

「ラーメン山岡家」秋田仁井田店

平成23年1月10日(月)
お店:「ラーメン山岡家」秋田仁井田店(秋田市仁井田蕗見町)
食したラーメン:「醤油ネギラーメン」

2010年11月21日にオープンしました、札幌が本社のチェーン店です。
秋田には初出店になるようですね。
私が札幌に住んでいた時によく見かけたラーメン屋さんでしたので、
北海道が発祥と思っていたのですが、
実はもともと東京で弁当のFC店を開業したのが始まり。
その後業態転換をはかり茨城県牛久市にラーメン店を開店、
札幌市に出店したことを契機に札幌が本社の会社を設立し現在に至っているようです。
(当社HPより)。
ススキノに程近い南2条店(カウンター7~8席のみ)に何度か足を運んだことがありましたが、
お店の外まで豚骨のにおいがしていて、中は豚骨というか納豆臭かった印象があります。
普通に注文すると表面のラードが半端じゃなかったので、いつも脂少なめで頼んでいました。

懐かしさもあって行って来ました。お店入口にある2台の券売機では、
メニューのほか「スープの濃さ」「麺の固さ」「脂の量」をそれぞれ3段階で選ぶことができます。
当時も味噌より醤油味が好きでしたが、
今回も「醤油ネギラーメン」を”スープの濃さ普通・麺の固さ普通・脂少なめ”で注文しました。
23011002

まずはスープ。
豚骨をじっくり煮込んだスープをベースに醤油味もしっかりで、
脂の量も自分的にはちょうどいい感じです。
でも、札幌のお店に比べて豚骨臭さが抑えられ、
スープの濃さも普通にしては控え目な感じがします。
ロードサイドに店を構え、小上がりもありファミリー向けな造りになっていることもあってか、
全体的に上品な仕上がりになっている気がします。
麺は極太のストレート麺で、もちもちした食感がいいですね。
当時、このような太麺を初めて食べてビックリしたことを思い出しました。
チャーシューは角切りのものが3個入っています。
当時を懐かしむには少し物足りないところもありましたが、美味しくいただくことができました。
次に食べる機会があったら、スープ濃いめにしてみようと思ったのでした。

席:カウンター7席くらい、テーブル席5台くらい
  小上がり6人用2卓、4人用2卓くらい
駐車場:かなり広め、20台以上は留められそうです

「山岡家/醤油ネギラーメン(脂少なめ)」   690円   ○
23011001

秋田からの帰り、秋田自動車道で目の前を走っていたのが
「秋田成ト会」のロゴを背負った「ニシキフーズ」さんのワゴン車。
なんとなく、ちょっと嬉しかった…。(写真でわかるかなぁ?小さくてスミマセン)
230110

2011年1月 3日 (月)

「斎藤みそ家」

平成23年1月3日(月)
お店:「斎藤みそ家」(大館市片山町3丁目)
食したラーメン:「味噌とんこつらーめん」

昨年の3月以来、久し振りに行ってみました。お品書きがちょっと変わっていましたね。
醤油系のラーメンに惹かれながらも、
こちらのお店は味噌味が間違いなかったはずという記憶から、
当店人気No.1という「味噌とんこつらーめん」を注文しました。

お品書き(反射のため見にくくなってしまいました)
23010302

「醸造味噌と濃厚とんこつスープが最高の相性」(お品書きより)とのことですが、
とんこつより味噌の味が強めで、私好みの’味噌とんこつ’になっていました。
味噌の粒も残っていて味噌の味がしっかりわかります。
スープには背脂も入っていますが、
濃い味ながらもそれほど濃厚な感じはしなかったのが私的には良かったですね。
麺は、中太の縮れ麺となっています。
素直に美味しくいただくことができました。

P.S. 当初この記事では”「拉麺哲學斎藤みそ家」大館分店”と表記していましたが、
看板を見ると、どうやら「拉麺哲學」の部分が取れているようでしたので、
現在は修正しております。
実際どうなのかは、未確認です。

「斎藤みそ家/味噌とんこつらーめん」  630円   ○
23010301

2011年1月 2日 (日)

「和みディッシュ ぼ~の香」FC大館店

平成23年1月2日(日)
お店:「和みディッシュ ぼ~の香」FC大館店
    (大館市字大田面 イオンスーパーセンター大館店内)
食したラーメン:「海鮮あんかけらーめん」

イオンのグループ会社「㈱イオンイーハート」さんが経営するチェーン店です。
以前は中華の「バーミヤン」があった場所ですね。
総合専門レストランですので純粋にはラーメンがメインの店ではないのですが、
麺(ラーメン)をいただいたので今年の1杯目としたいと思います。

23010202

お店のお品書きより。「7種のたっぷり野菜と3種の海鮮。
比内地鶏ガラと道南産真昆布を使用したあっさり和風仕立ての醤油スープ。
「らーめんはスープ。スープは比内地鶏のガラと真昆布を、じっくり煮込んで仕上げました。
あっさりした中にも、しっかりコクのつまったスープです。」とのこと。
確かに鶏ガラしっかりの和風スープで、麺は中細の縮れ麺です。
普通に食べることのできるラーメンなのですが、
このお味とこのボリュームで790円はちょっと高いなぁ。
その他のメニューも割高な値段設定のように感じました。
いわゆるレストランのチェーン店なので、仕方ないのかも知れませんけども…。

ラーメンのメニューとしては、
他に「坦々麺」(790円)と「から揚げらーめん」(690円)がありました。

「ぼ~の香/海鮮あんかけらーめん」   △   790円
23010201

2011年1月 1日 (土)

2011年です。

年が明けまして、西暦2011年、平成23年となりました。

当ブログをご覧いただき、本当にありがとうございます。
昨年は、お陰様で秋田県内105杯、県外2杯、
計107杯のラーメンをいただくことができました。
それなりに制約のある身としては納得のいく杯数かな、と自分では思っています。
これからも、マイペースで、
そして出来る限り多くのお店のラーメンを食べてレポしていきたいと思っています。
今年の1杯目は、どこになるかな?

今年もよろしくお願いいたします。

追伸
昨年身内に不幸があったため、
新年を祝うご挨拶を差し控えておりますのでご容赦ください。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »