2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

とんこつラーメン専門店「麺心」

10月31日(日)
お店:とんこつラーメン専門店「麺心」(鹿角市十和田毛馬内)
食したラーメン:「とんこく中華」

「平和軒」からの帰り、まだお腹に余裕があったので、
とんこつラーメン専門店「麺心」に寄りました。
一日に昼・夜とラーメンを食べたことはありましたが、初のラーメン店のはしごです。

オーダーは、とんこつラーメンの専門店なのに多分それほど豚骨の多くない「とんこく中華」。
後から「とんこつ正油ラーメン」にすればよかったと、ちょっと後悔しました。
22103102

豚骨ベースで、生姜とわずかに魚介系の風味もありのスープは、
醤油味しっかり、表面の背脂でコクも十分。
ただ、残念なことにぬるかった…。
お客さんは次々来るのに、注文から厨房、会計をマスターが一人で切り盛りしていて、
(途中で一人ご飯を持って来たけど、ある程度手伝ったら帰ってしまった)
こちらが気を使うくらい大変そうだったので仕方ないかな。
でも…、熱いの食べたかったなぁ。
麺は、中太の縮れ麺で固めの茹であがり。
八幡平ポークを使ったチャーシューは、厚切り・柔らかで美味しかったです。
とんこつラーメンはどちらかというとあまり好みではない私ですが、
こちらのとんこつ系は食べてみたいと期待を持たせてくれるお味でした。

席:カウンター12席、4人掛けテーブル2台、座敷あり テーブル2卓
駐車場:10台くらい(もう少し多いかな)

「麺心/とんこく中華」  580円   ○
22103101

「平和軒」

10月31日(日)
お店:「平和軒」(鹿角市花輪)
食したラーメン:「ワンタン麺」

今日は一人で行動できる時間があったので、鹿角市方面へGO!
外まで並んでいる「拉麺にしき花輪店」を横目に、前から行きたかった「平和軒」に行って来ました。
昭和10年創業の昔ながらの食堂です。
22103104

22103102_2

お品書きでも『当店の逸品』となっている「ワンタン麺」を注文。
生姜のにおいがふんわりかおるスープは、
トンコツ・煮干し・昆布などをベースとしたあっさりの和風です。
醤油の味は決して濃くなくむしろ薄めなのですが、生姜の風味とからんで、
ダシの旨さが分かるしっかりとした味わいになっています。
自家製多加水で中細の軽い縮れ麺は、喉ごしもよく、
スープの味を消さない程度に麺もしっかり味わうことができます。
バランスがとってもいいですねぇ。
トッピングのワンタンは、こちらも自家製のようです。
中の餡はほとんど下味がついてなく、わずかにラー油の風味がする程度。
このスープと麺には、これぐらい控え目な味付けで十分のような気がします。
総体的にかなりあっさり目の作りですが、
それぞれの味がしっかりわかる深いラーメンになっています。
とっっても美味しかった。ごちそうさまです。

こちらのお店、食堂ですのでラーメン以外にもそば・うどん、丼物のメニューが豊富にあります。
また宴会も受け付けているようで、私がお店を出るころには、
お店の前に「本日貸切」という表示までありました。
シャッターが下りたお店の多い商店街の中で、
素朴ながら長年営業を続けているお店ですので、
これからも頑張ってもらいたいと思います。

席:カウンター3席、4人掛けテーブル4台、座敷あり(人数不明)
駐車場:確認できず

「平和軒/雲呑麺」  550円   ◎
22103101_3

22103103

2010年10月25日 (月)

「らぁめん元氣屋」鷹巣店

10月23日(土)
お店:「らぁめん元氣屋」鷹巣店(北秋田市綴子)
食したラーメン:「白みそらぁめん」

秋田市から帰る途中、寄って来ました。
大館店と能代店は行ったことがありますが、こちらは初めての入店です。
チェーン店ですのでメニューも同じでしたが、
その中で初の「白みそらぁめん」をいってみました。
22102302_2

豚骨ベースのスープはまろやかな仕上がりですが、白味噌の感じもしっかりあります。
あまりクリーミーになっていないところが、私的には良かったです。
もともと、赤味噌より白味噌が好きですし。
麺は、太めの縮れ麺を使用。
味噌味にはこちらの麺が合うと思われますが、
麺自体は醤油味に使われるストレートの細麺の方が好きですね。
好みとはちょっと違いますが、
「味噌ラーメン」として普通に美味しくいただくことができました。

今回から、「元気屋」ではなく正式な「元氣屋」と表記させていただくこととします。

「らぁめん元氣屋 鷹巣店/白みそらぁめん」  650円   ○
22102301

2010年10月23日 (土)

「仲江戸」

10月23日(土)
お店:「仲江戸」(秋田市御野場)
食したラーメン:「小ラーメン玉子」

麺が変わって以来あまり期待はしていないのですが、
なんとなく食べてみたくなって行って来ました。
「小ラーメン玉子」を注文(辛み別)。「小ラーメン」といっても「普通盛」のことです。
スープは、相変わらず私好みより薄めだったので、
テーブルの上にあるスープの素みたいなもので調整します。
今回別皿にしてもらった辛みを入れると、コクがでてきますね。
麺も変わってからそのままのようですが、
久し振りに食べたせいか以前ほどの嫌悪感はなかったです。
少し好みとは違うけど、ありかなっていう感覚でした。
濃い醤油味(しょっぱいという意味ではなく)の江戸系のラーメン、基本的には好きですしね。

半分くらい食べてから、スープに少しずつ酢を投入し、
辛みを足したりしながら味を変えていただいてきました。

「仲江戸/小ラーメン玉子」  550円   ○
221023

2010年10月22日 (金)

「支那そば 与力」

10月22日(金)
お店:「支那そば 与力」(秋田市新屋豊町)
食したラーメン:「支那そば」(大盛)

以前、午後2時頃お店の前を通った時はまだ開いていたのに、
車を置いて戻ってきたら閉店していて入れなかったことがあり、満を持しての訪問です。
「支那そば」を大盛で注文。スープを飲んで、…うん。
麺は中細の縮れ麺で、ずるずるっとすすって、うん。美味しかったですね。
長年営業し多くのリピーターを持つだけあって、
支那そばの定番中の定番ともいえる味わいですね。
『オーソドックス』という言葉がぴったりの、そんなラーメンでした。

「支那そば」は500円で大盛でも600円、この美味しさでお値段はとてもリーズナブルです。

席:カウンター8席くらい、4人掛けテーブル2台
駐車場:お店の前に1~2台置けるのかな?

「支那そば 与力/支那そば(大盛)」  600円   ○
221022

2010年10月21日 (木)

「つけ麺屋 焚節」

10月21日(木)
お店:「つけ麺屋 焚節(のぶ)」(大館市立花)
食したラーメン:「味玉らーめん」(大盛)

看板メニュー「濃厚魚節つけ麺」の
ラーメン版「濃厚魚節ラーメン」+味玉の「味玉ラーメン」を大盛でいただきました。
まずは、レモンの半輪切りがのっていたことに、少しびっくり。
鶏と豚の骨からとった濃厚スープは、熱いためにさらに濃厚な感じ。
合わせられた魚介スープの節系もかなりがっちり感じます。
麺は、つけ麺と違ってストレートの細麺です。そのため、麺にスープがよくからみます。
からみ過ぎて、食べ終わる頃には、
ほとんど飲んでいないのにスープが半分くらいになってしまいました。
この濃厚な感じ、節系の強さ、残念ながら私の好みではなかったですねぇ。
大盛だったこともあって、食べ終わった後は少々胸焼け気味になってしましました。
さっぱり感を出してくれると思われるレモンの風味も、あまり感じなかったし…。
このスープでいただくなら、私ならつけ麺ですね(なんたって「つけ麺屋 焚節」さんですし)。

でも、同じ系列店ならば、これからは「錦」さんの方に行ってしまいそう。

「つけ麺屋 焚節/味玉ラーメン(大盛)」  750円   △
22102101

22102102

2010年10月20日 (水)

「中国上湯麺 上海の龍」

10月20日(水)
お店:「中国上湯麺 上海の龍」こだわりらーめん大館店
    (大館市御成町2丁目)
食したラーメン:「上海上湯塩らーめん」

以前からずーっと、行こうと思っていて行けずにいたのですが、やっと行って来ました。
熊さんラーメンの直営店なんですね。

お品書き
22102003

そして、壁に貼ってあるこちらのお店の人気ラーメンランキング
1位 塩野菜タンメン
2位 大吟醸味噌らーめん
3位 ひない地鶏らーめん
4位 京都西京白味噌らーめん
5位 上海上湯塩らーめん

この中から、中華系はなんとなく塩味のスープのイメージがあったので、
5位の「上海上湯塩らーめん」をチョイス。
鶏ガラの上湯(シャンタン、中国語で『上等なスープ』という意味だそうです)で、
塩の味もダシも以外にすっきりはっきり出ています。
麺は中細縮れ麺で、のびるのが少し早かった印象。細切りのネギが、どっさりでした。
インパクトはそれほどないかもしれませんが、スープがわりと好みでしたので、
次は醤油系にいってみようと思います。

お会計の時、スタンプカードと、
(500円で1個、10個でラーメンサービス、15個でチャーハンセットサービス)
1周年ということでティッシュ1箱をいただいてきました。
ありがとうございます。

「中国上湯麺 上海の龍/上海上湯塩らーめん」  580円
22102001

左隣は、半上海飯 90円
22102002

2010年10月14日 (木)

「末廣ラーメン本舗」秋田駅前分店

10月14日(木)
お店:「末廣ラーメン本舗」秋田駅前分店
食したラーメン:「末廣中華そば」

本日は、秋田市内へ出張。
電車で行ったので、帰りに「末廣ラーメン本舗」秋田駅前分店に寄りました。
「有じ」の閉店後の「めん吉」や中国料理店「雲龍」閉店後の「扇屋」など、
秋田駅前にも気になるラーメン屋さんがたくさんありますが、
なかなか駅前には来れないので堅実なところを選択。

豚肉からダシをとり、濃口醤油を使った濃厚スープは、
醤油の味がしっかりしてていいですね。
昨年、山王店の「あさり醤油ラーメン」を食べた時は
麺が変わったという印象があったのですが、
こちらの麺は以前と同じ中太のストレート麺(だと思う)。
スープの味がしみ込む薄切りのチャーシューと
入れ放題のしゃきしゃきネギもそのままで、美味しくいただくことができました。
間違いのない味です。

ちなみに、10月下旬にこちらのカップ麺がコンビニのサンクスで発売予定で、
現在予約中とのことです(テレビのCMでやってますよね)。

イトーヨーカドーも10月11日をもって閉店してしまい、
それなりに人はいるものの賑わいの少ない駅前になってしまいました。
美術館を日赤の跡地に持ってくるんじゃなくて(全く集客につながらないと思う)、
駅から旭川までぶっ通しの公園を造るとか(駐車場は地下、商業施設はその周りに移設)、
逆に駅前に地元資本で大型ショッピングセンターを造るとか
(あくまでぱっと思いついただけの例ですので悪しからず)、
抜本的に変えないとどんどん寂しくなっていくばかりだと思うのですがね。
ラーメン屋台村なんて(発想がありがち…)、作ってみたらいかがでしょう。
別に駅前でなくてもいいのかな?

「末廣ラーメン本舗/末廣中華そば」  680円   ◎
221014

2010年10月13日 (水)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

10月13日(水)
お店:「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」(大館市片山)
食したラーメン:「らーめん 塩」(大盛)

いつも食べることができるわけではないので、
どうしても好きな「みそ」や「中華そば」に集中しがちなのですが、
今回久し振りに「らーめん 塩」をいただきました。
鶏ガラをベースにほんのり魚ダシの香るスープは、相変わらず旨い。
麺もいつも通りの美味しさです。
控え目に味付けされたメンマは、
相性としてはこの「らーめん 塩」が一番かもと思うくらい程よい味わいで、
今回の新発見でした。

スープの種類によって、ゴマを入れなかったり(「中華そば」はなし)、
海苔を入れたり(海苔入りは「みそ」のみ)、
レモンのかけらを入れたり(これも「みそ」のみ)、
チャーシューを変えてみたりと、こだわりのそして丁寧な仕事ぶりに
いつも感謝しながらいただいております。

ちなみに、お客さんの「オススメは何ですか?」という問いかけに、
奥様が「うちで出るのは「みそ」「しょう油」「中華そば」「塩」の順になっています。」
と答えていました。
皆さんの好みはどうですか?

「佐藤中華そば楼/らーめん 塩(大盛)」  800円   ◎
221013

2010年10月 2日 (土)

「麺太朗」

10月2日(土)
お店:「麺太朗」(大館市長倉)
食したラーメン:「とんこく中華」

以前行ったら臨時休業で、
それ以降もなかなか行くことができなかった「麺太朗」さんに、やっと行って来ました。
「みそカレーラーメン」「尾道ラーメン」とわりと面白いメニューも多かったのですが、
まずは堅実に「とんこく中華」を注文。
豚骨ベースの醤油味のスープは、少し甘みもあってコクのあるいわゆる正統派。
中細の縮れ麺で、トッピングもチャーシュー・海苔・ネギ・メンマ・ゆでたまごと、
見た目もお味も総体的にオーソドックスな醤油ラーメンでした。
メニューには「醤油ラーメン」もあるので、その違いにちょこっと興味がわきます。
「焼干しラーメン」以外は、
豚ガラから十時間以上かけて煮出した豚骨スープが使われているとのことです。

帰りにスタンプカードを頂きました。
1杯につき1個スタンプを押してもらい、
10個で好きなラーメンを1杯無料でいただけるそうです。
10個たまるのにどれくらいかかるかな~~。

席:カウンターのみ14席くらい
駐車場:なし

「麺太朗/とんこく中華」  500円   ○
221002

2010年10月 1日 (金)

「拉麺 桜木屋」

10月1日(金)
お店:「拉麺 桜木屋」(大館市山館)
食したラーメン:「にらそば」(大盛)

久し振りに行って来ました。
鶏ガラのダシと自家製ラー油で仕上げられたスープは、程よくピリ辛で旨みがしっかり。
つるっとしていてさらにもちもちした自家製の玉子麺は、
食感も喉ごしもよくスープとの相性もばっちり。
途中で生玉子をくずし、
少しまろやかになったスープで違った味わいも楽しむことができて、ちょっとにんまり。
初めて大盛をいただき、その美味しさを十分に堪能してきました。

「拉麺 桜木屋/にらそば(大盛)」  700円   ◎
221001_2

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »