2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「拉麺 桜木屋」 | トップページ | 「らぁめん元気屋」大館店 »

2010年6月27日 (日)

「らぁめん 麺一徹」

6月25日(金)は、旧「んだばっ亭」から店名も新たにリニューアルオープンした、
能代市二ツ井町の「らぁめん 麺一徹」に行って来ました。
看板や旗に「by元気屋」とあって、引き続き「らぁめん元気屋」の系列店となっています。

22062502

メニューがだいぶ変わり、なんだかいっそう「元気屋」と同じような感じになっていて、
しかもお品書き自体も似たような作りになっていました。
お品書きの写真に一抹の不安を感じながらも、「一徹しょうゆらぁめん」を大盛で注文。
運ばれてきた丼は、白のすり鉢型で「んだばっ亭」と同じもののようです。
スープは・・・、不安は的中、
これは「元気屋」の「しょうゆらぁめん」とほとんど同じもののように感じます。
濃厚な醤油トンコツスープで、背脂が浮き、
玉ねぎのみじん切りが入っているところまで同じ。
しいて言えば、少しこちらのほうが魚ダシ(魚粉?)が強い気がしますが、
大きくは違わないですね。
麺は、以前「元気屋」で使われていたのと同じような、黄色の軽く縮れた中太麺。
トッピングに味の付いていない白菜がのっていて、
濃厚なスープの箸休めのようになって、これは良かったですね。
以前いただいた「んだばっ亭」の「だししょうゆらぁめん」の評価が
私の中でかなり高かっただけに、少し・・・いやかなり残念。
味は悪くないですし美味しいんですが、
この味は大館の「元気屋」でもいただくことができると思ったのでした。

「一徹みそらぁめん」だけは、鉄鍋が丼になっているようです。
大館にも以前からありますね、鉄鍋を丼として使っているお店。

それと、以前あったテーブル席がなくなり、
そのスペースに100円で食べ放題の自家製キムチが置かれています。
その分座敷が広くなって、4人掛けのテーブルが7卓に増えていました。

「麺一徹/一徹しょうゆらぁめん(大盛)」  750円   ○
22062501

« 「拉麺 桜木屋」 | トップページ | 「らぁめん元気屋」大館店 »

秋田県北(能代・三種・八峰方面)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003966/35531673

この記事へのトラックバック一覧です: 「らぁめん 麺一徹」:

« 「拉麺 桜木屋」 | トップページ | 「らぁめん元気屋」大館店 »