2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

「ラーメンめん丸」大館片山店

今日も行ってきましたラーメン屋さん。
お店は、部下が行くというので「ラーメンめん丸」大館片山店です。今月2回目。

最初に味噌味、前回は醤油味の「コテッぱ」を食べたので、今日は塩味。
塩ネギ+ぎょうざセット(720+290=1,010円)を注文しました。
運ばれてきてビックリ、ネギが山盛り・・・と思いましたが、
中にはもやしが隠されていました。
トンコツと鶏ガラベースでしょうか、魚系の風味がないスープで脂は多め、
甘みも感じることが出来ますがしっかり塩の味もします。
麺は中太の縮れ麺。メニューに塩ネギは「ピリ辛」とありましたが、
ほとんど辛くなく気持ちネギの辛さを感じる程度です。
もやしと麺を一緒に食べるとどうしても味が薄くなってしまうのですが、
案の定こちらのラーメンもそうなりました。
でもベースの味はしっかりしてましたので、美味しかったですよ。

夜9時まで営業していますし味も悪くないので、
夕食として「近場でどこに行こうかな?」と迷った時の
私の選択肢に入るラーメン屋さんです。

「めん丸 大館片山店/塩ネギ」  720円   ○

210529

2009年5月28日 (木)

「藍亭」大館店

今日は暑かったですね~。
来週はもう6月。これからどんどん暑く、そして蒸し暑くなっていきますね。

今日行ってきたお店は、「オリジナルラーメンの店 藍亭」大館店。
本店が、岩手県滝沢村にあるとのことです。
7段階の辛さがある「スタミナラーメン」が有名のようで、
壁には「地獄の5丁目」というネーミングの一番辛いラーメンを、
15分以内にスープまで飲んだ方の名前とタイムを書いた札が張ってありました。
その札を横目に、私が注文したのは、
ご飯類も食べたかったので「ラーメンAセット」750円。
「ラーメン」と「半鬼丼」(鬼丼=高菜と豚肉を和え、
ピリ辛に仕上げたものをご飯の上にのせた丼物)のセットです。

「ラーメン」は醤油味ですが、見た目は白く透きとおったスープで塩ラーメンのよう。
でも味は確かに醤油味でした。白醤油使用かな?
ダシは鶏ガラとトンコツ、それに魚ダシを合わせたような感じで、
表面にはわりと脂も浮いています。
麺は、中細の縮れ麺。
最初は「これは意外と美味いかも。」と思いながら食べていましたが、
すぐにその味に慣れてしまいました。
美味しいんだけど、味に慣れると最初の感動がなくなってしまうのが残念ですね。

やっぱり、有名で一押しのメニューがある場合は、
とりあえずそれに行ってみるべきなのかなぁ。
「花火」という辛さを抑えた「スタミナラーメン」もあるようなので、
次回行く機会があったら辛さをおそれずチャレンジしてみます・・・
という気持ちに今はなっています。果たして・・・・・

「藍亭/ラーメン」  500円   △

210528

2009年5月25日 (月)

「拉麺 桜木屋」

前回食べた「にらそば」が衝撃的に美味しかったので、
基本の味がどういうものかオーソドックスなメニューを食べてみたくなり、
5月24日(日)に再び「拉麺 桜木屋」へ行きました。
駐車場に車を止めることは出来ましたが、お店の外まで人が並んでいました。
相変わらずの人気です。

普段であれば醤油味を頼むところですが、今回はなんとなく「ネギ塩拉麺」を注文。
鶏ガラベースのダシで若干脂は多めかな。
塩のしょっぱさの中に甘みが感じられるのは、
野菜のダシもしっかり出ているせいでしょうか。
自分の好みよりは少し甘めでした。
麺は「にらそば」と同じ、ほぼストレートで自家製多加水の中細玉子麺。
これは、前にも書きましたが私の好きなタイプの麺です。
大きな特徴はありませんが、それぞれの味がしっかりしていて美味しかったですね。
塩味は本当に基本的な味になることが多いので
インパクトという点では物足りない(「にらそば」に比べて)かもしれませんが、
こちらのラーメンも旨みがわかる仕上がりになっていると思います。
いい仕事してらっしゃいます。

こうなってくると、いよいよ「醤油拉麺」が気になります。
あぁ、でも「にらそば」も食べたい。どうしましょうか・・・、次回まで考えておきます (*^-^)

「拉麺 桜木屋/ネギ塩拉麺」  600円   ○
21052401

「拉麺 桜木屋/にらそば」   650円
21052402

2009年5月24日 (日)

「らー麺 きむら屋」

5月22日(金)は、大館市岩瀬(旧田代町)の国道7号線沿いにあります
「らー麺 きむら屋」に行って来ました。

スープは比内地鶏ベースと豚骨ベースの2種類のダシがありますが、
お店の看板に「極旨比内地鶏らー麺」と大きく書いてあるので、
やはり「比内地鶏醤油ラーメン」をチョイス。
一日限定50個のあじたまをトッピングしました。
比内地鶏をメインにしているようなので
鶏ダシと鶏脂が強めのスープを想像していましたが、それほどでもなかったですね。
麺は、北海道産小麦粉を有名な製麺所に頼んで作ってもらい、
これを直送しているという細めの縮れ麺。
味によっては、中細のストレート麺も使っているようです。
こちらのお店は老舗のお肉屋さんが経営をしているとのことで、
チャーシューはジュ-シーで柔らかく美味しかったですね。

群を抜いて大きく特徴のあるラーメンではないように感じましたが、
しっかりした醤油味とダシを含めたスープのバランスもちょうどよく、
総合的にレベルの高い普通に美味しいラーメンでした。

2大スープのメニューのほかに、青森県平館産の焼干しを使った「焼干し中華そば」や
〆のご飯付の「濃厚豚骨魚だしラーメン」なんていうメニューもありました。
気になります・・・。

「らー麺 きむら屋/比内地鶏醤油ラーメン+あじたま」 600円+100円 ○

21052201

21052202

2009年5月21日 (木)

「拉麺 桜木屋」

昨日のリベンジで、行って来ましたよ「拉麺 桜木屋」(大館市山館、旧比内町)。
行列が出来る人気店ということで、私が行った時も駐車場はほぼ満車、
テーブル・座敷はすべてうまっていて、カウンター2席しか空いてませんでした。

注文は、辛さに惹かれて迷わず「にらそば」。
鶏ガラと野菜のみを使ったというスープは、
多分醤油味をベースにラー油を使ってピリ辛に仕上がっています。
それほど辛くはないです。
麺は自家製多加水の玉子麺で、ほぼストレートの中細麺。
表面がつるつるしているのがわかり、食べやすくのど越しもいいですね。
私の好きなタイプの麺です。
さらに炒めた豚肉・もやし・ニラが程よい香ばしさを出し、
丼の中央の生卵を溶かすとまろやかな味になって、
いろいろな味や風味が渾然一体となり、とっても美味しかったですね。
最初スープを飲んだときにいまいち味が分からず「?」と思いましたが、
だんだん食べているうちにそれぞれの旨みが分かってきて、癖になる味だと思います。
満足です。さすがは人気店!

スープがしっかりしているので、他の味も気になります。
「広東麺」も人気のようですが、次回、まずは「醤油拉麺」をいってみようかな?

「拉麺 桜木屋/にらそば」  650円   ◎

210521

2009年5月20日 (水)

「めん処 陸」

仕事帰りに部下とラーメンを食べに行こうということになり、
部下お薦めの「拉麺工房」と「桜木屋」に行きましたが、どちらもやってませんでした (ノ_-。)
 (ちなみに「拉麺工房」は水曜日が定休日、
    「桜木屋」は水曜日は午後3時までの営業ということを後で知りました。)

で、悩んだあげく、2人とも行ったことのないお店に行ってみようということで、
大館市清水にある「めん処 陸」に行きました。
モダンな店構えですが、店内にお客さんはいなかった・・・。
若干不安になりながらも、お腹いっぱい食べたくて、
注文したのは「醤油らあめん」と「焼肉丼」の満腹セット(800円)。
ブシ系のダシにたまり醤油を使ったスープ、
焦がしたネギが浮いていて香ばしさも味わうことが出来ます。
麺は中太のストレート麺で、わりといい感じに仕上がっていました。

「味噌らあめん」を少し食べてみましたが、
こちらは好き嫌いが分かれるんじゃないでしょうか。
私的には、クセのある味噌と太麺がいまいち好みではありませんでした。
焼肉丼も、味は悪くないのですが肉の半分は脂身でかなり油っぽかったです。
それに、お客さんは2,3組しかいなかったのに
チャーハンしか注文していない人のチャーハンを作り忘れ、
それなのに特に悪びれた風でもなかったのがとってもとっても気になりました (-゛-メ)

「めん処 陸/醤油らあめん」   450円   △
21052001

「めん処 陸/焼肉丼」
21052003

「めん処 陸/味噌らあめん」   600円
21052002

2009年5月16日 (土)

「味処 とちの茶屋」

今日は朝から天気がよかったので、十和田湖まで出かけてきました。
風もほとんどなくて太陽が当たって温かく、気持ちのいい時間をすごしてきました。
もうすでに、観光客が大勢来ていましたよ。

昼食は、十和田湖畔にある「味処 とちの茶屋」で
「和風しょうゆラーメン」をいただいてきました。
具として天ぷらがのっている以外は、よくある普通の正油ラーメンです。
観光地の食事処なので仕方ありませんが、お値段は800円と高めでした。以上。

「味処 とちの茶屋/和風しょうゆラーメン」  800円   -

210516

2009年5月15日 (金)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

またまた行ってきました「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」。
いろいろあって今週2回目の平日の休み。これはもう行くしかないですよねっ。

「らーめん みそ」の2杯目は決まっているとして、
1杯目を今回は「中華そば」でいってみることにしました。
二ツ井のときも「中華そば」は1回しか食べたことがないので、かなり久し振りです。

まずは「中華そば」。運ばれて来た瞬間に、魚ダシのにおいがぷ~んとしてきます。
以前の「中華そば」と違う点は、油が浮いていること。
前は油が全く浮いていなかった(はずですが・・・)ように思います。
それと、見た目にも魚粉が少し多くなっている気がしました。

一口スープを飲みます。
ベースは鶏ガラなのですがかなり抑え目にして、魚ダシを引き立たせたスープです。
お店にある「中華そばの説明」では、「スープは、塩と正油の中間と言った所で、
魚のダシが入っています。」とのこと。
塩+正油と鶏ガラ+魚ダシの取り合わせが絶妙で、
いろいろな味をどれも生かされた状態で味わうことの出来る、
今までにない味わいのスープに仕上がっています。
他のお客さんの注文を聞いていても、前は「みそ」が圧倒的に多かったのですが、
今日は「中華そば」の人も3割ぐらいいたように思います。
そして麺は、いつものように申し分ありません。
なかなかのびず、最後までコシのある状態で食べることが出来ました。
美味しかったですねぇ。大満足です。

2杯目の「ラーメン みそ」も、変わらず美味しかったです。
普通は、何回も食べていると味に慣れてきてだんだん感動が薄れていくものですが、
こちらのラーメンに限ってはそれがないですね。
いつ食べても、その美味しさに感動しっぱなしです。旨かったぁ。
例によって、スープも全部飲み干して来ました。

今日も大満足の一日、
そして2回(計4杯)もこちらのお店のラーメンを食べることの出来た贅沢な一週間でした。
最高でーす(*^ー゚)b

「佐藤中華そば楼/中華そば」  650円   ☆
21051501

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ」  750円   ☆
21051502

2009年5月13日 (水)

「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」

ついに、ついに行ってきました・・・「ねぎぼうず」改め「佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず」。
久し振りに平日に休みを取ることが出来たので、もう前日からなんとなくそわそわ。
朝起きてからもどこか落ち着かずうずうず、
出来るだけ待たなくてもいいように11時の開店をかけて行って来ました(*^-^)

まずお店に入って奥さんと目が合った時、
こちらを覚えていてくれたような笑顔が嬉しかった。
入り口を入って右手の券売機で食券を購入。
最初から2杯いくつもりでしたので、
「らーめん しょう油」と「らーめん みそ」のそれぞれ並盛にしました。

まずは1杯目「らーめん しょう油」。
鶏ダシの風味たっぷりのスープですが、以前よりはダシも油も抑え目かな。
少し違いますが、キリタンポのスープを麺に合わせて食べやすくした感じといえば、
なんとなく想像できると思います。
自分とすれば、今のほうが好きですね。
そして、中細のストレート麺が実にいい!
その太さ・食感が、相変わらず自分好みのど真ん中を突いてきます。
あっという間に食べ終わろうとするその直前に、
2杯目「らーめん みそ」が運ばれてきました。
スープを一口飲んで・・・、最高ですね。
以前より少し酸味が強くなった気はしますが、自分的には全くノープローブレムです。
むしろ、このラーメンとしてはより好きな味になっているかも。
麺もスープとの相性バッチリで、他に類を見ないラーメンに仕上がっています。
チャーシューは前のバラからロースに変わっていて、
この点だけは以前のほうが良かったと思いますが、
それ以外は大きな変化はないようです。
変わらない美味しさとクォリティの高さに、いつもながらやられてしまいました。
旨かった。美味しかったぁ。
お腹に空きがあればもっと食べたい、そう思わせてくれるラーメンでした。

値段が高くなったのと、2杯食べたら50円引きがなくなった
(食券の購入に変わったからかな?)のは少し残念ですが、しょうがないですね。
次回食べるのが、今から楽しみです。

「佐藤中華そば楼/らーめん しょう油(並盛)」 680円 ☆
21051301

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ(並盛)」 750円 ☆
21051302

「佐藤中華そば楼/らーめん みそ(大盛)」 900円
21051303

21051304

21051305_2

2009年5月12日 (火)

「錦本店」

5月9日(土)は、先日のテレビ番組で東北のラーメンの第3位にランキングされた
「錦本店」に行ってきました。

前回の感想から今回は醤油味でいくと決めていましたので、
ネギ醤油(大盛)をいただきました。
私は、こちらのお店の北海道産小麦「春よ恋」を使った
自家製中細ストレート麺がかなり好みで、
この麺を味わうには醤油味か塩味がいいと思っていました。
一口飲んでわかるわりと鶏ガラの強いスープですが、ストレートの麺にはちょうどよく、
シャキシャキしたネギも食感の変化があっていいですね。
スープは透きとおっていますが、
それほどあっさりではなく醤油の味もしっかり味わうことが出来て美味しかったです。
やはり、自分としては味噌味より醤油味のほうが好みですな。

「最近、大館のラーメン店が多いな。」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
実は私、現在大館市在住です。
これからは必然的に大館近辺のラーメン屋さんの紹介が多くなると思いますので、
引き続きよろしくお願いしますネ。

「錦本店/ネギ醤油(大盛)」  650円?   ○

21050901

2009年5月11日 (月)

「ラーメンめん丸」大館片山店

5月6日(水、祝日の振替休日)は、
大館市城西町の国道7号線沿いにある「ラーメンめん丸 大館片山店」に行ってきました。

以前入ったときは「みそネギ」を食べたのですが、
今回はそのネーミングにひかれ「コテッぱ煮玉子」を注文しました。
出てきたラーメンは、表面が背脂で埋め尽くされていてかなりコッテリしていそうな印象。
スープを少し飲んでみると、確かにコッテリではありますがギトギトはしていなくて
意外とあっさり、トンコツよりも魚系のダシが若干強い感じがします。
中太の縮れ麺にスープがよくからんで美味しかったのですが、
さすがに後半は若干くどくなってきました。
でも、しっかり味のついた煮玉子やジューシーなチャーシューも含め、
良かったと思います。
それぞれのお店で違いはあるのでしょうが、
幅広くチェーン店展開をしているだけのことはありますね。

こちらのお店の真向かいには、
言わずと知れた「佐藤中華そば楼byねぎぼうず」があります。
まだ、行けていない・・・。

「めん丸 大館片山店/コテッぱ煮玉子」  750円   ○

21050601 

2009年5月 6日 (水)

「ラーメン タンポポ」

このゴールデンウィークは、天気に恵まれていますね。
日差しが強く、暑い日が続いています。

そんなゴールデンウィーク中の5月4日(月、みどりの日)、
秋田市茨島の「ラーメン タンポポ」に行きました。
基本的にはつけ麺や辛いラーメンをあまり食べない私ですが、
今回は以前から気になっていた、若い店長が作ったという
「タンポポつけ麺」をいただきました。

「タンポポつけ麺」は、大辛のみというしょうゆタンポポがベースということで
かなり辛いのを想像していましたが、見た目ほど辛くはなかったですね。
つけダレは温かく、中に長時間煮込んだ熱々チャーシューのぶつ切りが入っているので、
食べていてもすぐに冷めることはないです。
トンコツ・鶏ガラ・煮干しのほかに野菜・果物を入れてスープを取っているとのことで、
さらにつけ麺のつけダレには、擦った果物が入っているような気がします。
辛い中にも甘みがしっかり感じられました。
このタレが、もちもちした食感の太目の麺にスープがよくからみます。
麺が3分の2ぐらい進んだところで、つけダレに酢を入れて酸味を加えると、
また違った味になって、最後はつけダレまで全部飲んでしまいました。
旨かったですね~。

このところつけ麺がはやりのようで、他のお店のつけ麺の話もよく聞きます。
他のお店はよく知りませんが、こちらのつけ麺もオススメですね。

「ラーメン タンポポ/タンポポつけ麺」  ◎   880円

21050402

21050401

2009年5月 5日 (火)

「安好る」

4月29日(水、昭和の日)は、
大館市清水のハローワークの向かいにある「安好る」に行きました。
1999年に発刊されたあきたタウン情報別冊「ラーメン110選」を見て
一度行って以来なので、約10年振りになります。

メニューは中華そばとカレーライスの2種類しかなく、
「中華そば」は450円と以前と変わらないリーズナブルなお値段です。
大盛でも500円でしたので、「大盛中華そば」をいただきました。
出てきたラーメンを一目見て、
以前はなかったレモンがのっていることが大きく変わった点ですね。
煮干しをベースとしたトンコツ・鶏ガラのあっさりしたスープに、中細の縮れ麺。
オーソドックスな中華そばですが、細かく砕いてあるクルミが香ばしく、
食感のアクセントにもなっています。
レモンは、麺を食べている時はそれほど感じませんでしたが、
麺を食べ終わってスープを飲むときにその酸味を感じて、さっぱり感を醸し出しています。
美味しかったですね。

私が行った時は、年配のお母さんが一人でお店に出ていました。
昔ながらの美味しい味、これからもぜひ続けていって欲しいものです。

「安好る/大盛中華そば」   ○   500円

F1030138

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »