2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

「佐々木家」秋田本店

先週、新聞の折り込みチラシにクーポン券がついていたこともあって、
11月24日(月、振替休日)は
「佐々木家」秋田本店(秋田市川元むつみ町)に行ってきました。
東通に秋田東通店が開店したようなので、
これからは区別して「佐々木家」~店と書くことにします。

先日「とまつ軒中華そば」を細麺で食べたところ、
自分の好みに合っていたこともあって、
今回は「とんこつ正油らーめん」を細麺で食べてみることにしました。
プラス、チラシについていたクーポンで煮玉子をトッピング。
博多ラーメンなどのとんこつ系のラーメンは、
細麺が主流であるような気がしてのチャレンジです。

結論。「とんこつ正油らーめん」には、いつもの極太麺のほうが断然合いますね。
当然スープは同じなので、細麺にしてしまうと麺にスープがからみ過ぎて、
味がくどくなってしまうような気がします。
ちょうどよい濃厚さを通り過ぎて、濃過ぎ、
こってりし過ぎになってしまうような気がしました。

ちなみに、こちらのお店のメニューでは、
「煮卵らーめん」=「とんこつ正油らーめん+煮玉子」となっております。

「佐々木家 秋田本店/とんこつ正油らーめん(中、細麺)+煮玉子」 700円  △

201124

2008年11月21日 (金)

「麺屋 蔵香」

初雪も降り、寒さもいっそう厳しくなって来ましたね。いよいよ冬到来です。

先日、なんとなくこれまで撮ったラーメンの写真を見ていたら、
1店だけまだアップしていないお店がありましたので、この機会に紹介しておきます。

今から2年半くらい前のことですが、
山本郡三種町(旧琴丘町)の国道7号線沿いにある「麺屋 蔵香」に寄りました。
だいぶ前のことなので値段も味もよく覚えていないのですが、
(どちらを食べたかすら覚えていない・・・)
その後何回も能代方面に行っているにもかかわらず寄っていないことからすれば、
あまり口にあわなかったのかも。
とんこつ系にレモンがいまいち合ってなかった様な記憶がちらほら・・・。

写真も小さいし、窓際だったので太陽が差し込んで見づらいし、感想もあいまい。
何の参考にもならないと思いますが・・・。申し訳ありません m(_ _)m

「麺屋 蔵香/合わせ味噌らーめん」  (確か630円)
18030401

「麺屋 蔵香/蔵出し味噌らーめん」  (同じく、確か630円)
18030402

2008年11月16日 (日)

「みさわ」

11月16日(日)、くもり時々雨。
今週末の天気予報ではsnowマークも出ていました。寒くなりますねぇ・・・。

本日、開店をかけて「めん峯」に行ったものの、若干出遅れたためすでに席は満席。
しかも誰一人食べていない状況・・・。
回転の余り良くないこの店でしばらく待つ気にはなれず、「はっ!」と思いついて、
先日休みのため食べられなかった同じく秋田市仁井田にある「みさわ」に行ってみました。
開店間際だったこともあって、まだお客さんは誰もおらず、ラッキィ!
その後、5人くらい続けて入ってきてましたね。

注文したのは「海老しょうゆ」。
白濁の豚骨+魚介系のダブルスープに、中細のストレート麺。
豚骨も魚介の風味もそれほど強くなく、
うまく調和してて「こっさり」とした感じに仕上がっています。
「海老しょうゆ」なのでわずかに海老の香りもしましたが、
「しょうゆ」とは見た目も味もそんなに大きな違いはないみたい。
・・・でも、とっても美味しかった。私にとって、久々に大ヒットのラーメンですね。
麺もスープも私好みでしたし、トロトロのチャーシューも、
下味のついたメンマもよかったですねぇ。
最後に、スープに酢を足してみたのですが、これが意外にいけました。
基本的にスープは全部飲めない私ですが、
スープの量が少な目ということもあって完食でした。旨かったなぁ。

これでもう少し量が多ければもっといいのですが・・・。
大盛は+150円なので、トータル830円。
お昼のラーメンとしては、ちょっと高くなってしまうんですよねぇ・・・。

他のラーメンのメニューとしては「みそ」もありましたよ。

「みさわ/海老しょうゆ」  680円   ◎

201116

2008年11月15日 (土)

「八屋」

11月14日(金)、平日に1日休みを取ることができまして、
昼食は秋田市東通の室蘭ラーメンの店「八屋」本店で食べることにしました。

先日は「自家製ワンタンメン」(正油)でしたので、今回の注文は珍しく「みそラーメン」。
前日の夜、「紀文」で正油系のラーメンを食べたので、他の味が食べたかったんです。

運ばれてきた「みそラーメン」は、正油ラーメンと違って、
チャーシューなどの他にタマネギとニンジンは千切りになったもの、
それにもやしが具としてのっていました。
一口食べた感想は・・・、薄い・・・。スープの味が薄かったんです。
かき混ぜてみましたが、薄さは変わりませんでした。
具のもやし・タマネギ・ニンジンには下味がないので、そう感じたのでしょうか。
麺は若干のび気味、そのうえ、スープの隠し味と思われる山椒の味が強くて
味噌の味もいまいちはっきりせず、物足りなさが残る不完全燃焼の一杯でした。
チャーシューは、厚くていつものように美味しかったんですが・・・。

正油ラーメンの方がよかったと思い、
連れが食べた正油ラーメンのスープを少し飲ませてもらったのですが、
こちらも「薄い」という印象・・・。
山椒で舌がおかしくなってしまっていたのかな?
本当に薄かったとすれば、あまり味にブレがあっては困るんだけどなぁ。
ちなみに、先に正油ラーメンを食べていた連れも、同じく「味が薄い。」と言っていました・・・。

「八屋/みそラーメン」  714円   △
20111402

「八屋/正油ラーメン」  693円
20111401

2008年11月14日 (金)

「そば処 紀文」

11月13日(木)、会社の皆さんと飲みに行きました。
さんざん飲み食いしたのですが、
最後はやっぱりラーメンを食べて帰ろうということになりまして、
川反方面に向かいました。
でも6人が入れるところとなると限られてくるので、
そんな時はやっぱり、飲んだ後の〆としては定番中の定番の
「そば処 紀文」に行くことにしました。

いつも「千秋麺」なので他のメニューにしようとも思いましたが、
注文をとりにきた時に口をついて出た言葉は「千秋麺!」でした。

いつものように、あっさりしてるけど程よいしょっぱさのスープ、
細めの縮れ麺ののど越しもOKです。
支那そば風で、あっさりなんだけどしっかりとした味が味わえるラーメンですね。
昭和41年創業当時からの看板メニューだそうです。美味しかったぁ。

こちらのラーメンのコメントについては、
2008年5月26日(月)「そば処 紀文」のログもご参照くださいね。

「そば処 紀文/千秋麺」  735円   ○
201113

2008年11月 5日 (水)

「麺や 大多喜。」

11月3日(月、文化の日)
秋田市仁井田に新しく出来た「みさわ」に行ったのですが、
(祝日だからやってるかな、という期待をこめて)
やはり月曜日は定休日とのことで休み。
ということで、近くの、以前「から揚げラーメン くま蔵」だった所に
新しく出来た(名前を変えただけ?)「麺や 大多喜。」に行ってきました。

「秋田熊さん」の看板は相変わらずあるので、
製麺所の直営であることには変わりがないようで、店内の机の配置も前と同じ。
以前と同じように、店内には靴を脱いでスリッパ(サンダル)に履き替えて入ります。

注文したのは、わんたん中華(醤油味)。
わんたん入りには塩も味噌もあり、塩を除いて、
辛味を加えた「うま辛わんたん」にすることも出来ます。
鶏だしらーめん・焼干しらーめんもありましたが、
一応看板メニューと思われるものを頼みました。

一口食べて、・・・やっぱり基本的なところはほとんど変わりがなかった。
若干スープが、魚介系の風味が強くなったかなと感じたくらいですかね。
あとは、わんたんがのっているかいないかの違い・・・。
中太の縮れ麺も同じですし、
しかも「どっかで食べたことあるよな。」と思ってしまいました。
製麺所の麺ですから、どこかのラーメン屋さんに卸してるのかもしれませんね。

私は、前の「鶏がらしょうゆ」の方が好きかな。
鶏だしらーめんにしたら、全く同じだったりしてね。

「麺や 大多喜。/わんたん中華」  650円   △

201103

2008年11月 2日 (日)

「幸楽苑」旭北錦店

少し前のことになりますが、
10月24日(金)に秋田市の山王十字路の近くにある「幸楽苑」旭北錦店に行ってきました。
言わずと知れたチェーン店で、
関東・東北だけでなく近畿方面にも多店舗展開をしています。
10月には、イオン大曲SC内にも出店したようですね。

食べたのは、中華そば+玉丼セット。
普通に美味しかったのですが、新たにコメントするほどの変わった様子もなっかたので、
今回コメントはなしです。
食べたメニューも同じでしたし、詳細については2007年11月23日のログをご参照ください。

ラーメンよりも、セットメニューの方が値段が高いんですよね・・・。

「幸楽苑 旭北錦店/中華そば+玉丼セット」 304円+420円  ○

201024

2008年11月 1日 (土)

カテゴリーについて

本日、カテゴリーを若干変更しましたのでお知らせします。

秋田市内のラーメン屋さんの分け方ですが、
例えば「そば処 紀文」のカテゴリーは「秋田市内(か行)」のように、
正式名称が「ラーメン~」「麺屋~」の場合、「~」の部分の頭文字で分けています。

また、秋田市を除く秋田県内の地域の分け方ですが、
秋田魁新報の地域欄を参考に区分けしました。

今まで統一されていなかった部分がありましたので、
上記を基準にしっかりと分けたつもりですのでお知らせいたします。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »