2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月23日 (木)

「山頭火」

10月15日(水)から10月21日(火)まで、
秋田市の秋田西武で「秋の北海道展」が開催されていました。
10月20日(月)をもって閉店となってしまった
秋田中三の「大北海道展」にたびたび出店していた「らーめん山頭火」が、
秋田西武では初めてイートインで食べられるということで、
10月19日(日)に行ってきました。

食べたのは、いつものことながら「しょうゆらーめん」。
以前(だいぶ前ですが)食べた時、「しおらーめん」は少しミルキー過ぎ、
「みそらーめん」はあまり味がはっきりしなかったので、
私はもっぱら「しょうゆらーめん」にしています。

スープは、豚骨・野菜・干魚をそれぞれ煮出した後に合わせるという白湯スープ。
ゴマと軽い魚の香りが、食欲をそそります。
麺は、わりともちもちとした食感の低加水の中細縮れ麺。
具は、ネギ・チャーシュー・メンマ・ナルト。
そして「しょうゆらーめん」だけには、キクラゲの代わりに海苔がのっています。
チャーシューは、醤油の味がよくしみていて柔らかく、
「しょうゆラーメン」のスープによく合います。
久し振りに食べましたが、美味しかった。さすが「山頭火」という美味しさでした。満足。

開店当初からのメニューである「しおらーめん」だけは、小梅がちょんとのっていて、
豚骨スープをベースとしながらも「しょうゆ」「みそ」とは違うスープを使用しているそうです。

秋田中三が閉店してしまい、
秋田で「山頭火」を食べることができなくなるのを残念に思ってたけど、
今回は秋田西武でのイベントでしたが、
何らかの形でこれからも食べられることを期待しています。
秋田に出店しないかな・・・。
東北では、盛岡2店舗・仙台3店舗・郡山1店舗あるんだけどなぁ・・・。

「山頭火/しょうゆらーめん」   790円   ◎
20101902

「山頭火/しおらーめん」   790円
20101901

2008年10月19日 (日)

「二丁目ラーメン 山王」

10月18日(土)、いい天気でしたねぇ。

秋田市山王方面に用事があった私は、
用事の後一人で昼飯を済ませてから家に帰ることになりました。
とくれば、ラーメンを食べないわけにはまいりません。
で、固く「末廣ラーメン」でいくかちょっと悩みましたが、
今回は新規開拓することにしまして、
今年の夏、山王に新しく出来たということで気になっていた
「二丁目ラーメン 山王」に行ってきました。

食べたのは「あごラーメン」。
スープは、あご(トビウオ)ダシベースの和風あっさり醤油味で、
魚系の風味はそれほど強くない感じです。
麺は中細の黄色い縮れ麺、具もチャーシュー・メンマ・海苔・きざんだネギと、
オーソドックスな仕上がりになっていました。
美味しいんですが、「あごラーメン」というわりにはスープにいまいち特徴が感じられず、
麺も自分好みでなかったこともあって、残念ながら普通のラーメンといった印象です。
お昼に食べたからかな、飲んだ後だったらまた違った印象になるかもしれませんね。

他には「ワンタンメン」や「塩ラーメン」、「カレーラーメン」なんていうラーメンもありました。

「二丁目ラーメン 山王/あごラーメン」  600円   △

201018

2008年10月18日 (土)

「らーめん ぶぅ」

10月16日(木)、川反で飲んだ後にラーメンを食べようということになったのですが、
「らーめん ぶぅ」が復活したとの話題になり、半信半疑で行ってみました。
すると、9月末にはまだ閉まっていたのに、なんとやっているではありませんか。
ということで、この日はもちろん「らーめん ぶぅ」で食べることになりました。

一緒に行ったみんなに「自分は豚濁しょうゆが好きだ」と言っておきながら、
これまで食べたことのないメニューにしたかった私が注文したのは「赤とんこつ」。
海老油を使っているというのが決め手でした。

ベースは「豚骨からとったスープと、
鶏骨・野菜・昆布・煮干しからとったスープをあわせた、
特製の濃厚豚骨Wスープ(by らーめんぶぅ公式HP)」で
多分「ぶぅらーめん」のスープに海老油をかけたものと思われます。
この海老油、若干ピリ辛でしっかりした海老の風味があって、なかなかよかった。
写真は少しボケちゃってますが、「赤とんこつ」と言うだけあって、
なんとなく赤いのがお分かりいただけると思います。
期待以上の美味しさで、満足でした。

私は、あまり好んでとんこつラーメンは食べないんです。
そのうえ「とんこつ」または「とんこつ塩」を除いての比較になりますが、
秋田市内の何軒かで食べたとんこつ系のラーメンの中では、
コクがあって臭みがなく味がはっきりしている
「らーめん ぶぅ」のラーメンが一番好きですね。
復活してくれてよかったぁ。

「らーめん ぶぅ/赤とんこつ」  720円   ○

201016

2008年10月17日 (金)

「佐々木家」

昔から「体育の日は晴れる確率が高い」と言いますが(?)、今年もいい天気でしたね。
その10月13日(月)、またまた「佐々木家」に行ってきました。
最近は1か月に1回のペースで行ってますね。

今回も、いつものように「とまつ軒中華そば」を食べることにしましたが、
麺を通常の太い麺ではなく細麺にしてみました。
スープや具は当然変わりはないのですが、麺は思っていた以上に細かったですね。
写真でもお分かりかと思いますが、
九州のとんこつラーメンをほうふつとさせるストレートのかなり細い麺でした。
スープが麺によくからむので少ししょっぱ目にはなりますが、
私としてはこちらの麺の方が好きかも。
とんこつ醤油にもこちらの麺のほうが合うんじゃないかなぁと思いますが、
こればっかりはそれぞれの人の好みですね。

〆は、サービス券を利用してミニソフトクリームを食べてしまいました。

そうそう、秋田駅の東口方面に東通り店ができるみたいですよ。

「佐々木家/とまつ軒中華そば(細麺、大)  730円   ○

201013

2008年10月10日 (金)

「めん峯」

続きまして・・・。

翌10月5日(日)は、久し振りに秋田市仁井田の「めん峯」に行ってきました。
約5か月振りになります。

今回も食べたのは「みそ中華」。久し振りに食べましたが、
以前と変わらず濃い味噌味で美味しくいただいてきました。
具体的な感想については、以前のログをご参照ください。

こちらのお店の問題は、接客ですね。
隣の席の人は、ラーメンの注文をしてさらにまだ何か頼みたそうだったのに、
ラーメンの注文だけを聞くやいなやもう厨房に戻っていってしまいました。
2人しかいないので忙しいのは分かるけど、改めて欲しいものです。
当の本人だったら、せっかく美味しいラーメンの味も半減しちゃいますよね。

「めん峯/みそ中華」  650円   ◎

201005

2008年10月 9日 (木)

「満大」

10月に入って、初のラーメンです。
10月4日(土)、秋田市山王の「拉麺職人 満大」へ行ってきました。
入ってまずビックリしたのが、壁に貼られた一品料理のメニューの多さ。
「本当にラーメン屋さんなの?」と思うほど豊富なメニューで、
ラーメンのメニューよりも多かった。

で、さんざん悩んだあげく注文したのは「ネギしょうゆラーメン」。
鶏ガラとトンコツをベースとして魚介系の風味のあるスープには、
ごく軽く背脂が浮き、でもあっさりしています。
麺は、中細のストレート麺で私の好きな感じ。
これに、長ネギと千切りのチャーシューが、
ゴマ油やコショウなどで味付けされてのっています。
他の具は、ワカメ・メンマ・ナルト。

食べてみて、どこかで食べた味に似ているなあと思いましたが、わかりました。
(大変失礼なのですが)私が一番好きで、
家には必ず在庫が置いてあるインスタントラーメンの味。
トッピングの長ネギがコショウで味付けされているため、
最初からスパイシーな仕上がりになっているので
このように感じてしまったように思われます。
ラーメン自体は美味しいので、次回は普通のしょうゆラーメン、
あるいはニララーメンのしょうゆにしようと思っています。
千切りではなく、ちゃんとしたチャーシューも食べてみたいですからね。

「満大/ネギしょうゆラーメン」  700円   ○

201004

2008年10月 4日 (土)

「出直し 治右ヱ門」

9月30日(火)、月末の慰労会のため川反で飲み会があり、
その帰り、久し振りに同じ川反にある「出直し 治右ヱ門」に行ってきました。

中に入るとお客さんが一人いて、店主の「他に何か食うかい?」との問いに
「ラーメンのスープをつまみにお酒飲むから、いらないよ。」と言ってました。
私にはできません。
相変わらず、30年以上前のものと思われる怪しい音楽はかかっているし・・・。

前は中華そばの醤油と塩しかなくて他のメニューがないのはわかっていましたが、
壁に張ってあったはずのメニューを探したところ、
店主の「中華そばでいいんでしょ。」の声。
「はい。」と答えた後も探してみましたが、結局メニューは見つけられませんでした。
どうやらモンゴル岩塩を使った塩味はなくなったみたいです。

出てきたラーメンは、相変わらずうまそう。
見た感じ、スープは脂が全く浮いてなく透き通っていて、
食べてみると、ダシがはっきりした煮干ベースで
あっさりしているけどしっかり濃い目の醤油味。
麺もやや縮れの細麺で、具もネギ・メンマ・チャーシュー・海苔と
極めてオーソドックスな中華そばのように見えますが、味にはインパクトがあります。
今回も、美味しくいただきました。

こちらのお店による前に、近くの「らーめん ぶぅ」をのぞいてみたのですが、
入り口に竿灯の時期の前からあった張り紙がしたままの状態で、閉まっていました。
閉店したんでしょうかねぇ。

「出直し 治右ヱ門/にぼし中華(醤油)」  700円   ◎

200930

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »