2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

「末廣ラーメン本舗」

6月27日(金)、またまた行ってきましたよぉ、ラーメン屋さんに。3日連続です。

前日の流れから、しっかりした醤油ラーメンが食べたくなったので、
行ってきたのは秋田駅前の「末廣ラーメン本舗」秋田駅前店。
ちょうど1か月前にも行ってまして、このとき食べたのは「末廣塩中華そば」でした。

注文は、もちろん「末廣中華そば」。これを食べるのは、かなり久し振りです。
もちもちしてコシのある中太のストレート麺、トンコツ・鶏がら・野菜をたっぷり使い、
さらに豚肉そのものをいれて取り出した濃厚なスープ、
これに濃口醤油で仕込まれた真っ黒い醤油ダレがぴったりマッチします。
あっさりとしていながら濃い口の、しっかりとした醤油ラーメンを味わうことが出来ました。

具は、白ネギとチャーシューのみ。
チャーシューそのものにはあまり味がついていないようで、
チャーシューというより肉の薄切りという感じ。
スープがしみ込んでまた独特の味になり、その量も食べ応え十分です。
先日の「塩中華そば」より、盛りが多かったような気がしました。
白ネギは自分で好きなだけ入れることが出来て、
そのシャキシャキした食感がアクセントになります。

やっぱりこちらのお店では、この「末廣中華そば」が一番好きですね。
自分好みのしっかりした濃口の醤油ラーメンを味わうことができまして、大満足です。
美味しかった!

「末廣ラーメン本舗/末廣中華そば」 680円   ◎

200627

2008年6月27日 (金)

「タンポポ」

6月26日(木)、昨日も行ってきましたよ、ラーメン屋さん。
最近、行く時と行かない時が、はっきりと分かれてしまってますね。

昨日は、1か月くらい前にも行った秋田市茨島の「タンポポ」です。
「ねぎ塩ラーメン」と迷いましたが、前日が塩ラーメンでしたので
「しょうゆワンタンメン」にしてみました。
結局今回も、辛い「しょうゆタンポポ」「みそタンポポ」にいく勇気はなかったってことです。

麺は、前回の「みそキムチラーメン」と違って、軽く縮れた細麺です。
確か「ねぎ塩ラーメン」の麺も細麺なはずですので、みそ味以外は細麺にしてるのかな?
スープは、鶏がら・煮干・トンコツがベースで、結構しょうがが効いてます。
もう少し醤油の風味が強いほうが私は好きですが、
それでも、以前食べた時よりも美味しい感じがしました。
よかった、しょうゆラーメンにして。

ワンタンにも肉がたくさんつまってて、食べ応えがありました。
あっ、でも他の具は、ネギ以外のってなかったような・・・。
普通のしょうゆラーメンであれば、ワンタンの代わりに、
メンマやチャーシューがのっているのかもしれませんね。

「タンポポ/しょうゆワンタンメン」 630円   ○

20062601

20062602

2008年6月26日 (木)

「佐々木家」

6月25日(水)
今月1日以来、久し振りにラーメン屋さんにラーメンを食べに行くことが出来まして、
なんとなく「佐々木家」に行くことにしました。

前に食べた「とまつ軒中華そば」にしようかとも思いましたが、
せっかくなので、食べたことのないメニューにチャレンジしてみることにしました。
「とまつのしおらーめん」。

麺は太目のストレート麺、スープは鶏がらととんこつベースで、
のっている具も含めて、基本的なところは「とまつ軒中華そば」と同じと思われます。
しおダレか醤油ダレかの違いですね。
結論としては、う~~ん、やっぱり醤油味の方が好きかな。
塩味って、いまいち違いが分からないんですね。
よっぽど特徴がなければ、私の好みにはまらないでんです。
これで、また一つ勉強になりました。
「久し振りに食べる時は、極力メニューの冒険は避けたほうがいい。」

おいしい醤油ラーメンが食べたいなぁ・・・。

「佐々木家/とまつのしおらーめん」 630円   △

200625

2008年6月18日 (水)

「N病院地下食堂」

ラーメン屋さんではないけれど、ラーメンを食べたので一応UPしておきます。

6月18日(水)、会社の健康診断で秋田市内の病院で人間ドックを受けたところ、
地下食堂か隣にある宿泊施設の食堂での食事券をもらいました。600円分。
人間ドックが終わったら久し振りにラーメン屋さんに行こうと思っていたのですが、
せっかくもらったので、味は期待できないと思いながらも地下食堂で食べることにしました。

食べたのは「ネギミソラーメン」600円。
「正油ラーメン」や「和風ラーメン」など
普段の私であればこっちに行くであろうメニューもありましたが、
値段がせいぜい500円程度だったので、
600円をフルに使える「ネギミソラーメン」にしちゃいました。
この辺りが、貧乏性丸出しですね(苦笑)。

中太の縮れ麺に、
とんこつ・鶏がら・魚介系も少しあるかなという感じのダシと赤味噌系のスープ。
ネギは、白いところだけじゃなく緑の部分も使い、豚キムチと和えた感じ。
ピリ辛だけど甘かった。思ったとおり、特筆すべきことのない普通の味噌ラーメンでした。

ま、病院の地下食堂なので仕方ないです。
これからも、わざわざ食べに行くということはないでしょうしね。
でも、やっぱり醤油系のラーメンにすべきだったと、少し後悔はしたのでした。

「N病院地下食堂/ネギミソラーメン」  600円   -

F1000127

2008年6月12日 (木)

「いぶしラーメン高橋」

先々週の怒涛の更新に比べ、ここ2週間は寂しい更新状況ですので、
今日は、今はなき忘れられないラーメン屋さんのお話を一つ。

平成18年12月3日(日)
ラーメンガイド本「あきた人気のラーメン115杯」の一番最初に掲載され、
写真を見て以前からず~っと気になっていた「いぶしラーメン高橋」
(秋田市八橋大畑、新国道のモスバーガーのところを曲がった辺り)
に行ってきました。

カウンターに座り、壁のメニューを見るため振り返った時に飛び込んできたのは
「本日で、閉店します」の文字!!
期待して来たのに、今日が最後とは!!結構な衝撃でした。

そんな中注文したのは、いぶし醤油ラーメン。
中細の軽い縮れ麺に、魚介系のあっさりしたスープ。
たぶんいぶした魚介系のものからダシを取っていると思われるため、
あっさりしているけど香ばしく、コクのあるスープでした。
そして、化学調味料や動物系のものはスープにいっさい使っていないと、
ガイド本に書いてあります。
このラーメンが、醤油好きの私の好みにぴったりはまり、うんまかった。
とにかく美味しかった。

具は、チャーシュー・メンマ・ナルト・ネギ・海苔といたってシンプル。
ですが、塩ラーメンには塩チャーシューを使うというこだわり。
だから、麺とスープをしっかり味わうことが出来て、
この辺にご主人の自己主張をうかがうことが出来ました。
最初で最後となってしまったことをどれだけ悔やんだことか。
何故もっと前から行かなかったのか、悔やんでも悔やみきれませんでした。
本当に残念。

ちなみに、「お店をやめて東京方面に修行に行く。」と言ってました。
「いずれ戻ってきて、またラーメン屋をやるつもりだ。」とも。
我々も「必ず戻ってきてくださいね。さがして必ず来ます。」と言って、
お店を後にしたのでした。
もう戻ってきたかな。知っている方がいらしたら、ぜひ教えてくださいね。

ラーメンの写真は、残念ながらありません。
ブログをやろうなんて考えたこともない時でしたので・・・。
ガイド本をご参照ください。

2008年6月 5日 (木)

「(ラーメン)錦本店」

と言っても、カップラーメンの話です。スミマセン。

4月1日に発売になってから2週間ほどたったある日、
飲み会の帰りに立ち寄ったサークルK・サンクスで、
店頭に山積みにされているのを見て思わず買ってしまいました。
でもその後、食べる機会を逸する日々が続いていましたが、
先日やっとこの「錦本店/黒胡麻坦々麺」を食すことができました。

開けてちょっとビックリ、麺が若干グレーなんですね。
北海道産小麦「春よ恋」は、こんな色なのでしょうか。
そういえば、以前山王にあった「むつみ屋」には、
同じく北海道産小麦を使った「春豊ラーメン」というメニューがあったなぁ。
いざ食べるにあたり「めんのゆで時間:硬め・・・熱湯3分」と書いてあったので、
お湯を入れ3分待った後に別袋の味噌とレトルトの具(味付けひき肉)を入れましたが、
入れている間に1分くらいたっちゃいました。
案の定、麺は私の好みからは少し柔らかめになってしまっていました。

「黒胡麻坦々麺」ですので当然黒胡麻が入っているのですが、
思ったよりも胡麻の味・風味が強くなく、麺やスープをしっかり味わうことが出来ます。
あるお店の「黒胡麻坦々麺」は、胡麻の味しかしなかったことがありました。
麺は、上に書いたように少し残念な結果となってしまいましたが、
スープは赤味噌系の味で思った以上によかったですね。
辛さ加減も私にはちょうどいい感じでした。

私が「ラーメン錦釈迦内バイパス店」(現在の「錦本店」)に最初に行ったのは、
今から9年前、「ラーメン110選全県版」に掲載されたのを見てでした。
食べたのは「ネギミソラーメン」。
とびっきりというほどではなかったですけど、美味しかったことは覚えています。
能代市よりにあった川口店にも何回か行きました。
そのラーメン屋さんが、「錦秋田本店」として
5月に秋田市外旭川に進出することになるとは・・・。当時は思いもよりませんでしたね。
家から遠いのでなかなか軽い気持ちでは行けませんが、
是非行って味を確かめたいものです。

ちなみに、こちらのお店の正式名称は「ラーメン錦」なのでしょうか「錦」なのでしょうか。
HPを見ると「錦本店」とか「錦秋田本店」とあるので、「錦」が正しいと思うのですが・・・。
北秋田市(旧鷹巣町)の「麺屋うるとら」も系列なんですね。

20053101

20053102

2008年6月 1日 (日)

「でんくろー」

今日から6月。
衣替えの季節ですが、夏服に替えるのに躊躇するような、肌寒い日が続いています。
明日からは、晴れて気温も上がってくれるかな?

ということで本日6月1日(日)、今日もラーメン食べに行ってきました。
行ったのは2週間前にもお邪魔した、秋田市山王一丁目にある「でんくろー」です。
こちらのお店には、奥に座敷があってテーブルが4卓ありますので、
小さいお子さんがいる家族連れには嬉しいですね。

先日は「あっさり(正油)」を食べましたので、今回は「こってり(正油)」にしてみました。
見てのとおり「あっさり(正油)」とは全くスープの色が違っていて
(過去ログ参照願います)
しょうゆトンコツ風な仕上がりになっています。
濃厚ですが決してアブラっぽくなく、コテコテした感じはないですね。
麺や具などの基本的なものは、どちらも同じ。
美味しかったけど、私はやっぱり「あっさり(正油)」の方が好きです。

「あっさり(みそ)」も少し食べましたが、一口目では「みそ」いう感じがあまりしなくて、
食べ進んでやっと「あっ、みそだっ。」とわかるようなくらいのあっさり加減です。
トッピングが「ヘルシー野菜」だったこともあるかもしれませんが、
最後まで食べるとすれば少し物足りないかな・・・。
好みにもよりますが、「みそ」は「こってり」の方が美味しいかもしれませんね。

「でんくろー/こってり(正油)+自慢の煮たまご」 820円
20060101_3

「でんくろー/あっさり(味噌)+ヘルシー野菜」 790円
20060102

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »