2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「そば処 紀文」 | トップページ | 「瀧の頭」 »

2008年5月27日 (火)

「末廣ラーメン本舗」

今日はお昼頃から晴れ間も見え、
午後からは少し暖かくなってきたような気もしました。
5月27日(火)、今日もラーメンを食べに行って来ましたよ。

行ったのは、昨年秋田駅前に開店した「末廣ラーメン本舗」秋田駅前店。
山王店には何回も行ったことがありますが、こちらは初めてです。

ここのラーメンは京都駅前の屋台が発祥とのこと、
真っ黒で濃厚な醤油スープが特徴です。
以前、しこたま酔った状態でお店に入り、
いつもの中華そばのつもりで食券を買ったはいいのですが、
出てきたラーメンの色の薄さに「あれっ、スープ変わったんだぁ。」とのたまったあげく、
一週間くらい後になってそれが塩味だったことに気づく、
というありえない失態をおかしてしまったことがありまして・・・。
当時は塩味があることを知らず勘違いをしてしまったわけでして、
そのリベンジのために行こう行こうと思っていながら、
なかなか行くことが出来ず、やっと今日行くことが出来ました。

お店の中は、山王店と同じでトンコツっぽい独特なにおいがしてます。
食券を買うというシステムも同じでした。
注文したのは、もちろん「末廣塩中華そば」。何せリベンジですので。

麺は中太で、もともちとしてコシのあるストレート麺。
このような食感の麺は、他ではあまり見ることがないです。
そして、ガラやゲンコツとともに豚肉そのものをいれて取り出したという、
濃厚でありながら意外とあっさりしたスープ。
このスープが、中太のストレート麺に合うんですねぇ。
きっと細くて縮れた麺だと、スープが絡みすぎて麺が生きてこないんでしょう。
具は、薄切りのチャーシューと、自分で好きなだけ盛ることが出来る白ネギのみです。
これで十分。久し振りに食べましたが、やっぱり美味かった。

基本的に醤油味が好きな私ですが、この塩味もなかなかいいです。
「甲乙つけがたい」ってな感じですね。でも、やっぱり醤油味かなぁ。
う~ん、悩むところです。醤油味の「末廣中華そば」、また食べたくなりました。

ちなみに、お値段は以前より80円ばかり高くなっているようです。
残念ですが、このご時世、しょうがないですね。

「末廣ラーメン本舗/末廣塩中華そば」 680円  ○

200527

« 「そば処 紀文」 | トップページ | 「瀧の頭」 »

秋田市内(さ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003966/21223975

この記事へのトラックバック一覧です: 「末廣ラーメン本舗」:

« 「そば処 紀文」 | トップページ | 「瀧の頭」 »