2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「幸楽苑」仁井田店 | トップページ | 「めん峯」 »

2008年5月 6日 (火)

「ほてい屋」

ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日と4日は、
まだ5月に入ったばかりとは思えないほど暑かったですね~。
そんな夏のような日差しが降り注ぐ4日(日)、
秋田市浜田にある「らーめん処 ほてい屋」に行ってきました。

外も暑かったのですが、お店の中もそれ以上に暑かったぁ。
まだ冷房つけるには時期は早いけど、
もし真夏もこの状態だったら待っている間に汗だくになりそう(苦笑)。

注文したのは、ラーメン本「秋田うわさのラーメン」の
「塩系の人気が高い」との事前情報により「ネギチャーシューメン(塩味)」。
ちなみに壁のメニューには、醤油とも塩とも書いてません。
バイトらしき茶髪のお兄さんも注文を聞くだけで何も言わず、
こちらが「ネギチャーシューメンって塩味ですよね。」って聞いて始めて
「塩味と醤油味がありますけど。」と言う始末。
こちらが確認しなければ、何味が出てきたんだろう。印象悪し。

出てきたラーメンは、鶏がらととんこつベースに味わいのあるしっかりとした塩味のスープ、
中細のストレート麺、そして何よりもネギチャーシューが美味しかった。
ネギとチャーシューにからめられた、コショウで辛めにしてある塩ダレ(のようなもの)が
スープととても合って、全体的にバランスの取れたラーメンに仕上がっていました。
うまかった。

でもね・・・。

私たちが「こちらへぞうぞ」と言われて座ったテーブルには、
夕方の予約の方たちのために先にコップや割り箸が並べてあり、
割り箸立てや醤油・酢・ラー油の入ったケースは寄せられていました。
バイトのお兄さんは並べられたコップや割り箸を雑然と寄せ、
最後まで隣のテーブルに散らばりっぱなし。
ラーメンは持ってきても割り箸は出てこず、餃子も頼んだのですが、
寄せられた醤油などの入ったケースはそのままで持ってくるわけでもなく、
私が取りに行っても気づいているのやらいないのやら。
店主は店主で、注文されたものを作り終えると、
カウンターに座って知り合いと大声で話をしながら煙草をプカー。
禁煙ではないかもしれないけれども、私のように煙草を吸わない人間にとって、
お客ならまだしも店主が客の前で煙草を吸うなんて、言語道断。
美味しいはずのラーメンも、煙草の煙で美味しさ半減です。許されない行為でした。

ラーメンは美味しかっただけに、とても残念です。
過剰なサービス(うるさいほどの「いらっしゃいませ」の連呼など)はいりません。
でも、せっかく食べに来てるのですから、美味しいラーメンを出すだけでなく、
最後まで「おいしかった。また来たいな。」と思わせてくれるちょっとした心づかい、
気配り、目配りをお願いしたいものです。

「ほてい屋/ネギチャーシューメン(塩味)」 700円  ◎
20050401

「ほてい屋/野菜タンメン」 650円
20050402

« 「幸楽苑」仁井田店 | トップページ | 「めん峯」 »

秋田市内(な・は行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003966/20791276

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほてい屋」:

« 「幸楽苑」仁井田店 | トップページ | 「めん峯」 »