2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

「醤油屋一平」

私は、ラーメンは基本的に醤油味が好きです。

そこで、札幌ススキノのすぐ近くにある醤油味専門店の紹介です。

その名も「醤油屋一平」。

メニューも当然「たまり醤油」「白醤油」「再仕込み醤油」の3種類の醤油味のみ。

「たまり醤油」  ~香ばしくてコクのある濃いめの醤油味

「白醤油」     ~あっさりしているけどしっかりした醤油味

「再仕込み醤油」~上2つの中間の醤油味(実は人のを少し食べさせてもらっただけ)

私の一番の好みは「たまり醤油」。

濃いめの味が、飽きることなくしっかり「醤油」を楽しませてくれます。癖になりそうでした。

ススキノで飲んで、どうしても醤油ラーメンが食べたくなった時は、
このお店か「福来軒」に行ったものです。

秋田にも、こだわりの醤油ラーメン専門店できないかな。

「醤油屋一平/たまり醤油」

171014

2007年8月27日 (月)

「そば処 つたや」

26日(日)は、秋田市寺内にある「そば処つたや」に行ってきました。

以前知り合いから「絶対美味しいから行ってみてください。」と言われていたので、
3年越しくらいでやっと行ってみました。

そば処というだけあって、メニューはそば・うどん、丼物がいっぱい。

特製広東麺などもありましたが、食べたのは、
オーソドックスに「黄金(こがね)麺」の醤油味。塩味もありました。

細くてコシのある玉子麺(特製とのこと)で、スープは鶏がら・とんこつベース。

系統は、十文字ラーメンと思われます。ちょっとしょっぱかった。

う~ん、美味しいんだけど、いまいち押しと言うか「ぐっ」とくるものがなかった。

昔ながらの味って感じです。

そして、「やっぱりそば屋さんなんだなぁ。」という印象でした。

「そば処つたや/黄金麺(こがねめん、醤油味)」

190825_2

2007年8月23日 (木)

「団十郎」

今回は、以前食べたことがあって写真を撮っておいたラーメン屋さんの紹介です。

「団十郎」秋田市山王にあります。

あるブログなど、web上で評判が高かったので行ってみました。

鶏ガラ、魚ダシなどを使った和風のラーメンで、一口食べて「美味しい!」と思いました。

でも、・・・だんだん食べていくうちに・・・飽きちゃったんです。

で、私は確信しました。「自分は、魚ダシの強いラーメンは飽きる」と。

前は泉にあり、楢山に移った「陣太」(今ないけどどうなったんでしょう)も煮干が強く、
最初「うまいっ!」って思うんだけど、後半美味しく感じなくなったんです。
(魚ダシ系の好きな方ゴメンナサイ)

これはしょうゆ味に限ったことのようで、塩味は魚ダシ系でも好きですね。

好みって、本当に不思議なものです。

と言うわけで、こちらのお店に行ったのはこの1回だけでした。

「団十郎/しょうゆ」

170319

2007年8月21日 (火)

「伊藤」

18日(土)は気分転換になんとなくドライブをしたくなり、田沢湖へ出かけました。

途中、前から気になっていた仙北市角館町の「伊藤」に行ってきました。

「のれんも看板もない、見掛けは民家のようだけれどもこだわりのお店」と
ものの本に書いてあったので、結構期待してたんです。

確かにのれんも看板もなくわかりづらかったけれど、
車が5台並んで止まっていたので、すぐ見つけました。

お店に入って第一印象、・・・きたない。

煙草の吸殻の入ったまんまの灰皿が、カウンターに置きっぱなし。

コショウや唐辛子の入った缶や入れ物、カウンターの正面にある食器棚がホコリっぽい。

カウンター奥の調理場の床(コンクリート)に、
透明な液体の入ったプラスチックの入れ物(多分元は醤油の入れ物)が置きっぱなし。

さらに、注文しようとして「すいませ~ん。」と呼んでも、出てこない(店主一人でした)。

先に待っている人のラーメンを持って出てきたタイミングを見計らって、
やっと注文しました。

頼んだのは「肉そば」。普段あまりチャーシューメンにしないのですが、
具はネギだけと聞いていたので、物足りないかなと思ってこれにしました。

スープは鶏と魚介のダシで、
あっさりしているけどコクがある(化学調味料無添加とのこと)。

麺は、自家製で中太のストレート、もちもちした食感でけっこうコシがありました。

美味しかったですよ。看板がなくても、人が集まるのが分かる気がします。

・・・でもね、初めて入った人は気分を害すると思いますよ。

過剰な掛け声、挨拶、サービスも必要ないけど、ここまで店主主導なのはちょっとね。

こういうお店ってわかっていれば、まだ許せますけど。

あと、ただ美味しいラーメンを作ればいいってもんじゃないとも思います。

少なくとも人に食べ物を出すんだから、衛生面にも気を使って欲しい。

おしいなぁ、美味しいラーメンなのに・・・、というのが正直な気持ちです。

「伊藤/肉そば(大盛)」

190818 

2007年8月15日 (水)

疾走!みちのくらーめん探検隊

CSスカイパーフェクTVのチャンネルに「旅チャンネル(277)」があります。

その中で、表題の「疾走!みちのくらーめん探検隊」という番組をやっていました。

おいしいラーメンを求めて、東北6県を回るという内容です。

秋田県のラーメン屋さんで紹介されたのは、以下の4店でした。

 名代三角そばや本店(横手市十文字町)

 マルミ食堂(大仙市)

 曙食堂(能代市二ツ井町)

 道の駅はちもり「お殿水」(山本郡八峰町)

この中で私が食べたことがあるのが、
「名代三角そばや」(秋田市民市場の中の秋田店の方ですが)と「曙食堂」です。

「名代三角そばや」は、いわずと知れた十文字ラーメンの名店ですね。

私とすれば、美味しいんだけれども物足りない感じがします。

やはり、本店の味を確かめないとだめですかね。
秋田店と本店の味の違い分かる方、いらっしゃいますか?

「曙食堂」は馬肉チャーシューが有名なお店で、カウンター10席のみ、

「煮干ダシ+チャーシューを煮た醤油ダレ」のあっさりしたスープが特徴です。

が、私にとっては少し甘い。

 

「もっと特徴があって、おいしいラーメン屋さんあるのになぁ」と思いながら見てました。

マルミ食堂だけは、一度行ってみたいと思ったお店でした。

 

「名代三角そばや秋田店/中華そば(大盛)」

170307

2007年8月13日 (月)

「仲江戸」

12日(日)は、約1か月ぶりに仲江戸へ行って来ました。

最近うちは、「どこに食べに行こうか。」って迷ったらここに来てます。

食べたのは、いつもの「大盛かため+ゆで卵」。

いつもどおり若干味を調整して、好みの味にして食べました。

自分にとっては、いつも安心して食べられる味です。美味しかった。

2007年8月 6日 (月)

「ラーメンショップ」

4日(土)は能代に用事がありましたので、
能代市浅内にある「ラーメンショップ」に行って来ました。

何年振りでしょう、8年にもなるかな。久し振りでした。

ネギラーメン(しょうゆ)を食べましたが、味に変わりはなく相変わらず美味しかった。

背脂入りの濃厚なスープですが、見た目ほどこってりしてなく、
シャキシャキしたネギがスープと絡んで、味と食感と両方楽しめました。

ここでは、お好みで自由にわかめを入れることも出来ます。

以前みそ味は、朝の早いうちしかやっていなかった記憶がありますが、
先日はお昼もやってました。私はしょうゆが好きですけど。

それから、ここの麺の固さは「かため」がおすすめです。

ところで「ラーメンショップ」ってチェーン店のようですが、
お店によって味やトッピングが違うみたいですね。

飯島の「ラーメンショップ」も美味しいという評判です。

あと、パンダのマークのついた「元祖ラーメンショップ」っていうのもありますね。

だいぶ前に一度食べていまいちだったので、以降一度も行ってません。

元祖でもなんでもいいですが、美味しいラーメンが食べたいです!

「ラーメンショップ能代店/ネギラーメン」

190804

2007年8月 1日 (水)

「彩未」

札幌市豊平区美園に「彩未」というラーメン屋さんがあります。

このラーメン屋さんの生めん・スープ付が秋田市のスーパーで売っていたので、
思わず買ってしまいました。
これまで、「純連(すみれ)」など有名どころの生めんでさえ、
「お店で食べた方が美味しいに決まっている!」と絶対に手を出さなかったのに・・・。

このラーメン店、それこそ「純連(すみれ)」で修行した方が独立して出したお店で、
味も似ています。大きく違うのは、生姜ですね。

チャーシューの上にすった生姜がのって出てきますし、
生姜の味が程よくスープに絡み、しょっぱいだけじゃない締まった味なんです。
みそ・しお・しょうゆすべて食べましたが、やはりみそが絶品でした。

これが忘れられなくて懐かしくて、
「絶対味は落ちる」と思いながらも買い、先日食しました。

感想:やっぱりこんなもんでしょう。

味が落ちるのはやむを得ないんです。それを承知で買ったわけですし。

万人受けする味に少しなってるかな。パンチがもう少し欲しかった。

でも、当時を思い出すには十分すぎるくらい、
そのお店の雰囲気を醸し出してくれる味でした。

ちなみに、味の似た系列ではこの「彩未」が一番好きですが、
次は「純連(じゅんれん)」のしょうゆ、続いて「純連(すみれ)」のみその順番になります。

どこの店も、並ばなければ食べられませんでした。

Dsc00075

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »